Twitterを「見るだけ」で使う方法──アカウントなしでバレずに閲覧できる

Twitterを「見るだけ」で使う方法──アカウントなしでもバレずに閲覧できる

ツイッター上のつぶやきを見るには、Twitterアカウントを作成してユーザーをフォローするのが基本です。とはいえ、気になる人のつぶやきは見たいけれど、Twitterアカウントを作成したくない人や、フォローしているのがバレたくないという人も少なくないでしょう。

そこで本記事では、Twitterアカウントがない場合とある場合でTwitterを見るだけで使う方法を解説します。

【Twitterアカウントを作らない場合】ブラウザからWeb版を閲覧する

まずは、Twitterアカウントを作成したくない人向けの方法です。Twitterアカウントを持っていない人がTwitterを見る唯一の方法は、ブラウザによるウェブ版Twitterの閲覧です。iPhoneでもAndroidスマホでも、またパソコン(PC)でもアクセスできます。

1Twitterの検索ページにアクセス

まずはSafariやChromeなどのブラウザを開き、Googleで「Twitter」と検索します。

Twitter ブラウザから見る

Twitterの公式ページが最上位に出てきますが、一番上の[Twitter]を選択してしまうと、アカウント作成かログインのためのページに飛ばされてしまいます。そのページからはTwitterを閲覧することができないので、ここでは[高度な検索]を選択します。

なお、検索結果に[高度な検索]が表示されない場合は、「Twitter 検索」といったキーワードで検索し直すと表示されるはずです。うまくできないときは、下記リンクから直接Twitterにアクセスしてください。

Twitter(高度な検索)

Twitterアプリをインストールしていてアプリが起動してしまう場合は、リンクを長押しして[新しいタブで開く]を選択してみましょう。

2ユーザー名などで検索してツイートを見る

Twitter ブラウザから見る Twitter ブラウザから見る

「高度な検索」のページに遷移すると、検索コマンドの入力画面が表示されます。ここからでもユーザーやツイートの検索は可能ですが、使い慣れていないと少し複雑なので、左上の矢印をタップして通常のキーワード検索画面に移動しましょう。

キーワード検索画面では、Twitterのトレンドやニュースなどの閲覧も可能です。

Twitter「トレンド」機能とは? 使い方や見方、過去のトレンド検索などを解説

Twitter ブラウザから見る Twitter ブラウザから見る

上部の検索窓でユーザー名を入力すると、そのユーザーのプロフィールが表示され、ツイートを確認することができます。

Twitterの検索コマンド 完全ガイド──期間指定、キーワード除外など総まとめ

ブラウザでTwitterを見る際の便利な使い方

Twitter ブラウザから見る Twitter ブラウザから見る

左:Safari右:Chrome

アカウントを持たずにブラウザからTwitterを閲覧する際に、定期的によく見るアカウントをブラウザのブックマークに指定しておくと、いちいちアカウントを検索する手間が省けるので便利です。

Twitter ブラウザから見る

「ラーメン」のキーワードで検索するとたくさんのラーメンに関するツイートが見られる

また、検索欄ではユーザー名だけでなく自身の興味のあるキーワードでも検索ができます。いいねやリツイートがたくさんされている「話題のツイート」や、最新のツイート、画像・動画のあるツイートなど、検索欄下のタブからソートが可能です。何気ないキーワード検索で思わぬ発見があるかもしれません。

【Twitterアカウントがある場合】非公開リストを活用する

すでにTwitterアカウントがある場合や、見るだけのアカウントを新しく作る場合は、リスト機能を活用するとユーザーをフォローしなくてもツイートを見ることができます。

Twitterの「リスト」とは? 作り方・使い方を徹底解説

非公開リストの作成方法

Twitter 非公開リストで見る Twitter 非公開リストで見る

Twitterアプリのメニューボタン[]から[リスト]を選択します。自身のリストの管理画面に遷移するので、画面右下の新規リスト作成のアイコンをタップしてください。

Twitter 非公開リストで見る

新しく作成するリストの設定をおこないます。リストの名前を入力し、「非公開」スイッチをオンにしたら[作成]をタップしましょう。

Twitter 非公開リストで見る Twitter 非公開リストで見る

続いてリストに追加するユーザーを選択します。リストに追加したいユーザーの名前かユーザー名(@で始まるID)を入力して検索し、[追加する]をタップするとリストに追加されます。リストに追加したいユーザーが選び終わったら、[完了]でリストの作成は完了です。

Twitter 非公開リストで見る Twitter 非公開リストで見る

作成したリストを開くには、メニューボタン[]から[リスト]を開き、「自分のリスト」にあるリストをタップするだけです。

リストでは、追加したユーザーのツイートをタイムラインと同じような形で閲覧できます。

リストに追加するとバレる?

リストに追加されたユーザーに通知などは届かないので、リストへの追加が相手にバレるようなことはありません。

また、リストの非公開設定をオンにしておけば、自分以外のユーザーがリストを見られないようになります。リスト作成の際は、非公開設定がオンになっているかを必ず確認しておきましょう。

Twitter「見るだけ」利用での注意点

Twitterを見るだけで使う際に気をつけたい点についてまとめました。

ユーザーの名前かIDを知っている必要がある

アカウントの有無に関わらず、特定のアカウントのツイートが見たい場合は、そのアカウントの名前かIDを検索する必要があります。

芸能人のアカウントであれば名前検索でヒットするかもしれませんが、身近な知り合いの場合はそうもいかないことが多いでしょう。誰もが本名でTwitterアカウントを作成しているとは限らないためです。

非公開アカウント(鍵垢)のツイートは見られない

Twitter 見るだけ 注意点

アカウントを非公開にしているユーザーのツイートは、フォローリクエストが承認されない限り閲覧できません。

アカウント未作成の場合はもちろん、見るだけのアカウントがあったとしてもフォローせずにツイートを見る方法はないので、ツイートを見たいユーザーが非公開アカウントだったときは諦めるほかないでしょう。

Twitterアカウントを鍵付き(鍵垢)にする方法【iPhone/Android/PC】

【アカウントがない場合】フリートの閲覧やアンケートの回答などはできない

アカウントを作成せずとも公開アカウントのツイートを読むことはできますが、最近新たに導入された「フリート」の閲覧やアンケートツイートへの回答などはできません。もちろん、ツイートへのいいねやリツイートなどもアカウント未作成の状態ではできないようになっています。

一方で、見るだけのアカウントを持っている人は、フリートの閲覧時には要注意です。フリートは、投稿主から誰が閲覧したかが分かるようになっているため、ついうっかり閲覧してしまうと見るだけのアカウントがバレてしまう可能性もあります。

Twitter「フリート」の使い方──足跡(既読)の仕様、投稿のやり方・共有・削除方法を全解説

検証したInstagramのバージョン:iOS版8.48、Android版8.75.0

EDITED BY TOKIWA