「LINEポイント」の効率的な貯め方と使い方(交換や使い道)、実質無料でスタンプ購入も【iPhone/Android】

2019-03-06 18:00
記事タイトルとURLをコピーする

「LINEポイント」の効率的な貯め方と使い方(交換方法)、実質無料でスタンプ購入も【iPhone・Android】

LINEの各種サービスやお店、ネットショッピングなどで貯まる・使えるポイントサービス「LINEポイント」。LINEスタンプや着せ替えだけでなく、マイル、Amazonギフト券などに交換も可能。LINE Payによって現金同様に日々の生活シーンで利用することができます。

しかしLINEポイントは、まだそれほどなじみの深いポイントサービスではありません。どのように貯めると効率的なのか、またどのように利用するとお得なのか、疑問に思っている人も多いでしょう。

そこで本記事では、「LINEポイント」の基礎知識や貯め方・使い方、履歴の確認方法、ポイント付与のタイミングや有効期限に関する注意点などについて詳しくまとめました。

目次

LINEポイントとは?どんな使い道があるの?

「LINEポイント」とは、LINEの各種サービスやLINE Payを利用した決済などで貯められるLINEのポイントサービスです。LINEポイントは、1ポイントあたり1円相当の価値を有しており、LINEプラットフォームのさまざまな場面で利用可能。LINEコインや他のポイントサービス、Amazonギフト券などに交換したり、LINEの電子マネーLINE Payを通して現金化することもできます。

LINEポイントとは

なお、LINEポイントを貯めるには、あらかじめLINEアカウントに電話番号が登録されている必要があります(Facebookアカウントのみで登録したLINEアカウントでは利用できません)。

かつて存在したLINEフリーコインは、2016年4月25日付けですべてLINEポイントに統合されました。それまで保有していたフリーコインは、1コイン=2.4ポイント(小数点以下切り上げ)でLINEポイントに交換されています。

LINEポイントの貯め方(獲得方法)

貯め方1:LINEポイントページの各種キャンペーン(完全無料でポイント獲得も可能)

インセンティブ付き広告(リワード広告)の一種。紹介されているサービスの登録やアプリのインストール、動画視聴、公式アカウントの友だち追加などによって、ユーザーに報酬としてのLINEポイントが与えられます。

ウォレットタブから「LINEポイント」をタップ

各種キャンペーンの一覧は、「LINE ウォレット」タブの[LINE ポイント]をタップするとLINEポイントページが出てくるので、ここから確認できます。

友たち追加でLINEポイントを獲得する 「ポイントゲット」をタップするとポイントが付与される

もっとも手軽かつ完全無料でポイントを獲得できるのが、公式アカウントを友だちに追加するキャンペーン。一覧に表示されている公式アカウントをタップして、[友だち追加]ボタンをタップして友だちに追加したあとに、[ポイントゲット]ボタンをタップするだけでポイントを獲得できます。

もし公式アカウントからのプッシュ通知がうるさいと感じれば、通知をオフに設定できます。また、公式アカウント自体をブロックしたり、さらにはブロックリストから削除して繋がりを完全に解消したりすることも可能です。

LINEポイントの公式アカウント

LINEポイントを貪欲にゲットしていきたいユーザーは、「LINE ポイント」公式アカウントを必ず友だちに追加しておきましょう。最新情報などを通知してくれるので非常に便利です。

また、2017年2月に開始された「LINE SMART PARTY」サービスに登録すると、広告表示と引き換えに毎月40ポイントがもらえるようになります。

LINE、”禁断の枠”である「トーク」リスト面での広告配信を条件付きで実施へ

貯め方2:LINE Payを利用した決済(LINE Payカード・コード決済など)で買い物をする

LINE Pay(ラインペイ)は、LINE Pay加盟店での決済やオンラインショッピングの支払いに使えるスマホ送金・決済サービスです。LINE Pay 残高を使った決済をすることによって、決済金額の0.5%~2%のLINE ポイントが貯まります。

LINEポイント付与対象(2019年1月現在)

