Twitterを「見るだけ」で使う4つの方法──バレずに相手のツイートを閲覧できる

バレずに相手のツイートやプロフィールをこっそり見る

ツイッター上のつぶやきを見るには、Twitterアカウントを作成してユーザーをフォローするのが基本です。とはいえ、気になる人のつぶやきは見たいけれど、Twitterアカウントを作成したくない初心者や、フォローしているのがバレたくないというユーザーも少なくないでしょう。

そこで本記事では、相手にバレずにTwitterを「見るだけ」で利用する4つの方法を紹介します。

方法1:ブラウザ版にログインしないで見る

ブラウザ版(Web版)Twitterにログインしなければ、相手のツイートをバレず見ることができます。

自分がTwitterアカウントを持っている・持っていないかは関係なく、そもそもアカウントにログインしないため、誤ってフォローやいいねをしてしまう危険性もありません。

  1. ブラウザアプリでTwitterのトップページを開く

    まずは、下記リンクからブラウザでTwitterのトップページにアクセスします。ただ、Twitterのトップページを開くとログインが求められる場合があるので、そのときは「高度な検索」ページを開いてください。

    リンクを長押しする

    このときTwitterアプリが起動してしまう人は、リンクを長押しして新規タブでページを開くとTwitterアプリが起動せず、ブラウザで閲覧できます。

    iOS版Safariの場合

    iOS版Safariの場合

    Android版Google Chromeの場合

    Android版Google Chromeの場合

    iPhoneでSafariの場合は、検索結果を長押しして[開く]か[新規タブで開く]をタップします。

    AndroidスマホでChromeの場合は、長押しして[新しいタブをグループで開く]または[新しいタブで開く]を選びましょう。

    過去にブラウザ版Twitterでログインしたことがある人はプライベートタブを開く
    【Twitter】見るだけ(ブラウザでログインせず見る)

    Safariの場合。タブグループの一覧画面から[∨]ボタン→[プライベート]をタップ

    【Twitter】見るだけ(ブラウザでログインせず見る)

    Androidスマホ(Google Pixel 4a)でGoogle Chromeを利用した場合。右上の設定ボタンをタップして[新しいシークレット タブ]で開く

    過去にブラウザ版Twitterにログインしたことがある人は、アクセス時にログインされた状態でTwitterのページを開いてしまうことがあります。

    そのため、ブラウザのプライベートタブまたはシークレットタブを開いたうえでリンクに飛ぶと、ログインしていない状態でTwitterページにアクセスできます。

  2. ユーザー名などを検索

    【Twitter】見るだけ(ブラウザでログインせず見る)

    「高度な検索」画面

    【Twitter】見るだけ(ブラウザでログインせず見る)

    検索窓にアカウント名などを入力して検索できる

    Twitterのトップページに遷移すると、キーワード検索画面が表示されます。上部の検索窓にキーワードを入力すれば、自由にTwitterを見ることができます。

    また、リアルタイムで出てくるTwitterのトレンドやニュースなどの閲覧も可能です。

    【Twitter】見るだけ(ブラウザでログインせず見る)

    「高度な検索」画面の左上の[←]を押すと、通常のキーワード検索も利用できる

    また「高度な検索」のページに遷移すると、検索コマンドの入力画面が表示されます。ここからでもユーザーやツイートの検索は可能ですが、左上の[←]をタップして通常のキーワード検索も利用できます。

  3. 相手のプロフィールやツイートを見る

    相手のプロフィールやツイートを見る
    相手のプロフィールやツイートを見る

    検索で見たい相手のツイートを見つけたら、そのままツイートやプロフィールを確認しましょう。

方法2:Yahoo!ニュースアプリなどの外部アプリで見る

外部アプリのアプリ内ブラウザからTwitterを見ることも可能です。ここでは、「Yahoo!ニュース」アプリからTwitterを閲覧する手順を紹介します。

  1. 「Yahoo!ニュース」アプリを開く

    「Yahoo!ニュース」アプリを開く

    まずは「Yahoo!ニュース」アプリを開きます。アプリは事前にインストールしておきましょう。

    アプリ「Yahoo!ニュース」をダウンロード
  2. 「Twitterで話題」からキーワードを選択

    「Twitterで話題」からキーワードを選択
    「Twitterで話題」からキーワードを選択

    アプリを開くと、「ホーム」タブが「主要」になっているトップ画面が表示されます。

    下にスクロールし、「Twitterで話題」の中からどれか1つ気になるキーワードを選びましょう。

  3. ツイート内のURL(リンク)をタップ

    ツイート内のURLをタップ

    キーワードに関連するツイートや、記事、コメントがまとめられたページに切り替わるので、ツイート内のリンク(URL)をタップしてください。

  4. 検索窓でキーワードを検索

    検索窓でキーワードを検索
    検索窓でキーワードを検索
    検索窓でキーワードを検索

    アプリ内ブラウザでツイートページに移ります。上部の検索窓で調べたいキーワードを入力し、見たいツイートやユーザーを探しましょう。

方法3:「見るだけ」の専用アカウント(鍵垢)を作成する

気になるアカウントを頻繁に「見るだけ」に利用したいなら、専用の非公開アカウント(鍵垢)を作ってしまうという手もあります。

すでにTwitterアカウントを所有している人でも複数のアカウントを作成できるため、そのうちの1つを見る専用アカウントにするというわけです。

  1. 見るだけ専用アカウントを作成する

    【Twitter】見るだけ(見る専用アカウントを作成)

    すでにTwitterアカウントを持っている人は、もうひとつアカウントを作成する

    【Twitter】見るだけ(見る専用アカウントを作成)

