Twitterの「センシティブな内容」とは? 設定を解除して見る(表示)/非表示にする方法

Twitter「センシティブな内容」とは? 設定を解除して見る方法

Twitterの投稿で画像の代わりに「センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」というメッセージが表示されることがあります。何やら恐ろしいものにも思えますが、芸能人や友達の投稿に表示されるとどんな内容の画像なのかと見たくなるのが正直なところです。

そこで本記事では、ツイッターで「センシティブな内容(画像・動画)」と表示される理由や、ツイートを表示するための設定を解説します。また、センシティブな内容の画像を非表示にする設定についてもあわせて紹介します。

Twitterの「センシティブ」とは? その基準

Twitterでは「センシティブな内容」として定めているものに対して、画像が表示される前に警告メッセージを表示するようにしています。

Twitter センシティブな内容とは

Twitterが定めている「センシティブな内容」とは以下の5つです。

  • 写実的な暴力表現
  • 成人向けコンテンツ
  • 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ
  • グロテスクなコンテンツ
  • ヘイト表現を伴う画像

上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、ツイートの画像を表示するかわりに警告メッセージが表示されることがあります。とはいえ、警告を表示された画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、なんてこともよくあります。

Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法

センシティブ警告のメッセージが表示されている画像を見たい場合は、Twitterでそれらを表示するためのセキュリティ設定をおこなう必要があります。利用デバイスによって方法が異なるので、それぞれ紹介していきます。

iPhoneで表示する場合

Twitter 設定

まずは警告メッセージをタップし、メッセージの下に表示されている[設定を変更]をタップします。

すると、Safariなどのウェブブラウザに切り替わり、Twitterの画面が表示されます(iPhoneの場合、Twitterアプリでは設定を変更することができないため、SafariやChromeといったウェブブラウザに移動して設定します)。

Twitter 設定

ブラウザ版Twitterでログインをしたことがない人は、新たにTwitterにログインをしてから設定をおこないます。

Twitter 設定

「プライバシーとセキュリティ」という画面が表示されるので「セキュリティ」項目にある[センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する]にチェックを入れます。

以上で設定は完了です。

Androidスマホで表示する場合

Androidでは、Twitterアプリが最新バージョンであれば簡単に設定を変更できますから、旧バージョンのアプリを利用しているならアップデートしてください。

Twitter 設定 Android

Android版Twitterアプリでは、警告メッセージに表示されている[センシティブな画像/動画を表示]をタップすることで設定を変更できます。これは、当該のツイートを見る際の1回限りの設定ではなく、以降すべてのツイートに適用されます。

また[表示する]をタップすれば、当該ツイートに限って画像を見ることができます。

PC(パソコン)の場合

Twitter 設定 PC

パソコンで当該ツイートのみのセンシティブ画像を見たい場合は、[表示]をタップしてください。

今後、センシティブな内容を閲覧できるよう設定する場合、警告メッセージに表示されている[設定を変更]をクリックします。

Twitter 設定 PC

すると「プライバシーとセキュリティ」に画面が切り替わります。

Twitter 設定 PC

「セキュリティ」の項目にある[センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する]にチェックを入れます。

以上で設定は完了です。

センシティブな内容の画像・動画を非表示にする方法

不快に感じる画像が表示されてしまう場合などは、センシティブな内容の画像を非表示にする設定をすることで、それらのツイートを排除できる可能性があります。しかし、たとえ設定したとしても不快に感じる画像が表示されてしまうことがあり、その場合は運営に通報したり、ミュートしたりする手もあります。

センシティブな画像・動画を非表示にする設定

センシティブな画像を非表示にする手順は、センシティブな内容を表示するときと反対の設定をおこないます。

Twitter 設定 センシティブな内容の画像を非表示にする

Twitterアプリのアイコンメニューから[設定とプライバシー]をタップします。

Twitter 設定 センシティブな内容の画像を非表示にする Twitter 設定 センシティブな内容の画像を非表示にする

[プライバシーとセキュリティ]へと進んで、「セキュリティ」の項目にある[センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する]のチェックを外します。これで、センシティブな内容と定められている画像は表示されなくなります。

なお、Androidスマホではアプリ上で設定をすることができますが、iPhoneではアプリ上で設定できないため、ウェブブラウザでTwitterを開いて設定してください。

それでも表示される場合は運営に「通報」も可能

センシティブな内容を非表示にする設定をした後でも、不快に感じる画像が表示されてしまうことがあります。そのような画像を非表示にしたい場合、運営に通報することも可能です。

Twitter 設定 センシティブな内容の画像を非表示にする Twitter 設定 ツイートを報告

運営に報告をするには、不快に感じるツイートの右上に表示されている[∨]マークをタップします。そして「ツイートを報告」から[センシティブな画像を表示している]をタップします。

Twitter 設定 ツイートを報告

これで通報が完了です。通報をするとツイートしたアカウントをブロック、またはミュートするかどうかを尋ねられます。必要がある場合はブロック、またはミュートをしましょう。

これらの動作をおこなうと、通報をしたアカウントのツイートはタイムラインに表示されなくなります。ブロックした場合、そのことが相手に知られてしまうことがあります。それが気になる場合は、ミュートを選択するといいでしょう。

Twitter 設定 ツイートを報告後

タイムラインに戻ったあとは、通報したツイートの代わりに「このツイートを報告しました」というメッセージが表示されます。再度そのツイートを見たい場合には、メッセージにある[表示]をタップしてください。

特定キーワード/アカウントを見たくなければ「ミュート」も

特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示したいときは、「ミュート」設定をおこなうことによって相手に知られることなくツイートを非表示にすることができます。

設定の詳細は、以下の記事を参照してください。

【Twitter】3つのミュート機能を徹底解説──ブロックとの違い(特徴や確認方法の有無)から個別の使い方まで

自分のツイートにセンシティブ警告が出ないようにする方法

フォロワーから、普通の写真なのに「センシティブ」と表示されて画像を見ることができない、と指摘されたことがある人もいるのではないでしょうか。その場合、投稿する側でツイートに警告が出ないよう設定する必要があります。

Twitter 設定

設定を変更するには、自分のアイコン画像をタップしてメニュー画面を開きます。「設定とプライバシー」から[プライバシーとセキュリティ]をタップし、「セキュリティ」の項目を確認します。

ここで[ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する]にチェックが入っている場合、画像を投稿する際に警告メッセージが出てしまうことになります。チェックを外しておきましょう。

EDITED BY CK