ポイントの還元率は、月々のLINE Payのユーザー全体と、個人の決済金額に応じて変動するマイカラープログラムが適用されています。

前月末までの1カ月分の実績を集計・判定し、毎月1日午前10時にカラー判定が更新されます。

▼2018年10月からの還元率とカラー判定基準
バッチカラー 還元率 決済金額(ポイント付与の決済上限額は100万円/月)
グリーン 2%(100円につき2ポイント) 10万円/月
ブルー 1%(100円につき1ポイント) 5万円~9万9,999円/月
レッド 0.8%(100円につき0.8ポイント) 1万円~4万9,999円/月
ホワイト 0.5%(200円につき1ポイント) 0円~9,999円/月

さらに、2018年8月1日から2019年7月31日の1年間の間にLINE PayのQR/バーコード支払いを利用すると、通常のマイカラーのポイントに「+3%」の還元を上乗せされるキャンペーンもおこわれています。

コード支払いでいつでも3.5%~5%ポイント還元!お得なマイカラーとコード支払いキャンペーンを使いこなそう(LINE Pay 公式ブログ)

LINE Pay

毎日の買い物や公共料金の支払いなどをLINE Pay残高決済にまとめることで、高いポイント還元率になり、効率的にLINEポイントを貯めることができそうです。

なお、LINE Payカードの申込やチャージ・決済の方法などについては、下記記事を参考にしてみてください。

「LINE Payカード」の使い方──発行申込からチャージ、コンビニ等での決済方法、LINEポイントの貯め方まで

貯め方3:買い物のときにレジでSHOPPING GOバーコードをかざす

「SHOPPING GO」は、加盟店での商品購入時にLINE内に表示される専用のバーコードを読み取ると、それぞれの加盟店のポイント還元率と、購入金額に応じたLINEポイントを獲得できるサービスです。

SHOPPING GO

家電量販店のビックカメラ・コジマ・ソフマップ、earth music&ecologyなどで導入されています。新しいアプリのインストールや登録の必要もなく、かざすだけで手軽にLINEポイントを貯められるのがメリット。

さらに、LINE Payで決済可能な店であればLINE Pay決済とSHOPPING GOを併用したLINEポイントのポイントの二重取りが可能です。毎回の会計で忘れずにスキャンしてもらえば、相当数のポイントが貯まりそうです。

ウォレットタブから「マイカード」を選択 LINEポイントの還元率の表記がある店舗をタップ

LINEの「ウォレット」タブにある[マイカード]をタップして出てきた店舗のうち、LINEポイントの還元率の表記がある店舗がSHOPPING GO加盟店です。該当する店を選択した後に[取得する]をタップするとバーコードが表示されます。

公式アカウントからのポイント加算予定の通知

会計の際にバーコードを読み取ってもらうと、後日(筆者の場合は4日後)にLINEショッピングチームの公式アカウントからポイント加算予定のメッセージが届きます。

実店舗でバーコードをかざすとLINEポイントが貯まる「SHOPPING GO」開始、購入額の20%還元キャンペーンも

貯め方4:LINEショッピングで買い物をする

日常的にネットで買い物をする人にぜひ使ってほしいのが、「LINEショッピング」。ファッションや雑貨、コスメなど2億点以上の商品を検索・閲覧できる総合通販サイトです。LINEショッピングを経由しネットショッピングをすると、購入額の最大20%のLINEポイントが付与されます。

LINEショッピングに出店しているショップ 24時間以内に決済する

さらに、Yahoo!ショッピングを利用した場合にTポイントは通常どおり貯まるように、それぞれのショップ固有のポイントとの二重取りが可能。10〜20%とかなり高還元のショップもあるので、うまく利用すれば一気に数千のLINEポイントを貯めることもできそうです。

購入履歴に表示される ショッピングチームから通知が届く

購入後は14日以内に、マイページの[購入履歴]に表示され、LINEショッピングチームの公式アカウントからポイント付与予定の通知がとどきます。なお、実際のポイント付与まではかなり時間がかかると思っておいたほうがいいでしょう。

