LINEストアに「ログインできない」場合の対処法まとめ

LINEストアに「ログインできない」場合の対処法まとめ

LINEストア(LINE STORE)を利用するには、電話番号を登録したLINEアカウントと、メールアドレスとパスワードによるログインが必要です。

よくある「ログインできない」原因としては、メールアドレスやパスワード忘れのほか、電話番号がLINEに登録されていないこと、一時的なログイン制限を受けていることなどが挙げられます。また、オートログイン機能が追加されてからは、設定によりオートログインが失敗するケースも増えているようです。

本記事では、LINEストアにログインできない原因を挙げたうえで、その対処法を紹介します。

LINEストア(LINE STORE)の使い方 超入門──ログイン・チャージの方法、プリペイドカードによるスタンプ・絵文字の買い方など

電話番号とメールアドレスを登録していない(Facebook認証の場合など)

LINEストアは、LINEアプリに電話番号とメールアドレスを登録したユーザーのみ利用できるサービスです。

電話番号を登録しない場合、エラーメッセージが表示される

電話番号を登録しないままLINEストアにログインしようとすると、上掲のようなエラーメッセージが表示されます。Facebookアカウントでログインしている人や、メールアドレス未登録の人は以下の通り登録を済ませましょう。

設定の「アカウント」から登録できる 電話番号とメールアドレスをタップして登録を進める

「友だち」タブから、設定ボタン[]をタップし、[アカウント]を選択します。電話番号とメールアドレスの欄があるので、それぞれタップして登録をしましょう。

ちなみにメールアドレスを変更したい場合も、この画面でおこなえます(詳細は下記参照)。

LINEでメールアドレスを新規登録・確認・変更・登録解除(削除)する方法

ログインパスワードを忘れてしまった

LINEストアにログインするには、LINEに登録したメールアドレスとパスワードが必要になります。

メールアドレスとパスワードの入力が必要

もしも忘れてしまった場合、前述のように設定の「アカウント」からメールアドレスは確認できます。しかし、パスワードは目視で確認できないので、変更して新たに設定し直す必要があります。

LINEのパスワード再設定(変更)は、端末のロック解除ができるならばいつでも可能です。

本人確認がおこなわれる

LINEの「友だち」タブから設定ボタン[]をタップし、[アカウント]を選択します。

[パスワード]をタップすると、端末のロック解除と同じ方法で本人確認が求められるので、指紋認証やFace ID、パスコード、パターンなどでパスワード変更画面をひらきます。

新しくパスワードを設定する パスワードの変更が完了する

新しく設定したいパスワードを2回入力し、[OK]をタップすればパスワードの変更が完了です。

LINEでパスワードを忘れたらどうする? 確認できないが変更(再設定)はできる

あとはメールアドレスと新しいパスワードを入力すれば、LINEストアにログインできるはずです。

オートログインができない設定になっている

オートログインとは、LINEストアなどのLINEの関連サービスにアクセスするとき、メールアドレスやパスワードを入力せずに自動でログインできる機能です。iPhoneなら「Safari」、Androidスマホなら「Google Chrome」のブラウザからLINEストアにアクセスする場合、このオートログインが適用されます。

しかし、端末側やブラウザで以下の設定になっている場合、オートログインが無効になりLINEストアにアクセスできない原因となります。

Cookieがブロックされている

Cookieがブロックされているとログインできない

「Cookie」という機能が設定によりブロックされている場合は、パスワードなどの情報を保存できません。そのためオートログインに失敗し、上掲のエラー画面から進めなくなってしまいます。

設定を解除したくない場合は、Cookieをブロックしていない他のブラウザを使ってアクセスしましょう。

iPhone(Safari)におけるCookieのブロックの解除方法

「設定」アプリから「Safari」を選択 「すべてのCookieをブロック」をオフにする

端末の「設定」アプリから[Safari]を選択します。「プライバシーとセキュリティ」欄の「すべてのCookieをブロック」をオフ(白)にします。

Android(Chrome)におけるCookieのブロックの解除方法

メニューボタンから「設定」をタップ 「サイトの設定」をタップする Cookieを有効にする

「Chrome」アプリを起動して右上にあるメニューボタン[]から[設定]をタップ。[サイトの設定]→[Cookie]と進み、そこでCookieをオンにします。

プライベートブラウズモードやシークレットモードでアクセスしている

プライベートブラウズモードでのログイン画面

iPhoneでは「プライベートブラウズモード」、Android端末では「シークレットモード」でLINEストアにアクセスした場合でもオートログインはできません。

しかしこの場合、iPhoneのSafariでは「”LINE”で開きますか?」というメッセージが表示されます。[キャンセル]をタップするとLINEストアのトップ画面がひらくので、ログイン画面に移動して通常どおりメールアドレスとパスワードを入力すれば、問題なくログインできます(AndroidのChromeではこの画面は表示されず、そのままLINEストアのトップ画面に移動します)。

iPhone(Safari)でのプライベートモード回避方法

右下の四角いボタンをタップ 「プライベート」をタップ プライベートモードが解除される

Safariをひらき、右下のタブの選択ボタンをタップします。プライベートモードになっている場合は左下の[プライベート]ボタンが白くなっています。この状態で[プライベート]ボタンを1回タップするとプライベートモードが解除されます。

Android(Chrome)でのシークレットモード回避方法

メニューボタンをタップ 「新しいタブ」をタップ

Chromeでは、アプリを起動して右上にあるメニューボタン[]から[新しいタブ]を選択してLINEストアにアクセスすると、シークレットモードを回避できます。なお、「新しいシークレットタブ」を選択するとシークレットモードになります。

短時間に何回もログインに失敗したことにより制限がかかっている

LINEストアではセキュリティ上の対策として、連続してログインに失敗した場合にログインが制限される可能性があります(通常は別の認証方法が追加されますが、以前は一時的にログイン自体が制限されました)。
​​
パスワードに加えて、画像の文字も入力する必要がある

今回試してみたところ、1〜5回(ブラウザによって異なる)ログインに失敗するとメールアドレスとパスワードに加えて、ランダムで表示された画像の文字を入力する認証方法が追加されました。

メールアドレスとパスワードが正しいかいま一度確認の上、画像の文字を入力してログインしてみてください。

そのほか、通信環境やサーバーの混雑状況など

何かしらの要因でサーバーにアクセスできないエラー

LINEストアにアクセスするには、インターネット通信(モバイル通信/Wi-Fi)が必要になります。通信制限がかかっていたり、ネット環境が不安定だったりする場合はLINEストアをひらけない可能性があります。また、LINEストアのサーバーが何かしらの要因(混雑など)で一時的にアクセスできない場合もあります。

時間をおいたり、安定したWi-Fi環境に接続したり、場所を変えたりなどして再度アクセスしてみましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.2.0、Android版9.2.1

EDITED BY MOEGI