iPhoneへの手持ち音楽の入れ方ガイド──CDやiTunes Storeの購入楽曲をiPhoneに取り込む

iPhoneへの手持ちの音楽の入れ方(取り込み)と、iTunes Storeでの曲の買い方

iPhoneには、音楽を手軽に楽しむためにiTunesやiTunes Storeが用意されています。

本記事では、CDやmp3等の音楽ファイルなど手持ちの曲をiPhoneに取り込む方法や、iTunes Storeで曲を購入(して同期)する方法といった「iPhoneへの音楽の入れ方」について、まとめて解説します。

本記事ではパソコンにMacを利用しています。Windows PCを使う場合でも手順はほぼ同じですが、あらかじめAppleの公式サイトからiTunesをダウンロード(無料)し、インストールしておく必要があります。

CDからiTunesに音楽を取り込み、iPhoneに入れる方法

音楽CDの曲をiPhoneで楽しむには、iTunesに取り込みます。

最近は光学式ドライブを搭載しないPC(パソコン)も増えてきましたが、音楽CDの取り込みには光学式ドライブが必須です。もし光学式ドライブを搭載していないPCを使っているのであれば、外付けの光学式ドライブを用意し、PCと接続しておきましょう。

CDからiTunesに曲を取り込む

CDからiTunesに取り込む

iTunesを起動したら、音楽CDをドライブに挿入します。楽曲データが表示され、取り込み用のダイアログがポップアップします。

PCがインターネットに接続されていれば、自動的にアルバム名やアーティスト名、曲名などの情報が表示されるので、内容を確認してOKなら[はい]をクリックします。毎回、[はい]をクリックするのが面倒なら、[次回から確認しない]のチェックをオンにしておきましょう。これで音楽CDをセットするだけで取り込めるようになります。

ポップアップが表示されないときは、画面右上にある[読み込み]ボタンをクリックします。取り込み時の音質を変更したい場合も、ポップアップで[いいえ]をクリックしてから[読み込み]をクリックします。

CDからiTunesに取り込む

[読み込み]ボタンをクリックすると、音質の設定画面になります。初期状態のエンコードフォーマットは「AAC」です。

通常はこれで問題ありませんが、変更することも可能です。iTunesでは、AACのほか、WAV、AIFF、MP3、Apple Lossless形式へ変換できます。[OK]をクリックすると、音楽CDをの取り込みを開始します。

CDトラックの結合

曲の紹介が別トラックで収録されているCDや、ライブCDなどで連続している曲があるときは、[CDトラックを結合]という機能を使います。シャッフル再生しても一緒に再生されるようにまとめることができます。

CDからiTunesに取り込む

CDトラックを結合

「読み込みますか?」というポップアップをキャンセルしたら、[Shift]キーを押しながら曲を選択します。画面右上の歯車のアイコンから[CDトラックを結合]を選択して、トラック同士をまとめます。

取り込みたくない曲がある場合

アルバム内に読み込みたくない曲があるのであれば、曲の先頭にあるチェックマークを外しておくと、読み込みをスキップできます。

CDからiTunesに取り込む

チェックマークを外す

CDからiTunesに取り込む

取り込みが完了すると、曲の先頭にチェックマークが付きます。すべての曲にチェックマークが付いたら、取り込み完了です。

イジェクトボタンをクリックして、音楽CDを取り出しましょう。

CDからiTunesに取り込む

取り込んだ音楽は「ミュージック」の「ライブラリ」で確認できます。

取り込んだ曲をiPhoneへ転送(同期)する

PCからiPhoneに曲を転送する

取り込んだ曲をiPhoneへ転送するには、iTunesとiPhoneを同期します。

LightningケーブルでPCとiPhoneを接続すると、iPhoneのアイコンが表示されるのでこれをクリックします。

[ミュージック]をタップすると同期の設定画面が表示されるので、[ミュージックを同期]にチェックを入れて[適用](または[同期])をクリックします。これで、PC内の音楽がiPhoneに転送されます。

PCからiPhoneに曲を転送する

iPhoneのストレージを節約したいときは、[選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル]を選ぶことで、プレイリストやアーティスト、アルバム、ジャンルに基づいて転送する音楽を絞り込めます。詳細は下記の特集を参照してください。

音楽ファイル(mp3など)をiPhoneに入れる方法

音楽ファイルをiTunesに取り込む

MP3やAACなどの音楽ファイルがすでにパソコンに保存されているときは、[ライブラリに追加]機能を使ってiTunesにインポートします。

iTunesではMP3、AAC、AIFF、WAV、Apple Lossless形式の音楽ファイルに対応しています。

音楽ファイルをiTunesに取り込む

iTunesの[ファイル]→[ライブラリに追加]でファイルまたはフォルダを選択し、[開く]をクリックします。

フォルダを選んだ場合は、サブフォルダ内のファイルを含め、すべてのファイルがライブラリに追加されます。

音楽ファイルをiTunesに取り込む

複数のフォルダにある楽曲データをまとめて取り込みたい場合は、iTunesのウィンドウやショートカットアイコンにフォルダをドラッグ&ドロップしてもOKです。

音楽ファイルをiTunesに取り込む

パソコンにある音楽を取り込むと、ファイルのコピーが「iTunes」フォルダに作成されます。オリジナルのファイルはそのまま残るので、iTunes上で楽曲を整理するときにファイルを削除しても元のファイルには影響しません。しかし、ストレージにファイルが重複してしまうので、ムダも生じます。

