【Apple Pay】エクスプレスカードとは?──iPhoneで最速のSuica決済方法

【Apple Pay】エクスプレスカードとは?──iPhoneで最速のSuica決済方法

iPhone 7以降の機種では、WalletにSuicaを登録すればTouch IDやFace ID、パスコードの認証をしなくてもSuicaで支払いができます。普段何気なくiPhoneをかざして電車に乗ったり、コンビニで支払ったりしている人も多いことでしょう。

このようにいちいち認証をしなくてもSuicaで支払いができるのは、iPhone上で「エクスプレスカード」に設定されているからです。本記事では、Apple Payにおけるエクスプレスカードとは何かをざっくり解説していきます。

Apple Payの「エクスプレスカード」とは

Apple Pay エクスプレスカードとは

iPhoneでSuicaを発行したり、カード式のSuicaから取り込んだりしたときに、「エクスプレスカードに設定完了」という画面を見た覚えはないでしょうか。特に意識せずにSuicaの設定を終えた人も多いかもしれませんが、この「エクスプレスカード」の設定は、iPhoneでSuicaを使う上で重要な役割を担っています。

Apple Pay(アップルペイ)の使い方 超入門ガイド

エクスプレスカードなら認証無しで決済できる

エクスプレスカードの最大の特徴は、認証をしなくても決済ができる点です。

通常、Apple Payに登録したカードで決済をおこなう場合は、必ずFace IDやTouch ID、パスコードでの認証が求められます。

Apple Pay エクスプレスカードとは

クレジットカードで決済する際にはFace ID(Touch ID)かパスコードが必須

一方、エクスプレスカードに設定したカードでは、認証なしで決済できます。iPhoneにロックがかかった状態であってもリーダーにかざすだけで支払いが完了するので、カード式Suicaのような素早い決済をおこなえます。

エクスプレスカードに設定できるのはWalletに登録している決済カード(クレジットカード/デビットカード)と交通系ICカードの(Suica)それぞれ1枚ずつです。複数のSuicaを重複してエクスプレスカードに設定することはできません。

国内でエクスプレスカードに対応しているのはSuicaのみ

素早い決済で便利なエクスプレスカードですが、日本国内で対応しているのはJR東日本の交通系ICカードである「Suica」のみです。

ちなみに、PASMOやICOCAのようなSuica以外の交通系ICカードは、そもそもApple Payに対応していないためiPhoneでの使用ができません。

Apple Pay エクスプレスカードとは

クレジットカードやデビットカードをエクスプレスカードとして設定できるが、使用は不可

また、Walletや「設定」アプリではクレジットカードやデビットカードをエクスプレスカードとして登録できるものの、日本国内では現時点(2019年11月)で、Wallet内のクレジットカードやデビットカードをエクスプレスカードとして使うことはできません。

なお、米国では一部の交通機関で、Wallet内のクレジットカードをエクスプレスカードとして利用できます。

充電が切れてもエクスプレスカードなら決済可能(iPhone XS以降のみ)

iPhone XS以降の機種には、「予備電力機能付きエクスプレスカード」という機能が搭載されています。

予備電力機能付きエクスプレスカードを搭載している機種は、iPhoneの充電が必要な状態になっても最大5時間までエクスプレスカード(Suica)で決済が可能です。iPhoneのSuicaで電車に乗っているときに、ついついiPhoneを使いすぎてしまい充電が切れてしまった、という場合でも心配ありません。

Apple Pay 予備電力機能付きエクスプレスカード

バッテリー切れ状態のiPhone 11 Pro Max。画面下部に「エクスプレスカードは使用可能です」と表示されている

なお、予備電力機能でエクスプレスカードが使えるかを確認するには、iPhoneのサイドボタン(電源ボタン)を押すだけでOKです。予備電力が機能している場合は、充電が必要な状況を示す電池アイコンの下に「エクスプレスカードは使用可能です」というメッセージが表示されます。

ただし、何度もiPhoneの画面をつけて確認していると予備電力を消費していくため、画面点灯による確認は支払いの直前など必要最低限にしましょう。予備電力もなくなってiPhoneの電源が完全に切れてしまうと、エクスプレスカードでの支払いもできなくなります。

エクスプレスカードに設定したSuicaが反応しないときは

Suicaをエクスプレスカードに設定しているはずなのに、決済時や改札でうまく反応しなかったというときは、まずエクスプレスカードの設定を確認してみてください。

また、PASMOなどの他の交通系ICのカードが重なった状態でリーダーに近づけるとエラーが発生することがあります。Apple PayでSuicaを使いたいのであれば、iPhoneのケースにPASMOやカード式のSuicaなどを入れないようにしましょう。

エクスプレスカードの設定を変更する方法

エクスプレスカードをWallet内の異なるSuicaに変更したいときや、エクスプレスカードをオフにしたいときの手順を解説します。

Apple Pay エクスプレスカード 設定

エクスプレスカードに関する設定は「設定」アプリの[WalletとApple Pay]にておこないます。

エクスプレスカードを別のSuicaに変更する

Wallet内に複数のSuicaを登録している場合は、エクスプレスカードを異なるSuicaに変更できます。

Apple Pay エクスプレスカード 設定 Apple Pay エクスプレスカード 設定

[WalletとApple Pay]を開き、[エクスプレスカード]をタップ。「交通系ICカード」に表示されているSuicaを選択します。

Apple Pay エクスプレスカード 設定

現在、エクスプレスカードとして設定されているSuicaには、チェックマークがついています。変更したいSuicaをタップし、Face IDもしくはTouch IDをパスするとエクスプレスカードを変更できます。

エクスプレスカードをオフにする

認証なしで決済できてしまう点にセキュリティの面で不安を感じる場合は、エクスプレスカードをオフに設定しておきましょう。

Apple Pay エクスプレスカード 設定 Apple Pay エクスプレスカード 設定

[WalletとApple Pay]を開き、[エクスプレスカード]をタップ。「交通系ICカード」に表示されているSuicaを選択します。

Apple Pay エクスプレスカード 設定

Suicaの一覧の下にある[オフ]をタップし、Face IDもしくはTouch IDをパスするとエクスプレスカードをオフにできます。

エクスプレスカードをオフにしてしまうと、改札通過時でも認証をおこなわければなりません。うっかり未認証のまま自動改札機を通過しようとすると、ゲートが閉じてしまいます。注意してください。

アプリ「Suica」をダウンロード
Suica
EDITED BY TOKIWA