PC版LINEのビデオ通話で「バーチャル背景」が利用可能に、背景エフェクト機能が追加

PC版LINEのビデオ通話で「バーチャル背景」が利用可能に、背景エフェクト機能が追加

パソコン(Mac/Windows)版LINEのバージョン6.0.0において、ビデオ通話中にバーチャルな背景を設定できる「背景エフェクト」機能の提供が開始されました。また、アップデートによりWindows版にも「背景ぼかし」「フィルター」「プレビュー」の各機能が追加されています。

PC(パソコン)版LINEをアップデートする方法

新たに追加された背景エフェクト機能では、ブラウンをはじめとしたLINEキャラクターや風景など計6種類が用意されているほか、自身で好きな画像を最大16枚まで追加できます。自分の好みに合わせて、合計最大22枚の画像からビデオ通話中の背景を変更可能です。

ビデオ通話中に通話画面から[ビデオ設定]→[背景エフェクト]と進み、設定したい背景を選択すればバーチャル背景を適用できます。

LINE PC ビデオ通話 バーチャル背景

デフォルトのバーチャル背景6種類

また、背景ぼかしとフィルターはMac版バージョン5.23.0で、プレビューはMac版バージョン5.24でリリース済みでしたが、今回のアップデートでWindows版でもこれらが利用できるようになっています。

LINE PC ビデオ通話 バーチャル背景

背景ぼかしは、背景エフェクトの設定画面から利用でき、文字どおりビデオ通話画面の背景にぼかしを入れられます。またフィルターを使えば、カメラの色味を変えたり模様の入った効果を加えたりすることができます。

グループビデオ通話のみ、通話開始前にプレビュー画面が表示されます。プレビューでは、あらかじめカメラやマイクのオン・オフ、フィルター、背景エフェクトなどの各種設定をおこなえます。

EDITED BY AO