ディスク容量を節約したいのであれば、[環境設定]にある[詳細]タブを開いて[ライブラリへの追加時にファイルを“iTunes Media”フォルダにコピー]のチェックを外すと、コピーを作成せずにミュージックライブラリに登録できます(ファイルのエイリアスが作成されます)。

iTunes Storeから楽曲を購入する方法(買い方)

今すぐ聴きたい曲がある場合は、iTunes Storeを利用するのが最も手軽です。iTunes Storeは、iPhoneからもPCからも利用できます。過去の名作はもちろん、iTunes Storeで先行配信される新曲も増えています。お気に入りの楽曲をいち早く聴きたいという人におすすめです。

iPhoneで曲を購入する

iTunes Storeで楽曲を購入する iPhoneで「iTunes Store」アプリを起動します。

「おすすめ」ページが開いて、話題の曲やアーティストが表示されます。人気の曲を探したいなら[ランキング]、欲しいアルバムや曲が決まっているなら[検索]をタップします。

iTunes Storeで楽曲を購入する iTunes Storeで楽曲を購入する

検索では、アーティスト名や曲名、アルバム名などから検索できます。検索結果は、ソング、アルバム、着信音などで分類されます。

目的の曲が見つかったら、タップして試聴できます。試聴時間は30~90秒です。アルバムを開いた場合は、収録曲の一覧が表示され、どれでも好きな曲を試聴できます。

曲を購入するには、価格が書かれているボタンをタップします。曲は1曲から購入可能。あとでアルバムを買いたくなったら差額分を支払えばよいので、まずは気に入った曲を購入するのがおすすめです。

iTunes Storeで楽曲を購入する iTunes Storeで楽曲を購入する

iPhone X以降はサイドボタンをダブルクリックしてから、Face IDで認証します。それ以外ならTouch IDで認証をおこないます。Face IDやTouch IDが利用できない場合でも、Apple IDのパスワードで認証できます。

iTunes Storeで楽曲を購入する

認証に成功すると、すぐに曲のダウンロードを開始します。ダウンロードが完了すると[再生]ボタンに変わり、タップすると再生できます。

iTunes Storeで購入した曲はミュージックアプリに自動で登録されるので、アプリを開いて再生することも可能です。

iTunesでの決済方法は、クレジットカードのほか、コンビニエンスストアなどで販売しているiTunes CardやiTunesギフトなどが選べます。

iTunes Storeで楽曲を購入する iTunes Storeで楽曲を購入する

クレジットカードの情報を編集するには、「設定」アプリから[iTunesとApp Store]を開きます。Apple IDをタップした後、[Apple IDを表示]を押します。パスワードを入力して[お支払情報]をタップすれば、クレジットカード情報を編集できます。

iTunes Storeで楽曲を購入する iTunes Storeで楽曲を購入する

また、iTunes CardやiTunesギフトのコードを利用する際は「iTunes Store」アプリを起動します。

画面を下にスクロールして、[コードを使う]をタップ。iTunes Storeにサインインすると、コードを登録できます。[カメラで読み取る]をタップすれば、コードが枠で囲まれているカードのコードをカメラで読み取ることが可能です。

iTunes Storeで楽曲を購入する iTunes Storeで楽曲を購入する

Apple Storeの直営店が近所にある場合は「iTunes Pass」を使ってアカウントに直接入金することもできます。

iTunes Storeの[コードを使う]の画面で、iTunes Passの[利用を始める]をタップすると、「Passbook」へiTunes Passを追加できます。Walletアプリを起動して追加したショップカードを店舗で見せれば、Apple IDに入金できます。

PCでiTunesから曲を購入する

PCのiTunes Storeで楽曲を購入する

パソコンのiTunesでもiPhoneと同じくらい簡単に曲を購入できます。

iTunesを起動したら、[ミュージック]→[ストア]をクリックし、目的の曲を検索します。

PCのiTunes Storeで楽曲を購入する

価格部分をクリックすれば、曲を購入できます。

PCのiTunes Storeで楽曲を購入する

Apple IDのパスワードを入力して[購入する]をクリックします。

PCのiTunes Storeで楽曲を購入する

確認画面が表示されるので、再度[購入する]をクリックします。[今後、曲の購入について確認しない。]にチェックを入れれば、次回から確認画面を省略できます。

PCのiTunes Storeで楽曲を購入する

購入した曲は「ライブラリ」に登録されます。

iTunes Storeで購入した曲を同期する

iTunes Storeで購入した曲を同期する

iTunes Storeで購入した曲は、iPhoneでもPCでも聴くことができます。

初期設定では自動ダウンロードがオンになっており、iPhoneで購入した楽曲はPCのiTunesに、PCで購入した楽曲はiPhoneのミュージックアプリに自動でダウンロードされます。

ダウンロードされない場合は、以下の設定を見直してみましょう。

iTunes Storeで購入した曲を同期する

[設定]→[iTunes StoreとApp Store]を開いて[ミュージック]をオンにする

iTunes Storeで購入した曲を同期する

[環境設定]→[ダウンロード]タブを開いて[ミュージック]をオンにする

検証:iPhone X(iOS 12.1.4)、iTunes(Ver. 12.9.2.5)