Androidスマホで撮ったスクリーンショットの保存先はどこ?

Androidスマホで撮ったスクリーンショットの保存先はどこ?

Android 4.0以上から搭載された「スクリーンショット」機能。ちょっとしたメモ代わりに便利なため、使う機会も多いでしょう。ところが、いざ撮影したスクリーンショットを確認しようとして、保存場所が分からなくなってしまう人が少なくありません。

そこで本記事では、Androidスマホにおけるスクリーンショットの保存先や、見つけられないときの対処法について解説します。なお、スクリーンショットの撮影方法は下記記事で詳しく説明しているので、本記事では割愛します。

Androidスマホでスクリーンショットを撮影する方法──保存先の確認や全画面スクショも解説

スクリーンショットの保存先はどこ?

Android スクリーンショット 保存先

撮影したスクリーンショットは、スマホ本体の記憶領域である「内部ストレージ」という場所に保存されます。

ただ、Androidスマホの内部ストレージは構造が少々複雑で、同じ画像ファイルでも以下のように保存場所が異なります。また、機種ごとに保存されるフォルダが異なる場合もあるので、一口に「保存先」といっても様々なケースがあるのが現状です。

画像ファイルの保存先(一例)
  • スクリーンショットで撮影した画像:内部ストレージ>Pictures>Screenshots
  • カメラで撮影した画像:内部ストレージ>DCIM>100ANDRO
  • ブラウザからダウンロードした画像:内部ストレージ>Download
  • アプリからダウンロードした画像:内部ストレージ>Pictures>各アプリ名のフォルダ

スクショ画像の保存先は、機種ごとに大きく分けて(1)「Pictures」フォルダの「Screenshots」、もしくは(2)「DCIM」フォルダの2通りに大別されます。

Xperia・AQUOS・Pixel・arrowsなど多くのAndroidスマホは(1)のパターンを採用していますが、Galaxyなど「DCIM」フォルダに保存される機種も存在します。

スクリーンショット画像を確認する2つの方法

Android スクリーンショット 保存先

前述した通り、スクショ画像は内部ストレージに保存されます。一部の機種ではスクショ画像の保存先をSDカードに変更することも可能ですが、デフォルトの保存先は内部ストレージになっているはずです。

通常、内部ストレージは「ファイル管理アプリ」を使って閲覧・管理するものの、あまり馴染みがない人も多いでしょう。その点、多くのAndroidユーザーが使っている「Googleフォト」アプリ上でも、簡単にスクリーンショット画像を確認できます(その他のアルバム系アプリですぐに閲覧できるケースもあります)。

方法1:Googleフォトで確認する

Android スクリーンショット 保存先

スクリーンショットで撮影した画像は、Googleフォトに自動保存されると思われがち。しかし、Galaxyなど一部機種を除き、スクショ画像はGoogleフォトに自動的にアップロードされません。

というのも、Googleフォトの初期設定では前述した「DCIM」フォルダのデータが自動バックアップ(アップロード)の対象となっています。スクショ画像が「Pictures」フォルダに保存される機種の場合は、自動でアップロードの対象外になるため「フォト」タブの写真一覧にも表示されないのです。

Android スクリーンショット 保存先

Googleフォトの場合、スクリーンショット画像は「ライブラリ」タブの「Screenshots」フォルダから確認できます。なお、Googleフォト上にアルバムを作成している場合は、「デバイス内の写真」項目の中に「Screenshots」フォルダが隠れているので注意してください。

Android スクリーンショット 保存先

「Screenshots」フォルダを開くと、これまでに撮影したスクリーンショットをまとめて確認できます。

なお、画面上部の「バックアップと同期」スイッチをオンに切り替えると、Googleフォト上にスクリーンショット画像が保存(アップロード)され、「フォト」タブにも表示されるようになります。

同期することでインターネット(クラウド)上にデータを保管しておけるので、内部ストレージの容量節約に効果的でしょう。そのほかにも、スマホの紛失や故障といったトラブルからデータを守れたり、パソコンやタブレットなどからもアクセスできたりと、さまざまなメリットがあります。

方法2:ファイル管理アプリで確認する

Android ダウンロード 保存先Android ダウンロード 保存先Android ダウンロード 保存先

左:「ファイル」アプリ(Pixel・Xperia・ARROWS)中:「Files」アプリ(AQUOS・Pixel・Xperia)右:「マイファイル」(Galaxy)

前述した通り、スクリーンショット画像は「内部ストレージ」に保存されます。内部ストレージに保存されているデータは、すべてファイル管理アプリを使って簡単に閲覧できます。

上の画像の通り、機種ごとにプリインストールされているファイル管理アプリを開きましょう。標準搭載のアプリが使いづらい場合は、好みのファイル管理アプリをインストールしてください。

Android スクリーンショット 保存先Android スクリーンショット 保存先

左:「ファイル」アプリの場合は、メニューボタン[]→[画像]の順にタップ右:スクリーンショット画像が一覧で表示される

仕様はアプリごとに異なりますが、多くのケースでメニューやトップ画面などの分かりやすい場所に[画像]という項目があるので、これを選択します。画像カテゴリから、[Screenshots]をタップすると撮影したスクリーンショット画像をまとめて確認できる仕組みです。

目当てのものが見つからない場合は「更新日時順」に並び替えてみると、直近で撮影したものを見つけやすいでしょう。

撮影したスクリーンショットが見つからない場合の原因と対処法

上記の方法でも撮影したスクリーンショットが見つからない場合、そもそもスクリーンショット撮影がうまくできていない可能性があります。

空き容量不足で撮影エラーになっている

Android スクリーンショット 保存先Android スクリーンショット 保存先

Androidスマホのストレージの空き容量が不足していると、撮影したスクリーンショットが保存できません。この場合、撮影後にバナーで容量不足で保存できなかった旨が表示されるはずです。

このメッセージが表示されたら、端末の「設定」→[ストレージ]→[内部ストレージ]の順にタップして容量がどの程度あるのか確認し、少ない場合は不要なアプリやデータを削除するか、SDカードに移しましょう。

キャプチャ画像を誤って削除してしまっている

Android スクリーンショット 保存先

機種によっては、スクリーンショット撮影後に「スクリーンショットを保存しました」といった内容のバナーが表示されます。撮影直後に編集や共有画面に移動できて便利な機能である一方、誤って[削除]をタップしてしまうとスクショ画像は保存されずに消えてしまいます。

削除した画像はどこにも保存されないため、復元することもできません。スクショの撮影後は[削除]をタップしないように注意しましょう。

スクショが制限されているアプリ・サービス

Android スクリーンショット 保存先

スクリーンショットの機能を無効にしているサイト・アプリの場合、スクリーンショット操作をおこなってもエラーが表示されて撮影ができません。電子書籍や動画など著作権のあるコンテンツを配信しているサービス、またセキュリティの厳しい銀行アプリ・サイトなどでよくあるケースです。

この場合、ユーザー側ではどうすることもできないので対処方法もありません。

検証端末:AQUOS sense plus(Android 10)、Xperia 5(Android 10)、Pixel 4a(Android 11)、Galaxy A20(Android 10)

EDITED BY
MOEGI