iPhoneでSuicaを新規発行する方法(記名式/無記名式)

記名式Suicaと無記名式Suicaの違いも紹介

Apple Payに対応するiPhone 7以降のモデルなら、クレジットカードやSuica(スイカ)を登録すればiPhoneのみで支払いができます。Suicaの場合、カードで発行したものを取り込んでの使用だけでなく、iPhone上で新たに発行したSuicaをApple Payに登録して使えます。

iPhone上でのSuica発行は、Suicaアプリからだけでなく、iOS 13以降ならWalletアプリからも簡単におこなえます(無記名式のみ)。面倒な手続きが必要ないので、使いたいときにサクッとSuicaの発行ができます。

本記事では、iPhoneでSuicaを発行する方法を、WalletアプリとSuicaアプリのそれぞれで解説。記名式Suicaと無記名式Suicaの違いやメリット・デメリットについても紹介します。

SuicaアプリでSuicaを新規発行する場合、チャージ(入金)にクレジットカードが必須となります。あらかじめApple Payにクレジットカードを取り込んでおくと、スムーズに手続きできます。

記名式Suicaと無記名式Suicaのメリット・デメリット

Suicaには「記名式Suica」「無記名式Suica」「Suica定期券」の3種類があり、記名式Suicaと無記名式SuicaはJR東日本の路線を使った通勤や通学の用途がなくても発行できます。

記名式Suicaと無記名式Suicaは何が違う?

  記名式Suica     無記名式Suica
モバイルSuicaへの会員登録 要会員登録 不要
JRE POINTの還元 あり なし
Suicaの利用停止・再発行手続き 不可

記名式Suicaは文字通り、ユーザーの名前などの個人情報が登録されているSuicaです。メリットとしては、JRE POINTのポイント還元が受けられる点(Webサイトで登録が必要です)や、端末の紛失、盗難や故障時にSuicaの利用停止と再発行手続きが可能な点が挙げられます。デメリットとしては、発行時のモバイルSuicaへの会員登録が手間になる点と、Suicaに個人情報を紐付けなければならない点があります。

一方で、無記名式Suicaにはユーザー情報の登録は必要ありません。そのため発行手続きもより簡単です。ただし、記名式Suicaで得られるメリットはありません。

記名式Suicaと無記名式Suicaのどちらを選べばいい?

記名式Suicaと無記名式Suicaのどちらを選んだほうがよいのでしょうか。得られるメリットが多い記名式Suicaの発行がおすすめの人を事例ごとに以下にまとめました。

こんな人は記名式Suicaがおすすめ
  • Suicaの利用でJRE POINTの還元を受けたい人
  • JR東日本の在来線によく乗る人
  • iPhoneの紛失など万が一のときのために備えておきたい人

このような条件に該当しない人は、発行手続きがより簡単な無記名式Suicaでも問題ないでしょう。

iPhoneで記名式Suicaを発行する方法

iPhoneでは、Suicaアプリからのみ記名式Suicaの発行できます。

Suicaアプリを起動する

App StoreからインストールしたSuicaアプリを起動します。Suicaアプリは、あらかじめApp Storeでインストールしてください。

アプリ「Suica」をダウンロード

「Suica発行」か「+」をタップする

初めて発行する場合は[Suica発行]か[+]

すでに別のSuicaを発行している場合は画面右上の[+]

Suicaアプリで初めてSuicaを発行する場合は[Suica発行]か画面右上の[+]、すでにSuicaを発行している場合は[+]をタップします。

記名式Suicaを選ぶ

記名式Suicaの発行は、My Suica(記名式)の[発行手続き]を選択。規約に同意して会員登録をします。

「モバイルSuica」に会員登録する

メールアドレスを入力して送信すると確認コードが届くので、それを入力します。

パスワードなどの必要情報を入力します。最後にクレジットカードの登録の有無を選択し、画面右上の[次へ]をタップしてください。

すでにApple Payにクレジットカードを登録している人は、Apple Pay経由でのチャージもできるので、ここで新しいクレジットカードを登録しなくてもOKです。

Apple Payにクレジットカードを登録していない場合や「ビュー・スイカ」でオートチャージ機能を利用したい場合などは、ここでクレジットカードを登録しておきましょう。

カード名称と支払い方法を指定する

カードの名称と支払いに利用するクレジットカードを指定します。Apple Pay経由で支払うことも可能です。

チャージ金額とチャージ方法を選ぶ

1000円以上のチャージ金額を選択し、支払い(チャージ)方法を会員登録時に登録したクレジットカードかApple Pay経由かのいずれかを指定します。

Apple Payにカード(Suica)を追加する

この画面でカード名称を変更可能

規則を確認し[同意する]

チャージが完了したら、SuicaをApple Pay(Wallet)に追加する設定をおこないます。

画面右上の[次へ]をタップすると、再び規則への同意が求められるので[同意する]を選択してください。

新しいSuicaが「エクスプレスカード」に設定され、記名式Suicaの発行手続きは完了です。

エクスプレスカードとは?

