PC(パソコン)版LINEで「改行」する方法【Windows/Mac/Chrome】

「改行できない」を解決、意図しない送信ミスを防ぐ設定も紹介

PC(パソコン)版LINEを使うと戸惑うのが、トークでの「改行」かもしれません。Enter(エンター)キーを押したら、中途半端なままメッセージを送信してしまったという声もよく耳にします。

本記事では、PC版LINEにおける改行の仕様と、メッセージを改行する方法や設定について解説します。「改行できない」トラブルの参考になるはずです。

PC(パソコン)版LINEで改行する2つの方法
  • パソコンのキーボードで「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを打つ
  • PC版LINEでメニューボタン​→設定と進み、「トーク」タブにある「送信方法」の項目で「Shift + Enter」(Windows PC)または「command + Enter」(Mac)を選択する

PC(パソコン)版のLINEで改行する方法

PCで利用するLINE(Windows PC/Mac/Chrome拡張版含む)のトークでは、デフォルト設定のままだと「Enter」キーを打った時点でメッセージが送信される仕様となっています。

このため、単に改行しようとしただけなのに意図しないタイミングでメッセージを誤送信してしまう可能性があるほか、長文が入力しやすいというPC版のメリットも損なわれがちです。

Shift + Enterキーで改行できる

これを避けるには、PCのキーボードで「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを打つことで、一つの吹き出しの中で改行してメッセージを入力しましょう(Windows PC/Mac共通)。これだけで改行は実現できます。

ただし、毎度Shiftキーを押すのは面倒という場合、メッセージ送信方法の設定自体を変えてしまうという手もあります(方法は後述)。

Enterキーで改行できる(送信されない)ようにする設定

PC版LINEを利用していて、改行する度に毎回「Shift」キー(Windows PCの場合)あるいは「command」キー(Macの場合)を押すのは煩わしいでしょう。そのような場合は、Enterキーを押した際に改行するように設定するのが便利です。

設定手順は、Windows PCおよびMacいずれも同様です。

まずはPC版LINEにログインし、画面左下のメニューボタン​→設定と進みます。
 

画面はMacの場合。Windows PCならAlt + Enterを選択する

設定画面が表示されたら「トーク」タブを開き、「送信方法」の項目で以下のとおり選択してください。

  • Windows PCの場合:「Alt + Enter」を選択
  • Macの場合:「Command + Enter」を選択

この設定をおこなえば、「Alt」キーまたは「command」キーと「Enter」キーを同時に打った時だけメッセージが送信されるようになるので、Enterキーのみで改行できるようになるというわけです。

Chrome拡張版LINEの場合

Chrome拡張版LINEの場合、デフォルトの設定ではEnterキーを押すと改行されず、メッセージが送信されてしまいます。

「Enter」キーを押して改行するには、画面左上の「LINE」ロゴの横にあるから設定と進み、「トーク」タブを開きます。あとは「送信方法」の項目で「Alt + Enter」(Windows PCの場合)または「Command + Enter」(Macの場合)を選択すればOKです。

スマホ版LINEでEnterキーで送信しないようにする設定

スマホのLINEアプリ(iOS/Android版)でも、キーボードのEnterキーを押した際に改行されず、メッセージが送信されてしまうという場合があります。

改行キーが送信キーになっているケース

具体的にはLINEでメッセージ入力時、キーボードのEnterキー部分の表示が改行マークではなく送信マークになっている、というケースです。そのようなときは、以下の設定を見直してみましょう。

iOS版LINE

Android版LINE

LINEアプリで「ホーム」タブの設定ボタン​からトークに進みます。

「改行(Enter)キーで送信」の項目がオン(有効)になっていると、キーボードのEnterボタンをタップした際にメッセージが送信されてしまいます。これをオフ(無効)にすれば、Enterボタンをタップしてもメッセージが送信されず、改行が可能になります。

検証バージョン
LINE
Windows
7.0.0.2546
LINE
Mac
7.0.2.2548
LINE
Android
11.10.2
LINE
iOS
11.10.0
EDITED BY
AO