LINEの通知音・着信音を変更する方法まとめ【iPhone/Android】

アプリやLINE MUSICでオリジナル曲にも変更できるが、相手ごとの個別設定はできない

LINEでトークメッセージなどを受信したときの通知音、通話がかかってきたときに鳴る着信音の種類は、iPhoneでもAndroidスマホでも変更が可能です。

また、LINE MUSICと連携させれば着信音・呼出音を好きな曲に設定できる機能が使えるほか、Androidスマホならmp3ファイルなど手持ちの楽曲をオリジナルの通知音として設定できます。

この記事では、LINEの通知音・着信音を変更するさまざまな方法をわかりやすく解説します。

LINEの「着信音」「通知音」とは?

まずはLINEで鳴るサウンドの種類や、その特徴について押さえておきたいポイントをまとめました。

LINEには3つのサウンド「通知音」「着信音」「呼出音」がある

LINEで変更できるサウンドは「通知音」「着信音」「呼出音」の3種類です。

通知音 友だち追加・グループへの招待・LINE Pay・メッセージ・LINE VOOMなどの新着通知の際に鳴る
着信音 友だちからLINE無料通話(音声通話・ビデオ通話)がかかってきたときに鳴る
呼出音 LINE無料通話(音声通話・ビデオ通話)をかけてきた相手側に呼び出し中に聞こえる

LINEで通話がかかってきたときに鳴るのが「着信音」、トークをはじめとする各種の新着通知があったときに鳴るのが「通知音」と覚えておけばよいでしょう。あまり耳慣れない「呼出音」は、通話をかけてきた相手だけが聞く音です。

LINE MUSICの「LINE着うた」機能では相手に聴こえる呼出音を変更できる

通知音・着信音はどんなときに鳴る音?

LINEの通話(音声通話・ビデオ通話)がかかってきたときに鳴るのが着信音です。不在着信があったことを知らせる際には通知音が鳴動します。

このように通知音はさまざまなシーンで鳴りますが、具体的に以下のようなものがあげられます。

LINEで通知音が鳴るおもな通知カテゴリ
  • 通話:不在着信の通知を受信する場合
  • 友だち追加:友だち追加されたり、友だちがグループに参加したりした場合
  • 一般通知:LINEのシステム通知(バージョンアップやネットワークエラー)を受信する場合
  • グループへの招待:グループに招待された場合
  • LINE Pay:LINE Payでの取引の通知を受信する場合
  • メッセージ通知:新着メッセージの通知を受信する場合
  • メッセージへのリアクション:メッセージに対してリアクションがあった場合
  • メンション通知:自分がメンション(指名)された際の通知を受信する場合
  • LINE VOOM通知:LINE VOOM上のアクティビティ(いいねやコメントなど)の通知を受信する場合
  • オープンチャット:オープンチャット上でいいねやコメント、メンションされた際の通知を受信する場合
  • 連動アプリの通知:連動しているアプリからの通知を受信する場合

LINEの通知設定 完全ガイド──通知の種類や意味、その効果を詳しく解説

着信音・通知音を相手ごとに個別設定することはできない

残念ながら、LINEの通知音・着信音を各ユーザー(友達・グループ)ごと、個別に違うサウンドに設定することはできません。通知音・着信音によって、誰からのメッセージなのか聞き分けるといった機能は用意されていないためです。

ただし、トークやグループごとで相手別に「通知をオフ」にする設定なら可能です。その場合、通知を無効にするため、その相手からのメッセージが届いたことはLINEを開かなければ知ることができません。

