iPhoneに音楽を同期(転送)する方法──同期できないときの対処法も解説【iTunes】

【削除禁止】iPhoneに音楽を同期(転送)する方法──同期できないときの対処法も解説

ミュージック(iTunes)に読み込んだ音楽やiTunes Storeで購入した楽曲をiPhoneで楽しんだり、iPhoneで購入した音楽をパソコン(PC)にダウンロードしたりするには、iPhoneとミュージック(iTunes)で音楽を同期(転送)する必要があります。

そこで本記事では、ミュージックを利用してiPhoneとPCの間で音楽を転送して同期する方法について整理し、「同期できない」ときの対処法についてもまとめました。

本記事ではパソコンはMacを利用して説明していますが、手順についてはWindows PCと大きな差はありません。ただし、macOS Catalina以前やWindowsでは「iTunes」を利用します。iTunesは、Appleの公式サイトやMicrosoft Store(Windows版)から無料ダウンロードできます。

iPhoneとミュージックで音楽を同期(転送)する方法

PCの音楽をiPhoneに転送する前に、ミュージック(iTunes)のミュージックライブラリに音楽を登録しておきます。

CDやmp3等の音楽ファイルなど手持ちの曲を取り込んだり(ミュージックライブラリに登録)、PCのiTunesで音楽を購入したりする方法については、下記記事を参照してください。

iPhoneへの手持ち音楽の入れ方ガイド──CDやiTunes Storeの購入楽曲をiPhoneに取り込む

USBケーブルでiPhoneとPCを接続して同期する

音楽を転送するには、まずUSBケーブルを使ってiPhoneをPCに接続します(Wi-Fiで同期する方法は後述)。

1[iPhone]をクリックする

iPhoneに音楽を同期する

Finderのサイドバーに表示されている[iPhone]をクリックして開きます。iTunesの場合は、画面左上に表示されているデバイスのアイコンをクリックして、目的の端末を選びます。

2「ミュージックを○○と同期」をチェックする

iPhoneに音楽を同期する

「ミュージックを○○と同期」がオフの状態だと同期されない

同期の設定を実行するため、「ミュージック」タブを開いて「ミュージックを○○と同期」にチェックを入れます(上の画像はチェックが入っていない状態)。

音楽やムービー、テレビ番組、ブック、着信音はそれぞれ1つのライブラリとしか同期できません。すでに他のライブラリと同期しているデータがある場合は、保存されているデータを削除し、新しい同期の設定を登録しなおす必要があります。

3同期する楽曲を選ぶ

iPhoneに音楽を同期する

「ミュージックライブラリ全体」を同期したい場合

「ミュージックライブラリ全体」にチェックを入れて同期すると、ミュージックライブラリにあるすべての音楽が転送されます。何も考えずに音楽を転送したいときは、これを選びましょう。

iPhoneに音楽を同期する

音楽を部分的に同期したい場合

好きなアルバムを転送したいときや、iPhoneの空き容量を節約したいときは「選択したアーティスト、アルバム、ジャンル、およびプレイリスト」を選びます。転送する音楽をプレイリストやアーティスト、アルバム、ジャンルから選ぶことができます。

同期オプションにはこのほか、「ビデオを含める」があります。「ビデオを含める」は、iTunes Storeで購入したミュージックビデオを転送対象に含めるかどうかを設定します。PCのiTunes Storeで購入したミュージックビデオをiPhoneに転送したい場合や、それとは逆向きの転送をおこないたい場合にチェックしておきます。

4同期を実行する

iPhoneに音楽を同期する

設定が完了したら、画面右下にある[適用]ボタンをクリックします。

iPhoneに音楽を同期する

音楽ファイルがiPhoneに転送されます。同期が完了するまで時間がかかることもあるので、しばらく待ちましょう。

5iPhoneを取り出す

iPhoneに音楽を同期する

同期が終わったら、iPhoneの取り出しアイコンをクリックして、ケーブルからiPhoneを外します。

iPhoneに音楽を同期する

2回目からは、iPhoneをPCに接続すると自動的に同期を開始します。好きなタイミングで同期したいなら、「一般」タブ(iTunesは「概要」タブ)にある「このiPhoneが接続されているときに自動的に同期」のチェックを外してオフにしましょう。

