Twitterで動画を投稿する方法──時間・サイズ・形式なども解説

投稿できる動画の再生時間、サイズ、ファイル形式は?

Twitter(ツイッター)では、テキストや画像のほかにも動画を投稿できます。動画は再生時間の長さやサイズ(容量)、ファイル形式が決められており、規定の仕様に沿っていないと投稿できません。

本記事では、Twitterに投稿できる動画の長さ・サイズ・ファイル形式の仕様を解説したうえで、動画投稿のやり方などを紹介しています。

Twitterの動画投稿の仕様

まずはじめに、Twitterで動画を投稿する際の仕様を紹介します。対応しない動画は投稿できないことがあるので注意しましょう。

投稿できる動画は最大140秒まで

投稿できる動画の長さは最大140秒

1度の投稿に添付できる動画の再生時間は、最大で140秒(2分20秒)までです。それ以上の動画を投稿する際は、140秒以内にカットする必要があります。

なお、1つの投稿に複数の動画を添付することはできません。

ブラウザで投稿する際のサイズは512MBまで

ブラウザで動画を投稿する際、その容量は最大512MBまでとなっています。それ以上のサイズの動画は投稿できません。

なお、ブラウザから投稿できる動画の解像度と縦横比は以下の通りです。

  • 最小解像度:32×32
  • 最大解像度:1920×1200および1200×1900
  • アスペクト比:1:2.39~2.39:1の範囲(上下限値を含む)
  • 最大フレームレート:40fps
  • 最大ビットレート:25Mbps

投稿できる動画の形式は「MOV」「MP4」

Twitterに投稿できる動画の形式は「MOV」と「MP4」のみです。

「mp3」「m4p」「wmv」「avi」などのファイル形式の動画は投稿できません。

Twitterにおける動画投稿のやり方

Twitterアプリ(iOS版/Android版)およびPCブラウザにて、動画を投稿する方法を紹介します。

スマホアプリから投稿する(iPhone/Android)

  1. タイムラインで投稿ボタンをタップし、投稿画面で画像ボタンをタップ

    まずタイムラインで投稿ボタンをタップし、投稿画面で画像ボタンをタップします。

  2. 投稿したい動画を選択

    iOS版アプリの場合。「ビデオ」に絞り込むと目当ての動画を探しやすい

    iOS版アプリの場合、[すべての画像]→[ビデオ]とタップすると、スマホ内に保存されている動画のみ表示できます。

    Android版アプリの場合。フォルダを指定して動画を探す

    Android版アプリであれば、[ギャラリー]から[Download]あるいは[Camera]などのフォルダに絞り込んで動画を探せます。

  3. 動画の再生尺を調整

    編集画面で投稿する動画の再生尺を調整します。画面下部にあるゲージの左右を動かし、再生位置や終了位置を調整したら画面右上の[切り取り]をタップしてください。

    140秒以下の動画で再生尺を調整せずそのまま投稿する場合は、ゲージには触らず[完了]をタップすればOKです。

  4. 動画を投稿する

    あとは通常の投稿と同様、必要に応じてテキストを入力して投稿すれば完了です。

投稿画面から動画を撮影して投稿も可能

端末内に保存されている動画を添付するだけでなく、投稿画面からその場で動画を撮影して投稿することも可能です。

投稿画面でカメラボタンをタップすれば、カメラが起動します。[動画]を選択後、撮影ボタンをタップすると撮影が始まり、停止ボタンをタップすると撮影が終了します。[動画を使う]をタップすれば、撮影した動画が投稿画面に添付されます。

PCブラウザから投稿する

投稿画面に動画をドラッグ&ドロップする方法が最も手早い

PCブラウザから動画を投稿する際は、投稿画面に動画をドラッグ&ドロップすれば簡単に添付できます。

画像ボタンをタップすると、フォルダを選択する画面が表示される

画像ボタンをクリックし、動画が格納されているフォルダを選択する方法でもOKです。

あとはテキストを入力して[ツイートする]をクリックすれば投稿されます。

Twitterの動画投稿に関してよくある疑問と答え

Twitterで動画を投稿する際によくある疑問点とその答えをまとめています。

動画を投稿できない?

前述したように、動画の再生時間やサイズ、ファイル形式を見直してみてください。

Twitterに投稿できる動画の再生時間は最大140秒、サイズは512MBまで、ファイル形式はMOVまたはMP4と規定されています。投稿しようとしている動画が仕様から外れていないか確認しましょう。

それでも投稿できない場合は、アプリや端末の再起動、アプリのアップデート、アプリの再インストールも試してみてください。

再生時間が45秒になってしまう?

45秒以上の動画を選択した際は、編集画面で再生時間を任意の尺に調整しましょう。

45秒を超える動画を選択した場合、初期状態では動画の再生時間が45秒に設定されています。

編集画面でゲージの左右を動かし、再生尺を調整すれば45秒以上の動画を投稿できます(最大140秒まで)。

140秒以上の動画は投稿できる?

Twitterで140秒の以上の動画を投稿する方法はありません。

どうしても140秒以上の動画を投稿したければ、YouTubeなどの動画サイトにアップロードし、そのURLを貼り付けるなどの方法を試してみましょう。

投稿された動画を保存(ダウンロード)できる?

Twitterに動画を保存する機能は備わっていません。保存するには、外部アプリを利用しましょう。

Twitterに投稿された動画を保存する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
8.81
Twitter
Android
9.9.0-release.00
EDITED BY
AO