LINEの通知音を変更する方法

LINEの通知音というと、デフォルトで設定されている「トライトーン」などのイメージが先行しますが、実は14種類のサウンドから選択することができます。ここでは、iOS版LINEとAndroid版LINEそれぞれの変更手順を紹介します。

iPhoneでLINEの通知音を変更する

iPhoneでLINEの通知音を変更する手順について紹介します。

端末(iPhone)の通知設定を確認する

端末におけるLINEの通知設定がオンになっていなければ、通知音は鳴りません。まずは端末の設定を確認します。

iPhoneの「設定」アプリで通知LINEの順にタップします。

設定アプリでLINEを選択したのちに通知をタップしても、同様の通知設定画面に移動できます。

「通知を許可」および「サウンド」がオンになっていることを確認します。

iOS版LINEの通知設定で通知音を変更する

LINEアプリを起動して、通知設定の画面を開きましょう。

LINEの「ホーム」タブ画面で設定ボタン​→通知と進んでください。

最上部にある通知の項目をオンにした状態で、通知サウンドをタップします。

LINEが用意している通知サウンドがリスト表示されます。いずれかを選択すると実際のサウンドを聴けるので、気に入ったものを選びます。

最後に、右上の[×]マークをタップして設定画面を閉じれば、通知音の変更が完了です。

AndroidスマホでLINEの通知音を変更する

AndroidスマホでLINEの通知音を変更する手順について紹介します。通常、Android版LINEアプリから一連の設定操作がおこなえます。

検証端末:Pixel 3a(Android 11)

LINEアプリの「通知」設定を開く

LINEの「ホーム」タブ画面で設定ボタン​→通知と進みます。

通知サウンドの選択画面に移動する

最上部にある通知のトグルをオンにした状態で、通知設定をタップしてオンにします。

各カテゴリ別に詳細な通知の有無を設定できます。一例として、ここでは「メッセージ通知」を選択します。

「メッセージ通知」の画面でデフォルトをタップしてオンにし、画面下部の詳細設定をタップして開きます。

をタップすると、サウンドの選択画面に移行します。

好きな通知音を選んで設定する

LINEにあらかじめ用意されているサウンド14種類は、サウンド一覧の中の「マイサウンド」に含まれています。

端末の音量を上げておくと、実際のサウンドを聴くことができます。気に入ったものを選択し、保存をタップすれば通知サウンドの変更が完了です。

オリジナルのLINE通知音を設定する方法(Android向け)

Android版LINEでは、端末に保存されているオリジナルのサウンドをLINEの通知音として設定することができます。残念ながら、iPhoneではiOSの制約によりオリジナル音源の設定は原則できません。

Androidスマホでオリジナルの通知音を設定するには、ファイル管理アプリを利用する方法と、着信音設定アプリを使う方法があります。

ファイル管理アプリを利用した設定方法

Android版LINEでは通常、端末のストレージにある「Notifications」という名前のフォルダに格納されている音源が通知サウンドとして認識されます。そこで、LINEの通知音として設定したい音源ファイル(mp3など)を「Notifications」フォルダへ移す作業をおこないます。

なお、通知時には楽曲の時間分サウンドが鳴り続けてしまうので、音源はできれば短く編集しておくとよいでしょう。音源ファイルのフォルダ移動は、ファイル管理アプリを使わずにPC(パソコン)からおこなうことも可能です。

「Notifications」フォルダに音源ファイルを移動する

ここでは、オーディオファイルが見つけやすく、ファイル移動も簡単なアプリ「ファイルマネージャー」を用いた手順を紹介します(端末標準やその他のファイラーを用いても同様におこなえるでしょう)。

アプリ「ファイルマネージャー」をダウンロード

ファイルマネージャーをインストールしたら、起動してください。

ファーストビューの画面で、ほとんどの音源ファイルは「オーディオ」あるいは「ダウンロード」というフォルダ内に集約表示されます。

音源ファイルを長押しで選択し、移動 →の順にタップします。

移動先フォルダの候補が表示されるので、「Notifications」を選んで貼り付けをタップします。

これで、音源ファイルのフォルダ格納は完了です。

音源フォルダをLINEの通知音に設定する

続いてLINEアプリを起動し、「ホーム」タブ画面から設定ボタン​→通知通知設定と進みます。

「通知」のトグルがオンの状態で、「通知設定」もオンになっていることを確認しましょう。

メッセージの通知音を変更したいのであれば、メッセージ通知詳細設定の順にタップします。

「マイサウンド」の画面

通知設定の画面

サウンド一覧からマイサウンドをタップし、一覧をスクロールしていくと、先ほど「Notifications」フォルダに格納したオリジナル音源が表示されます。もしうまく追加できていない場合は、「マイサウンド」の画面で[+]ボタンを押し、曲を追加してください。