ポイント付与されるためには、同一ブラウザのショップページで24時間以内に支払いを完了させるなど、条件がある点に注意が必要です。サイト経由の手順や最適なブラウザ設定など使い方の詳細は、下記の記事を参照してください。

LINEポイントの獲得を加速させる「LINEショッピング」の攻略方法と注意点

貯め方5:LINE ポイントの貯まるデリバリーサービスを利用する

LINEポイントページから宅配・出前のサービスを利用すると、注文金額に応じたLINEポイントが獲得できます。

LINEデリマ

よりお得にLINEポイントを利用したいなら、「LINEデリマ」がおすすめ。LINEアプリ上から全国14000店舗からピザ、弁当、寿司などさまざまなフードメニューを注文できるサービスです。購入金額100円につき1ポイント付与され、貯めたLINEポイントを使って次回注文の支払いもできます。

さらに初めての利用で、かつ2500円以上を注文した場合に500ポイントが獲得できるといった期間限定キャンペーンも定期的に実施されています。

ポイント還元やキャンペーンが強い、「LINEデリマ」で出前を実際にとってみた【使い方】

貯め方6:提携ポイントサイトで獲得したポイントをLINE ポイントに交換する

無料ゲームやアンケート、ショッピングでの還元などポイントを貯めることができるポイントサイト。いくつかのポイントサイトでは、貯めたポイントをLINEポイントに交換することが可能です。

LINEポイントへの交換が可能なポイントサイト
ポイントサービス名 最小交換量 交換後LINEポイント 手数料
Gポイント 100G 100ポイント 5%(実質無料)
Pontaポイント 120ポイント 100ポイント 無料
ポイントタウン 2000ポイント 100ポイント 無料
moppy(モッピー) 330ポイント 300ポイント 30P~
PeX(ペックス) 110ポイント 100ポイント 無料

注意点は、各種ポイントサイトのポイントとLINEポイント間で実質価格が異なること。交換後のポイント数を見比べると減っているように見えても、実質価格としては等価交換となっていたり、その逆の場合もあります。

現在の交換比率がどのくらいなのかを都度サイトでチェックしてから交換することをおすすめします。

貯め方7:LINE LIVEの配信者になってポイントを稼ぐ

LINEのアカウントがあれば、誰でも簡単にリアルタイムで動画を配信できる「LINE LIVE」。動画を配信すると得られる「配信スコア」に応じて、配信をおこなった翌週の金曜日に配信者にLINEポイントが付与されます。

LINE LIVEでマイチャンネルをタップ 配信スコアをタップする

配信スコアは、[マイページ]→[マイチャンネル]→[配信スコア]をタップすることで確認できます。配信スコアの確認画面で[LINEポイント履歴]をタップすると、獲得したポイント数が確認できます。

この配信スコアがどう算出されているのかは非公開なので、何が配信スコアに影響しているかは現時点では把握できません。芸能人やyoutuberなど、影響力のある人でない限り、大量のLINE ポイントを稼ぐのは難しそうです。

LINE LIVE、一般ユーザーもライブ配信が可能に【配信方法】

貯め方8:LINEモバイルを利用する

毎月の携帯料金を安くできる格安SIMLINEモバイルを契約すると、基本利用料の1%が還元されます。月額基本利用料は500円から3520円ほどなので、平均的な使い方をすれば毎月数十円が還元されます。LINEユーザーで格安SIMの利用を検討しているなら、おすすめのサービスです。

LINEポイントの使い方(使い道・交換)

使い方1:LINEコインとしてスタンプや着せ替えの購入に使う

LINEポイントは、保有のLINEコインが不足している状況であれば、2ポイント=1コインの比率でLINEコインに自動的に変換され、スタンプや着せ替えの購入時に使用されます。

保有コインが0状態 LINEポイントが使われる

左:保有コインが0状態右:購入時にLINEポイントが使われる

ただし原則、LINEポイントから自動変換されたコインよりも、チャージしたLINEコインが優先して消費されます。そのためコインのチャージ額が0、もしくはコインが不足している状態でスタンプを買う必要があります。

