ソフトバンク解約時にメールを引き継ぐ方法、Gmailへの移行も可能

乗り換え・解約後もメールデータを残しておく方法は?

ソフトバンクからLINEMOや他の通信会社に乗り換えた場合、電話番号は引き継げますが、ソフトバンクメールのアドレスは継続して使用できません。

ソフトバンクの解約後は「@softbank.ne.jp」と「@i.softbank.jp」のアドレスが利用できなくなるだけでなく、サーバー上のメールデータも削除されてしまいます。そのため、解約前にメールのデータを退避させなければなりません。

本記事では、ソフトバンクメールのデータをバックアップ・復元する方法を解説します。フォルダごとGmailなど任意のアカウントに移動させることも可能なので、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンクメールは2種類

ソフトバンクには「@softbank.ne.jp」と「@i.softbank.jp」2種類のメールサービスが存在します。

ソフトバンクの2つのメールサービス
  Eメール(i) MMS、S!メッセージ
メールアドレス @i.softbank.jp @softbank.ne.jp(@.vodafone.ne.jp)
付与される端末 iPhone、iPad iPhone、iPad、Androidスマホ
利用できる端末 iPhone、iPad、パソコン iPhone、Androidスマホ1
メールの送受信 ソフトバンク回線のデータ通信、Wi-Fi通信 ソフトバンク回線のデータ通信のみ
データの保存先 サーバー 端末(未受信メールのみサーバーに保存される)
  • 1S!メール(MMS)どこでもアクセスに加入している場合はMy SoftBankサイトでも利用可能

それぞれまったく異なるシステムで運用されており、互換性もありません。したがって、どちらを使っているかによって、バックアップの必要性やその方法も違ってきます。

まずは、自身が使っているメールの種類や特徴をチェックしましょう。

「@softbank.ne.jp」アドレス

@softbank.ne.jp」は、iPhone、Androidスマホ問わずソフトバンク回線を契約しているユーザー全員に付与されるメールアドレスです。「S!メール」「MMS」とも呼ばれます。

iPhoneでは「メッセージ」アプリ、Androidスマホでは「Softbankメール」アプリもしくは「+メッセージ」アプリで利用します。

「@softbank.ne.jp」はもともとガラケーで提供されていたメールサービスです。そのため、ソフトバンクと契約している端末でしか送受信できなかったり、Wi-Fi通信では送受信できなかったりと、Webメールに比べて利用上の制約が多い仕様になっています。

iPhoneでは「メッセージ」アプリで@softbank.ne.jpアドレスのメール送受信をおこなう

Androidスマホでは「Softbankメール」アプリ(左)や「+メッセージ」アプリ(右)で利用する

「@softbank.ne.jp」アドレスでやりとりしたメールは、サーバーではなくスマホ内にアプリデータとして保存されます(一部を除く)。

ソフトバンクを解約するとメールの送受信はできなくなりますが、スマホ内に保存されているメールデータは消えません。当該アプリのアンインストールをしない限り、過去のメールはいつまでも閲覧し続けられます。

ただし、回線の乗り換え・解約だけでなく、機種変更も合わせておこなう場合、アプリデータは古い端末に残ったままになります。新しい端末に過去の送受信メール引き継ぎたいなら、バックアップの取得や復元などの対応が必要です。

「@i.softbank.jp」アドレス

「@i.softbank.jp」は、ソフトバンクで契約・端末購入したiPhone、iPadユーザーだけに付与されるメールアドレスです。「Eメール(i)」とも呼ばれます。

Wi-Fi環境でメールの送受信ができ、標準以外のメールアプリやパソコンのメールソフト(メーラー)でも送受信できます。

キャリアメールよりは、Webメールに近い存在といえるでしょう。

iPhone標準搭載の「メール」アプリの画面

すべてのメールデータはサーバーに保存されており、ユーザーは都度サーバーにアクセスしてメールを閲覧する仕組みです。

ソフトバンクを解約すると「@i.softbank.jp」アドレスによるメールの送受信ができなくなるだけでなく、サーバー上に保存されるすべてのメールデータが削除されてしまいます。

