LINE、「画面シェア」機能をリリース パソコン画面をグループビデオ通話で共有

LINE、「画面シェア」機能をリリース パソコン画面をグループビデオ通話で共有

LINEでのグループビデオ通話中にパソコン画面を共有できる新機能「画面シェア」がリリースされました。リモートワークや学校休校などコロナウィルス感染拡大抑制施策などにより、LINEでグループコミュニケーションが盛んに行われる現況を受けて急遽追加されたもの。

画面シェアは、LINEグループや複数人トークの友だちとグループビデオ通話をする際、参加している全員のLINE画面に、特定ユーザーのパソコンの画面を表示できる機能です。画面をグループにシェアするユーザーは、PC版LINE(Windows版バージョン5.23.0以上、Mac版は近日中に提供開始予定)を使用する必要があります。

※3月18日、Mac版でも画面シェア機能が利用できるようになりました。

画面シェアを利用できる人数は、グループビデオ通話に参加中の3人から最大200人。参加者の顔はPC版LINEで最大16名、スマホ版LINEで4名まで画面分割で同時表示、5名以上はアイコンで表示されます。いずれの場合も発言者がフォーカスされる仕様となっています。

LINE 画面シェア

画面シェアの方法は簡単。対応のPC版LINEでグループビデオ通話中、画面左下にあるシェアボタンをクリックし、共有したい画面を選択すると自分のパソコン画面が共有されます。

やめるときは、画面右下にある[停止]をクリックすれば、画面シェアを終了できます。