LINEストア(LINE STORE)でも1ポイント=1円としてスタンプや着せ替えの購入、LINEのゲーム内課金などができます。

使い方2:LINE Pay残高に交換する

LINE Payを利用している場合なら、LINE Pay残高への交換が魅力的。1 LINEポイントを1円分のLINE Pay残高に交換できます。日常の買い物の決済に現金のように使えるほか、銀行口座に出金して現金化することも可能です。

交換ポイント数を入力する 通知が届く

LINEポイントをLINE Payの残高に交換するには、LINEポイントページから[使う]をタップし、[LINE Pay]を選択します。交換ポイント数(最低100ポイントから交換可)を入力、もしくは「ポイントのすべてを使う」を選択し、[交換]をタップします。交換が完了すると、LINEウォレットから通知が届きます。

また、LINE Payのコード支払いと、オンラインショップでのLINE Pay残高支払いでは購入時に直接LINEポイントを使うこともできます。

LINE Payのコード支払いでポイントを使う オンラインでのLINE Pay決済でポイントを使う

左:LINE Payのコード支払い画面右:オンラインショップでのLINE Pay残高支払い

LINE Payのコード支払いの画面で残高の下に保有しているLINEポイントが表示されます。チェックを入れると支払い時に優先的にLINEポイントが使用されます。ポイント数の指定はできません。オンラインでのお買い物では、使用したいLINEポイント数を指定できます。

使い方3:ほかのポイントサービス・ギフト券に交換する

LINEポイントを、別にサービスのポイントに交換することも可能です。マイルやPontaポイントなど普段から貯めているポイントがある場合には、まとめた方が使い勝手がよさそうです。また、Amazonギフト券や選べるe-GIFTなどの金券、LINE MUSICのクーポンにも交換できます。

交換可能なポイント・ギフト券一覧
名前 LINEポイント 交換先ポイント・ギフト券 交換比率
nanacoポイント 300ポイント 270ポイント 90%
JALマイレージバンク(マイル) 300ポイント 100 マイル 33%
Pontaポイント 300ポイント 270ポイント 90%
メトロポイント 300ポイント 270メトロポイント 90%
ベルメゾンポイント 300ポイント 270ポイント 90%
Amazonギフト券 550ポイント 500円分 91%
選べるe-GIFT 550ポイント 500円分 91%
LINE MUSICクーポン 500ポイント 500円分 等価

ただし、LINEポイントをほかのポイントやギフト券に交換する場合の比率は異なります。現時点ではLINE MUSICクーポン以外は等価交換でないので、ご注意ください。

使い方4:LINE GIFT(eギフト)で使う

ソーシャルギフトサービス「LINEギフト」のすべての商品の支払いにLINEポイントが使用できます。友だち宛だけでなく、自分宛にも贈ることができます。

LINE GIFT スターバックスで使えるeギフト

友だちの誕生日のお祝いや、ちょっとしたお礼の気持ちを送りたいなら気軽に贈れてすぐに使える「eギフト」が便利。スターバックスやミスタードーナツなどの店舗で商品と交換できます。

「LINEギフト」で友達にプレゼントする方法:スタバのドリンクチケット(500円)編

LINEポイントの獲得履歴を確認する方法

LINEポイントに関連する履歴は、次の4種類の履歴を確認できます。

  • 獲得履歴…LINEポイントを獲得した全履歴を確認できる
  • 使用履歴…LINEポイントを使用した全履歴を確認できる
  • キャンペーン履歴…LINEポイントを獲得した履歴のうち、キャンペーン(リワード広告)での獲得履歴を確認できる
  • 交換履歴…LINEポイントを使用した履歴のうち、LINE Payやほかのポイントへの「交換」での使用履歴を確認できる

LINEポイントページ 履歴を確認する

LINEポイント関連の全履歴の確認は、LINEポイントページのメニューボタン[]→[LINEポイント履歴]で可能。[獲得履歴]タブと[使用履歴]タブでそれぞれの履歴をチェックできます。

履歴ボタンから確認する

LINEポイントの全獲得履歴を確認できる「獲得履歴」と全獲得履歴を確認できる「使用履歴」は、LINEポイントページ上部のポイント数表示の横にある履歴ボタンから直接アクセスできます。

