怪しい業者を除外、Amazonの商品検索で出品者を絞り込む方法

怪しい業者を除外、Amazonの商品検索で出品者を絞り込む方法

Amazonで商品を探そうとしたときに、聞いたことのないメーカーや怪しげな出品者からの商品がたくさん出てきて困った経験はないでしょうか。こういった商品は相場よりも安い場合もありますが、すぐ壊れてしまうなど品質面に問題があるケースもあるようです。

そこで本記事では、Amazonの検索結果から怪しげな出品者を除外して、Amazon.co.jpが出品している商品のみに絞り込む方法を紹介します。

ブラウザのアドレスバーを使って出品者を絞り込む

かつてはAmazonで「イヤホン」や「マウス」といったキーワードだけで検索しても、国内外の信頼できるメーカーの商品がヒットしました。

しかし、ここ最近では単にキーワードで検索するだけだと、怪しげな商品が数多く出てきてしまい、まともな商品を探すだけでも一苦労です。検索結果に「令和最新版」「最新進化型」といった文句がズラッと並んで、げんなりした経験があるのは筆者だけではないでしょう。

Amazon 出品者絞り込み

ブランド別の絞り込みは可能だが……

Amazonの検索結果では、ブランドやメーカーを選択して絞り込むこともできますが、複数のメーカーの商品を横断的に比べたい人や、希望のメーカーが特に決まっていない人には向きません。

そこで試したいのが、Webブラウザのアドレスバーを利用した出品者の絞り込みです。Amazon.co.jp以外が販売する商品は検索結果から除外されるため、怪しげな出品者による商品たちが検索結果を邪魔することはなくなります。

Amazonによる大規模セールのときなどにも非常に有用な方法なので、活用すれば効率的に良い商品を見つけられるようになるでしょう。

Amazonタイムセール「通知」で割引商品を見逃さない方法

Amazonの検索結果で出品者を絞り込む方法

Amazonで出品者をAmazon.co.jpに絞り込む方法はとても簡単。一度キーワード検索をおこない、検索結果の画面のURL末尾に「&emi=AN1VRQENFRJN5」の文字列を付け足して再度アクセスするだけです。

本記事で紹介する絞り込み方法はブラウザのアドレスバーを使うため、「Amazonショッピングアプリ」での利用はできません。

1ブラウザでAmazonにアクセスする

Amazon 出品者絞り込み

まずは、SafariやChromeなどのWebブラウザでAmazonサイトにアクセスします。

Amazon

2検索欄からキーワード検索をする

Amazon 出品者絞り込みAmazon 出品者絞り込み

いつものように画面上部の検索欄からキーワード検索をおこないます。今回は「イヤホン」というキーワードで検索してみました。

通常のキーワード検索では、上の画像のように有象無象の出品者による怪しげな商品が検索結果に多数見られます。

3アドレスバーの最後に「&emi=AN1VRQENFRJN5」を入力する

Amazon 出品者絞り込みAmazon 出品者絞り込み

先ほどの検索結果の画面で、アドレスバーをタップします。アドレスバーへの入力画面に移るので、現在のURLの最後に「&emi=AN1VRQENFRJN5」を追加してください。少し長いため手入力ではなく、コピーしてペーストしたほうが簡単で打ち間違いの心配もないでしょう。

文字列を入力または貼り付けしたら、決定ボタンでページの再読み込みをしてください。

4検索結果がAmazon.co.jp販売の商品だけになる

Amazon 出品者絞り込み

ページの再読み込みをすると、先ほど検索したキーワードのまま、検索結果がAmazon.co.jpの販売する商品だけに変更されます。商品のメーカーを見るだけでも、Appleやソニーなどの有名メーカーが並んでいるのが分かります。

Amazon 出品者絞り込み

試しに適当な商品を開いて見ると、出品者がAmazon.co.jpになっていることが確認できます。

EDITED BY
TOKIWA