曲を選択して保存すれば、オリジナルの通知音が設定できます。

着信音設定アプリを利用した方法

Android端末でオリジナル音源をLINEの通知音として設定する方法の一つに、着信音設定アプリを使う方法があります。ここでは、この種のアプリで人気のある「PaPatto♪♪」を利用した手順を紹介します。

アプリ「PaPatto」をダウンロード

「PaPatto♪♪」は、LINEの通知サウンド設定を変更することなく、アプリ内の操作だけで簡単にLINEの通知音・着信音の変更が可能です。ダウンロードした楽曲、パソコンからSDカードに取り込んだ楽曲も使えます。

さっそく、設定方法を見ていきましょう。

「PaPatto♪♪」でLINEトーク着信音の項目に進む

「PaPatto♪♪」を開いた画面で、着信音を設定するという項目をタップします。

LINEトーク着信音の箇所をタップしましょう。

楽曲を選んでLINE通知音に設定する

好きな楽曲を選択します。「○○(サウンド名)をLINE通知音に設定しますか?」の画面で設定するをタップします。

通知へのアクセスを許可していない場合は、端末の「設定」で[アプリと通知]から「PaPatto♪♪」を選択し、通知をオンにしてください。

「LINEトーク着信音」の箇所にサウンド名が登録されていれば完了です。

LINEのトークメッセージ受信時やLINE VOOM通知、グループへ招待されたときなどの通知音に、指定したサウンドが流れ出します。

LINE通話の「着信音」「呼出音」を変更する方法

LINE上で流れるサウンドには、トークメッセージの受信時に鳴動する通知音だけでなく、無料通話がかかってきたときの着信音や、電話をかけてきた人に聞こえる呼出音があります。

iPhone・Androidスマホともに音楽配信サービスの「LINE MUSIC」の着うた機能を利用すれば、LINEの着信音や呼出音を変更することができます。さらに、Androidスマホならサードパーティ製アプリを利用する方法もあります。

アプリ「LINE MUSIC」をダウンロード

LINE MUSICでメロディーを設定する(iPhone・Android)

LINE MUSICの着うた機能を利用すると、LINE MUSICで配信されている約8700万曲から好きな楽曲をLINE通話(音声通話・ビデオ通話)をかけてきた相手に聞こえる「呼出音」、かかってきた時に自分の端末が鳴る「着信音」に設定することができます。

無料ユーザーなら月に1回、有料ユーザーは無制限で楽曲の好きな箇所(最大30秒間)を着信音・呼出音に利用できます。

LINE MUSICで好きな楽曲を見つけたら、曲詳細でメニューボタンをタップ。次の画面で着うたに設定を選択しましょう。

着信音あるいは呼出音のいずれかを選択します。楽曲の好きな箇所を指定し、保存すれば完了です。

なお「LINE BGM」を利用すれば、LINEのトークプロフィールに好きな楽曲をBGMとして設定できます。

Android版LINEで無料通話の着信音を変更する

Android版LINEでは、上述した「PaPatto♪♪」などの着信音設定アプリを使って無料通話の着信音を変更することができます。

手順は「PaPatto♪♪」でLINE通話着信音と進み、提示された端末内のサウンド名を選択。「○○(サウンド名)をLINE着信音に設定しますか?」の画面で設定するをタップすれば完了です。

LINEの通知音・着信音を変更できないときの対処法

iPhoneの場合

Androidの場合

LINEの通知音や着信音が変更できない場合、まずは端末の通知設定自体がオンになっているかどうかを確認しましょう。そのほか、LINEで不具合が発生した際にまずおこなう基本の対処法は次の3点です。

Androidスマホでサードパーティ製のファイル管理アプリや着信音設定アプリ、iPhoneでLINE MUSICを利用する場合は、それらを最新バージョンにアップデートしたり、再起動させたりするのも有効です。

なお、LINEの通知音や着信音が鳴らないときの原因と対処法は、おやすみモードや端末のサウンド設定が大きく影響している場合があります。あわせて確認しておきましょう。

EDITED BY
SORA