ANA、国内線でも機内Wi-Fiを提供へ

2014-10-09 12:29
記事タイトルとURLをコピーする

ANA Wi-Fiサービス

全日本空輸(ANA)は国際線に続いて、国内線においても機内Wi-Fiサービスを提供することを発表しました。

国内線での対象機材は、ボーイング787-8、787-9、777-200、777-300など合計約100機となる予定。ただし、提供開始時期は2015年度内としており、まだしばらく先の話といえそうです。

また、すでに国際線で提供中の「ANA Wi-Fiサービス」の対象機材をボーイング787-8、787-9などに拡大し、合計約60機で利用できるようになります。

気になる料金などの詳細については、まだ明らかになっていません。なお、国内線の機内Wi-Fiでは、すでに2014年7月より導入済みのJALが30分あたり400円(この他のプランもあり)、またスカイマークは無料での提供となっています。