ドコモ、実質負担金0円でiPhone 5s・iPhone 5cを販売へ dマーケットも利用可能に

2013-09-13 9:45
記事タイトルとURLをコピーする

ドコモ iPhone

ドコモは20日に発売する新型iPhoneを実質負担金0円で販売する方針のようだ。SankeiBizが13日、報じた。

SankeiBizによれば、実質0円で販売する端末には、廉価版のiPhone 5cの16GBモデルと32GBのみならず、最新機能を搭載するiPhone 5sの16GBモデルも含まれるようだ。これまでドコモはスマートフォンを実質負担金0円で販売開始したことはない。iPhone新規契約の販売ノルマが4割に設定されているとの話もあり、SoftBank・KDDIとの競争上、二社同様に実質0円でiPhoneを販売する必要に迫られたようだ。

また、既報の通り、iPhoneでもコンテンツ配信プラットフォーム「dマーケット」が利用可能となる見通し。

iPhone 5cの予約受付が本日開始されることに合わせて、本日中に各社から端末価格や料金プラン、乗り換えプランなどが発表される予定だ。