Android™ やケータイに機種変更された場合、または解約された場合、Eメール(i)のサービスはご利用いただけなくなります。メールアドレスはご利用できなくなり、サーバーにお預かりしているメッセージも削除されます。

「@i.softbank.jp」のアドレスを使っている場合は、以下の順番でメールデータを退避させてから解約手続きに進みましょう。

  1. 別のメールアカウントを作成
  2. メールアドレスの変更を各所に知らせる(Apple IDに設定している場合は変更)
  3. メールデータを他アカウントへ移行(後述
  4. ソフトバンクの解約

「@i.softbank.jp」のデータをGmailなどの別アカウントに移動させる

@i.softbank.jpアドレスの各フォルダは、標準搭載されている「メール」アプリを通して、「Gmail」や「iCloudメール」など別アカウントに移動できます。

過去のメールデータ(受信トレイ・送信済みトレイ・下書き・ゴミ箱など)を丸ごと移せるので、ソフトバンク解約後もスムーズに別アカウントに移行できるでしょう。

ソフトバンクメールとは別のメールアカウントを用意する

まずは、「@i.softbank.jp」のメールデータを移したいメールアカウントを用意しましょう。

iCloudメールアドレスを取得している場合は、iCloudメールを使っても構いません。そのほか、簡単な登録ですぐに取得できる「Gmail」や「Yahoo!メール」もおすすめです。

メールアドレスの変更を知らせる・各サービスのアドレス変更手続きをおこなう

解約後は「@i.softbank.jp」のアドレスは使用できなくなるので、このメールアドレスでやりとりしている知人・友人には事前に変更を知らせておきましょう。

また、登録しているサービスがある場合は、メールアドレスの変更手続きも忘れずにおこなってください。特にiPhoneの場合、「@i.softbank.jp」のアドレスをApple IDに設定している人も多いはず。ソフトバンク解約前に必ず変更しておきましょう。

