JAL、国内線初の機内Wi-Fiを7月23日より提供開始

2014-07-01 6:22
記事タイトルとURLをコピーする

JAL SKY Wi-Fi

日本航空は、国内線で初となる機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を7月23日より導入する。

7月23日時点での対象は、東京(羽田)⇔大阪(伊丹)線、東京(羽田)⇔福岡線、東京(羽田)⇔函館線の新仕様機材「JAL SKY NEXT」運航便となる。8月からは、東京(羽田)⇔札幌(新千歳)線の一部でも導入予定だ。

JAL SKY Wi-Fi

JAL SKY Wi-Fiは、自身のスマートフォン、タブレット、ノートPCなどのWi-Fi対応端末でインターネット接続がおこなえるほか、ビジネス番組などの映像コンテンツ、JTBパブリッシングによる観光地情報(SKYるるぶ)などが無料で閲覧できる。

料金は「時間制プラン」と定額制の「フライトプラン」の2種類から選択できる。時間制プランは路線、利用機器にかかわらず均一料金となり、30分あたり400円(税込)。

JAL SKY Wi-Fi

またフライトプランは、1フライトあたりの料金で使用時間の制限はなく、450マイル以下(羽田⇔大阪など)のフライトで500円、451~650マイルのフライト(羽田⇔福岡/札幌など)で500円/700円(スマホ/タブレット)、651マイル以上のフライト(羽田⇔沖縄など)で700円/1,200円(スマホ/タブレット)となる。