    まだTwitterアカウントを持っていない人はアカウントを新規作成する

    まずは、見るだけ専用のアカウントを作成します。

    すでにTwitterアカウントがある人は、メニュー画面で[新しいアカウントを作成]をタップ。まだTwitterアカウントを作成したことがない人は、Twitterアプリをインストールしてアカウントを新規作成しましょう。

    アカウントを新規作成する

    アカウントを新規作成する

    アカウント名(名前)、電話番号またはメールアドレス、生年月日を入力し、パスワードを設定。あとは任意で興味のあるトピックなどを選択してアカウントを作成します(スキップ可能)。

    アカウント作成の手順は、下記記事でも詳しく解説しているので参照してください。

  2. アカウントを非公開にする(鍵垢にする)

    アカウント作成時点では公開アカウントとなっているので、非公開アカウント(鍵垢)に設定するのがいいでしょう。

    公開アカウントだとフォローやいいねをした時に相手に通知されたり、知らないアカウントにフォローされたりする可能性があります。見る専用アカウントとして使うなら、鍵垢にするのがおすすめです。

    【Twitter】見るだけ(見る専用アカウントを作成)
    【Twitter】見るだけ(見る専用アカウントを作成)
    「オーディエンスとタグ付け」を選択

    メニュー画面から[設定とプライバシー]→[プライバシーと安全]と進み、[オーディエンスとタグ付け]を選択します。

    非公開をオンにする

    「ツイートを非公開にする」をオンにしてください。

    これで鍵垢への設定は完了です。万が一フォローリクエストが届いた場合、拒否すれば他人にフォローされることはありません。

  3. 相手のアカウントを検索してプロフィールやツイートを見る

    【Twitter】見るだけ(見る専用アカウントを作成)
    【Twitter】見るだけ(見る専用アカウントを作成)

    あとは相手のアカウントを検索し、プロフィールやツイートを自由に閲覧しましょう。

    ただし相手が鍵垢の場合、相手のツイートは閲覧できません(プロフィールの閲覧は可能)。

方法4:非公開リストを活用する

ブラウザ版Twitterを都度開いたり、見る専用アカウントを作ったりするのは面倒に感じる人もいるでしょう。そんな人は、リスト機能の非公開リストを活用しましょう。

リスト機能とは、アカウントを自分なりにカテゴリ分けしてリスト化できる機能です。作成したリストを非公開に設定すれば、相手のアカウントをリストに追加しても通知されません。

非公開リストを設定する
非公開リストを設定する
非公開リストを設定する

メニュー画面で[リスト]を選択し、リストボタンをタップ。リストの名前を入力して「非公開」をオンにしたら、[作成]を押します。

非公開リストに相手のアカウントを追加すると、リストで相手のツイートをバレずに閲覧できる
非公開リストに相手のアカウントを追加すると、リストで相手のツイートをバレずに閲覧できる
非公開リストに相手のアカウントを追加すると、リストで相手のツイートをバレずに閲覧できる

相手の名前またはユーザー名(@〜)を入力して検索し、[追加する]をタップ。最後に[完了]をタップし、相手がリストに追加されます。

リストに追加されたアカウントのツイートを閲覧するには、メニュー画面の[リスト]からリストを選択します。リスト作成後でも相手をリストに追加したりリストから外したりすることは可能です。リストを非公開にすれば、相手あるいは自分が公開/非公開アカウントでも相手にバレることはありません。

Twitterの「見るだけ」に関するよくある疑問と答え

Twitterの「見るだけ」利用について、よく挙がる疑問点とその答えをまとめています。

ブラウザ版Twitterで閲覧中、ログインや新規登録を求める表示が出たらどうする?

再読み込みなどをすると表示が消えて自由に閲覧できます(詳細)。

ブラウザ版にログインしない状態で全部見ることはできる?

ブラウザ版でログインせずにTwitterを見ていると、途中で「○○○さんのツイートをさらに表示」とログインや新規登録を求められ、それ以上見られなくなってしまいます。

このとき、ページを再読み込みしたりブラウザバックして再アクセスしたりすると、当該表示が消えて再び閲覧できるようになります。

見るだけ専用アプリはある?

Twitter関連アプリは、基本的にTwitterアカウントとの連携が必要です。アカウント連携が必要なアプリは、見るだけ専用には適さないでしょう(詳細)。

ほとんどのTwitter関連アプリは、Twitterアカウントと連携しなければ利用できません。Twitterアカウントと連携することで、誤ってフォローやいいねをしてしまう可能性もあります。

外部アプリを利用するよりも、本記事で紹介した4つの方法を活用することをおすすめします。

相手のアカウントを見たことはバレる?

いかなる方法で相手のアカウントを見たとしても、フォローやリツイート、いいねなどをしない限りバレることはありません(詳細)。

Twitterには足跡機能は備わっていないため、相手のツイートやプロフィールを見ただけでバレることはありません。したがって気になるアカウントを見る際は、上記4つの方法を利用しなくてもバレずに見ることは可能です。

ただし、誤ってフォローやいいねなどをすると相手にバレる危険性もあるので、より安全を期すためには上記いずれかの方法を活用するのがいいでしょう。

ブラウザ版で見るだけの時にいいねできる?

ブラウザ版Twitterでログインせずに相手のアカウントを閲覧する場合、相手のツイートに対していいねはできません(詳細)。

【Twitter】ログインしないでいいねはできない

いいねやリツイート、リプライはログイン後に利用できる機能です。ブラウザ版Twitterにログインせず相手のアカウントを見た際は、いいねなどは利用できません。

アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
9.34.4
Twitter
Android
9.65.5-release.0
EDITED BY
AO
KON