エクスプレスカードに設定したSuicaは、Touch IDやFace ID、パスコードによる認証なしで使えるようになります。

iPhoneやApple Watchを改札機やコンビニなどのカードリーダーにかざすだけでSuicaを利用でき、デバイスのスリープ解除やアプリ起動も不要です。

Suicaが登録されたことを確認

Wallet

Suicaアプリ

WalletとSuicaアプリに新しく発行した記名式Suicaが登録されているのが確認できます。

なお[チケット購入Suica管理]より、Suicaの名称を変更可能です。また会員登録している場合、無記名のSuicaの名称を変更することで記名式Suicaに変更されます。

iPhoneで無記名式Suicaを発行する方法

無記名式Suicaは、発行時にモバイルSuicaへの会員登録が必要ないため、すばやく発行できます。またWalletアプリからもSuicaを発行できるので、より簡単にSuicaの発行が可能です。

筆者も実際に以下の方法でSuicaを発行しましたが、いずれの方法でもSuicaの発行が完了するまで5分もかかりませんでした。

Walletアプリで発行する場合

今回の検証では2枚目のSuicaをWalletアプリで発行する

まずWalletアプリを開き、右上の[+]→[続ける]と進みます。

Apple Payに追加するカードの種類は「Suica」を選択します。

このときApple Payにクレジットカードが登録されていない場合は、対応したカードを追加してからやり直すようメッセージが出てしまい、Suicaを発行することができません。

1000円以上のチャージ金額を入力し、[追加]をタップ。

JR東日本の規則に同意し、Suicaへの支払いを承認すれば発行完了です。iPhoneで初めてSuicaを発行した場合は、Walletアプリで発行したSuicaがエクスプレスカードに設定されます。

同一のiPhoneで、すでに記名式Suicaを発行している場合は、Walletアプリからの発行でも記名式Suicaとなります。

Suicaアプリで発行する場合

Suicaアプリで発行する場合は、App Storeから事前にSuicaアプリをインストールしてください。

アプリ「Suica」をダウンロード

Suicaアプリを起動し、「Suica(無記名)」の発行手続きを選択する

Suicaアプリを起動し、[Suica発行]から「Suica(無記名)」を選択します。

JR東日本の規約に同意する

無記名式Suicaに関する注意事項やJR東日本の規約を確認し、[次へ]→[同意する]と進みます。

チャージ金額を選択する

発行するSuicaへのチャージ金額を選ぶ画面に遷移したら、[金額を選ぶ]をタップ。チャージしたい金額を選択します。

Apple Pay経由でチャージ金額を支払う

チャージ金額を選択したら、支払い(チャージ)方法で[Apple Pay]をタップします。無記名式Suicaでは、Apple Pay経由のチャージ方法しか選択できません。

支払いに使用するクレジットカードとチャージ金額を確認したら、支払いを承認します。

Apple Payにカードを追加する

Apple Pay(Wallet)にカードを追加する設定をおこないます。画面右上の[次へ]をタップし、JR東日本の規則に[同意する]を選択します。

発行したSuicaがエクスプレスカードに設定され、無記名式Suicaの発行手続きは完了です。

Suicaが登録されたことを確認

左:Wallet 右:Suicaアプリ

WalletとSuicaアプリに新しく発行した無記名式Suicaが登録されているのが確認できます。

Apple Pay経由でSuicaにチャージできるクレジットカードは?

Apple Payに追加したSuicaへのチャージは、Apple Payに登録してあるクレジットカードか、記名式Suicaの発行時に登録したクレジットカードでおこなうのが手軽です(従来のSuicaカードと同様にコンビニなどで入金することもできます)。

原則としてApple Payに対応したクレジットカードであれば、Apple Pay経由でSuicaにチャージできます。Apple Pay経由のチャージはWalletアプリでおこないます。

検証バージョン
iPhone X
iOS
14.7.1
iPhone 11Pro
iOS
14.7.1
EDITED BY
KON