Wi-Fiで同期する

iPhoneに音楽を同期する

同期するためにUSBケーブルをいちいちつなぐのが面倒なら、Wi-Fi経由で同期するという方法もあります。

Finderの「一般」タブ(iTunesは「概要」タブ)を開いて、「Wi-FiがオンになっているときにこのiPhoneを表示」にチェックを入れます。このオプションが有効になっていると、同じWi-Fiネットワークに接続した状態ならいつでも同期を実行できます。

iPhoneで購入した音楽をPCに転送する方法

iPhoneのiTunes Storeで購入した音楽はPCでも楽しめます。

自動ダウンロード設定を利用する

iPhoneからUSB経由で転送する場合は、ミュージック(iTunes)の同期を実行しましょう。

iPhoneに音楽を同期する

同期を実行するのが面倒なら、自動ダウンロードを設定しておくと便利です。

自動ダウンロードは、「ミュージック」アプリで設定します。ミュージックを起動して、[ミュージック]→[環境設定]を開いて、「一般」タブにある「自動ダウンロード」をオンにします(iTunesは[iTunes]→[環境設定]の「ダウンロード」タブ)。これで、iPhoneと同期しなくても、購入した曲がライブラリに自動でダウンロードされます。

iPhoneに限らず、iPadでもiPod touchでも、同じApple IDでサインインしているデバイスで購入した音楽がすべて対象になります。

特定の曲のみを個別にダウンロードする

iPhoneに音楽を同期する

特定の曲だけをライブラリにダウンロードすることもできます。

iTunes Storeを開いて、[購入済み]をクリックします。

iPhoneに音楽を同期する

サインインしているApple IDで過去に購入した楽曲がすべて表示されるので、クラウドのアイコン(雲に矢印のマーク)をクリックし、PCに楽曲をダウンロードします。

[ライブラリ内にありません]を開けば、ライブラリ(ローカル)にない曲だけを表示してダウンロードできます。

同期(転送)できない場合の原因と対策

同期を実行しても聴きたい音楽が転送されない場合は、以下のポイントをチェックしてみましょう。

曲のチェックマークが外れている

見落としやすいのは、Finder/iTunesで「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」が有効になっていて、聴きたい曲のチェックが外れているというケースです。

iPhoneに音楽を同期する

チェックが外れているために、曲を転送できない状態になっています。

Finderの「一般」タブ(iTunesは「概要」タブ)を開いて、オプションを無効にするか、またはミュージックライブラリでチェックが外れていないか確認します。

iPhoneに音楽を同期する

曲を探すときは曲表示が便利です。チェックマークのない曲をまとめて表示できます。「タイトル」見出しの左にある「チェックマーク」をクリックすると、チェックのある曲とない曲がまとまって表示されます。

音楽とビデオを手動で管理している

iPhoneに音楽を同期する

同期のオプションで「ミュージック、映画、テレビ番組を手動で管理」のが有効になっていると、同期を実行しても曲が転送されません。

この場合は、ライブラリからコンテンツをiPhoneにドラッグして転送するか、オプションを無効にして同期を試してみましょう。

iPhoneの空き容量が足りない

iPhoneに音楽を同期する

当然ながら、iPhoneの容量が不足していても曲は転送されません。Finder(iTunes)で空き容量を確認しましょう。空き容量が不足しているならば、不要な音楽やアプリ、写真などを削除して容量を確保する必要があります。

また同期の対象に「選択したアーティスト、アルバム、ジャンル、およびプレイリスト」を選択していて、「空き領域に曲を自動的にコピー」のオプションが有効になっていると、空き容量が埋まってしまいます。こちらも無効にしておきましょう。

iTunesやiOSが最新バージョンでない

iPhoneに音楽を同期する

iOSにアップデートがあるときは、最新バージョンにアップデートしてから再同期してみます。iPhoneで「設定」アプリ→[一般]→[ソフトウェアアップデート]をタップしましょう。

また、古いiTunesを利用している場合は、Appleの公式ページやMicrosoft Storeから最新のバージョンを入手します。「App Store」アプリを起動→[アップデート](Windows PCではiTunesの[ヘルプ]→[更新プログラムを確認])を選択して、確認することもできます。

なお「ミュージック」の場合は、macOSのアップデートが必要です。こちらはメニューバーの[Appleアイコン]→[システム環境設定]を選択し、[ソフトウェアアップデート]をクリックしてアップデートがないかを確認します。

iCloudミュージックライブラリがオフになっている

Apple Musicを利用している場合は、iPhoneの「ミュージック」とiTunesのそれぞれでiCloudミュージックライブラリを有効にします。どちらかがオフになっていると、ライブラリの音楽をうまく同期できません。

iPhoneに音楽を同期する

[ミュージック]→[環境設定]の「一般」タブにある「ライブラリを同期」(iTunesでは、[iTunes]→[環境設定]の「一般」タブにある「iCloudミュージックライブラリ」)をオンにします。

iPhoneに音楽を同期する

iPhoneでは、「設定」アプリ→[ミュージック]の[ライブラリを同期]をオンにします。

なおiCloudミュージックライブラリをオンにすると、iTunes経由で音楽を転送(同期)できなくなります。どうしてもiTunes経由で音楽を転送したいときは、設定をオフにします(ただし、Apple Musicの曲を保存できなくなります)。

とりあえず再起動してみる

上記のポイントをチェックした後でも不具合が改善されないのであれば、PCやiPhoneを再起動してみましょう。これだけで問題が解決することも少なくありません。

困ったときは「とりあえず再起動」を試して損はないでしょう。

検証端末:iPhone X(iOS 13.6.1)、ミュージック(1.0.5.14)

EDITED BY TOKIWA