通常はこちらから全体の履歴を見つつ、キャンペーン・交換の各履歴を個別に閲覧したいときに前述の方法を使うとよいでしょう。

LINEポイントの有効期限と期限延長の仕組み

LINEポイントには、180日の有効期限が設定されています。そして、最後にポイントを取得してから180日を経過すると、持っているポイントすべてが失効してしまうので注意しなければいけません。180日の日数は取得日が1日目として起算されます。

有効期限を確認する

ポイント有効期限は、上で紹介したLINEポイントの履歴ページで確認できます。

LINEポイントの有効期限

保有ポイント数の下に有効期限が書かれています。この有効期限は、持っているポイント”すべて”の有効期限です。

有効期限を延長するには

ポイント有効期限を延長する方法は、ポイントを「取得」すること。ポイントを使うだけでは期限は伸びないようです。LINE Payを利用した決済やSHOPPING GOを日常生活の中に取り込んで、常にポイントが貯まる仕組みにしておくと、有効期限をあまり気にせずに済みそうです。

LINEポイントが貯まらない?LINEポイントの付与タイミングとは

LINEポイントを貯めようとすると直面するのが、LINEポイントの獲得条件を満たしたにもかかわらず「LINEポイントが貯まらない」「ポイントが増えない」といった現象です。

この点、LINEポイントを貯める行動をとった時点からLINEポイントが加算される時点まで、ある程度のタイムラグが発生することがあります。

LINEポイント加算タイミング一覧(公式ページより抜粋)
ポイント獲得方法 付与されるタイミング
LINEポイントページの各種キャンペーン それぞれのキャンペーンの反映時期の欄に記載あり
【LINE Pay】QR/バーコード支払い 当日~数日後
【LINE Pay】LINE Payカード/Google Pay 売上確定の翌日(数日~最大2カ月程度)
【LINE Pay】クレジットカード決済 支払いの翌日
LINEショッピング 最大で190日ほど
SHOPPING GO 購入日の翌月末まで
LINEデリマ 注文後、最大で12日ほど
LINE LIVE 配信をおこなった翌週の金曜日
提携ポイントサイトからの変換 それぞれのサービスによって異なる

それが顕著に起きるのが、LINEショッピングによるポイント獲得時。この場合、数日どころか数カ月を経過しないとポイントに反映されないことがあります。

注文後、LINE ショッピングチームの公式アカウントから購入確認とポイント付与予定を知らせるメッセージが届いていれば、ポイントは付与されるはずなので気長に待ちましょう。

LINEポイントを友達にプレゼントできる?

現時点では、LINEのポイント自体を友だちにプレゼント(譲渡)する方法はありません。

前述のように、有料スタンプや着せ替え、LINE GIFTであればLINEポイントを使用して購入し、友だちにプレゼントすることができます。

「LINEギフト」で友達にプレゼントする方法:スタバのドリンクチケット(500円)編
iPhoneでLINEのスタンプをプレゼントする方法──相手が持っていてかぶる原因や、ポイント・コイン利用上の注意点も解説

LINEポイントは購入できる?

現時点では、LINEポイント自体を購入する仕組みはありません。LINEポイントはLINEの各種サービスやLINE Payを利用した支払いの還元として付与されるものです。

まとめ:LINE ポイントを効率よく貯めて、最大限に活用するには

LINEポイントは、お買物や公共料金、デリバリーサービスなど、よりユーザーの生活に直結した場面で貯まる・使えるようになってきています。

よりアクティブに使うことでポイントの還元率が上がるLINE Payでの決済を軸に、SHOPPING GOやLINEショッピングを併用して日常のあらゆるシーンでポイントを貯めていけば、かなり効率よくLINEポイントを貯めることができると思います。

貯めたLINEポイントは、自分の使い勝手のよい交換先を選ぶのが一番でしょう。しかし個人的には、LINE PayやLINE GIFT、スタンプや着せ替えの購入など、1ポイント=1円として確実に等価交換のできるLINEのサービス内で使用するのがおすすめです。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.0.1、Android版8.19.2

EDITED BY MOEGI