iPhone標準の「メール」アプリに用意したアカウントを登録する

移行先のメールアカウントをiPhoneに登録します。

iPhoneの「設定」アプリを開き、メニューからメールを選択。アカウントをタップしてください。

アカウントを追加をタップしたら、任意のメールサービスを選択し、パスワード入力などで認証を済ませてください。

ここでは例として、Googleの提供する「Gmail」アカウントを使います。

上の画像のように、「メールボックス」画面にソフトバンクメールのほか、別のメールアカウントが表示されていれば、準備は完了です。

移行先のフォルダを用意しておくと便利

ソフトバンクメール専用のフォルダを用意しておくと、新しいメールデータと区別できて便利です。

メールアプリのトップ画面から編集新規メールボックスの順にタップ。

任意の名前に設定したら、保存先にソフトバンク以外のアカウントを選択します。最後に保存をタップすれば、新しいフォルダを作成できます。

ソフトバンクメールから任意のメールアカウントにデータを移動させる

ここまで準備ができたら、あとは簡単です。ソフトバンクメールの各フォルダを別アカウント(ここではGmail)に移していきます。

まずは、ソフトバンクメール上の受信フォルダを移動させます。

メールボックス画面で[i.softbank.jp]をタップ。「受信」画面が開いたら、右上の編集ボタンをタップしてください。

移動したいメールにチェックを入れましょう。

受信メール全部を移したい場合は、左上のすべてを選択ボタンをタップしてください。選択できたら、画面下部の移動ボタンを押します。

移動ボタンを押すとi.softbank.jpの各フォルダが表示されますが、ここはスルーして<戻るボタンやボタンをタップします。

するとメールアカウントの選択画面に移動するので、任意のメールアカウントを選んでください。ここではGmailを選びました。

最後に、メールを移動させたいフォルダを選択すれば、データ移動は完了です。同じ手順で「送信」「未送信」「ごみ箱」などのフォルダも移動させましょう。

なお、移動させたメールはi.softbank.jp上から消え、別のメールアカウントからのみ確認できるようになります。

「@softbank.ne.jp」のデータをバックアップ・復元する

機種変更で新しい端末にソフトバンクメールのデータを引き継ぎたい場合は、以下を参考にバックアップの取得と復元を試してみてください。

iPhoneでバックアップする

iPhoneでは「メッセージ」アプリで@softbank.ne.jpアドレスのメール送受信をおこなう

iPhoneでは、iCloudへのバックアップデータを作成した際に「メッセージ」アプリのデータもバックアップされます。

バックアップしたデータを新しいiPhoneで復元すれば、バックアップ時点の送受信メールをそのまま移行できます。

以下の記事を参考に、iCloudへバックアップと復元をおこなってみてください。

Androidスマホでバックアップする

Androidスマホでは「Softbankメール」アプリ(左)や「+メッセージ」アプリ(右)で利用する

Androidスマホの場合、「Softbankメール」アプリもしくは「+メッセージ」アプリを介してバックアップをおこないます。ただ、これらのアプリでバックアップしたデータは、同じ「Softbankメール」アプリ、「+メッセージ」アプリでしか復元できません。

Androidスマホのなかでも、これらのアプリをインストールできる機種はかなり限られています。新しい端末でいずれのアプリもインストールできない場合は、残念ながらバックアップしたデータの復元は難しいでしょう。

アプリ「SoftBankメール」をダウンロード
アプリ「+メッセージ」をダウンロード

「+メッセージ」アプリはキャリア3社共通の仕様になっているため、「+メッセージ(ドコモ)」「+メッセージ(au)」でもバックアップデータの復元が可能です。「+メッセージ」アプリでデータのバックアップをする場合は、以下の手順を参照してください。

「+メッセージ」アプリでバックアップ・復元する手順

+メッセージアプリを開き、「マイページ」タブのメニューから設定ボタン​を押してください。

続いて、メッセージバックアップ・復元の順にタップします。

「すべてのメッセージをバックアップ」にチェックを入れ、保存先を指定します。これでバックアップは完了です。

復元する際は、同じ手順でバックアップ・復元画面に進み、メッセージを復元するをタップしてください。

端末のファイルアプリなどが開くので「PlusMessage_〇〇.backup」といった名前のファイルを選択します。すぐにメールデータが復元されるはずです。

そして以降では、「Softbankメール」アプリを通じたメールデータのバックアップ・復元の手順を紹介します。

未受信メールがないか確認する

画面下部のメニューバーで[新着]ボタンをタップする

アプリに保存されますが、例外的に未受信メール(電源OFFや圏外で携帯電話に受信できなかったメール)は、一時的にサーバー上に保存されます。

サーバー上のメールは解約すると消されてしまうので、事前に未受信メールがないか、チェックしておきましょう。

「設定」タブから共通設定へ進む

「Softbankメール」アプリを開き、下部のメニューバーから設定ボタン​をタップ。共通設定に進みます。

指定したフォルダにバックアップデータを保存する

メール保存・読み込みバックアップ・復元するの順にタップします。

バックアップにチェックを入れ、保存先のフォルダを指定します。SDカードを指定しておくと、機種変更後の復元がスムーズでしょう。

SDカード非搭載のスマホの場合は、一度内部ストレージに保存してから、Googleドライブなどを経由して新端末にバックアップファイルを移行させてください。

バックアップしたデータを復元する

ここで「復元(専用フォーマット)」にチェックを入れて、[OK]をタップ。

端末のファイルアプリなどが開くので「sbmail_〇〇.mbk」といった名前のファイルを選択します。すぐにメールデータが復元されるはずです。

検証バージョン
ソフトバンク Xperia 5
Android
10
ソフトバンク iPhone 12
iOS
14.7.1
EDITED BY
MOEGI