LINEのQRコードは更新したほうがいい? やり方と注意点

SNSなどでシェアしたQRコードは利用後に更新しておくと安心

LINE(ライン)で友だちを追加するときに便利な「QRコード」機能。Twitterなど別のSNSやメールなどで自身のLINEアカウントを教えたいとき、シェアしたQRコードから友だち追加してもらうといった使い方をしている人も多いでしょう。

ただセキュリティを考えると、利用が済んだら既存のQRコードを更新(無効化)しておくのがおすすめです。本記事では、LINEのQRコードを更新する方法を紹介します。

LINEのQRコードは更新したほうがいい理由

離れていてもその場に居合わせていても、LINEのQRコードを読み込めば簡単に友達追加が可能です。それゆえ、TwitterやInstagramなどでつながっている相手にQRコード画像やスクショを共有し、LINEでも友達になるという機会は少なくありません。

ところが、そのQRコード画像が意図しない第三者に見られてしまったり、広く拡散されたりという可能性はゼロではないはず。知らない人にLINEで友だち追加されたくないなら、利用後にQRコードを更新したほうがよいでしょう。

QRコードが更新されると、既存のQRコード(URL)は無効になります。古いQRコードが出回っても、自分が友だち追加されることはありません。ただし、相手があなたを友だち追加する前にQRコードを更新してしまわないよう、タイミングには注意してください。

LINEのQRコードを更新する方法

LINEのQRコードを更新する手順を紹介します。

1. マイQRコードを表示させる

LINEアプリの「ホーム」「トーク」「ニュース」いずれかのタブで検索窓の右側にあるリーダーマークをタップし、QRコードリーダー画面を開きます。

ここで[マイQRコード]タップし、自分のQRコードを表示してください。

2. QRコードを更新する

設定画面からもQRコードを更新できる

あとは更新ボタン[]をタップし、確認画面で[OK]を押すだけで更新できます。

ちなみに、LINEの「ホーム」タブで設定ボタン​​​→[プライバシー管理]→[QRコードを更新]と進んでも、QRコードの更新は可能です。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.12.1
LINE
Android
11.13.2
EDITED BY
LOQU