Twitter「センシティブな内容」とは? 設定を解除して見る(表示)/非表示にする方法

iPhoneとAndroidスマホで設定方法が違うので注意

Twitter(ツイッター)のタイムライン上で画像の代わりに「この画像/動画はセンシティブな内容を含んでいる可能性があります。」といったメッセージが表示されることがあります。何やら恐ろしいものにも思えますが、芸能人や友達の投稿に表示されるとどんな内容の画像なのか見たくなるのが正直なところです。

そこで本記事では、特定のツイートに「センシティブな内容(画像・動画)」と表示される理由や、そうした投稿を設定解除して表示する方法を解説。また、センシティブな内容の画像を非表示にする方法についても紹介します。

Twitterの「センシティブ」とは? なぜ表示される?

Twitterでは「センシティブな内容」として定めているものに対して、画像やツイートが表示される前に警告メッセージを表示するようにしています。

「センシティブな内容」が含まれているツイートに表示される警告メッセージ

Twitterが定めている「センシティブな内容」とは以下の5つです。

  • 写実的な暴力描写
  • 成人向けコンテンツ
  • 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ
  • グロテスクなコンテンツ
  • ヘイト表現を伴う画像

ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースも少なくありません。

なお、iOS版Twitterアプリの仕様として、センシティブな内容とされた画像や動画が含まれるツイートは、本文も警告メッセージで隠されてしまいます。画像や動画のみが非表示となるAndroid版やブラウザ版とは異なり、当該ツイートについて一切の情報を確認できない点は少々不便です。

Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法

「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。デバイス(iPhone/Androidスマホ/PC)により設定手順が異なるので、それぞれ紹介します。

iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示する

iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の設定を変更をタップしてください。

すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。

WebブラウザでTwitterが開く

ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。

ブラウザ上で「プライバシーとセキュリティ」という画面が表示されたら表示するコンテンツを選択。続いて「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れます。

以上で設定は完了です。

Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する

Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。

Twitterアプリ内の設定を変更する

Twitterアプリのメニュー画面から、設定とプライバシーを開きます。設定項目の中からプライバシーとセキュリティを選択してください。

「セキュリティ」の項目内に「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のスイッチがあるので、タップしてオンにします。これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。

ツイートの警告メッセージから設定を変更する

Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。

センシティブな内容を含む投稿に表示されている警告メッセージには、表示するセンシティブな画像/動画を表示の2つのボタンがあります。

表示するをタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。センシティブな画像/動画を表示では、センシティブな投稿の表示設定が変更され、以降すべてのツイートの画像や動画が表示されます。

PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する

PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。

表示をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。

一方で設定を変更をクリックすると、設定変更画面に遷移します。「セキュリティ」項目のから表示するコンテンツを選択してください。

最後に「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」のチェックボックスをクリックしてオンにすれば、設定は完了です。

解除設定がなぜか英語表示になってしまう場合の対処法

「センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートです」という表示から設定変更の画面へ遷移した際、なぜか英語表示になってしまい、ツイートを表示する方法がわからないという声も耳にします。

この場合、英語表記のままセンシティブ表示の設定をオンにするか、言語設定を日本語表記に切り替えて日本語環境でセンシティブ表示を有効化します。

ここでは、スマホブラウザ版Twitterにおける手順を解説しています。

英語表記のまま設定をおこなう

「Privacy and safety」の画面で[Content you see]をタップし、次の画面で「Display media that contain sensitive content」にチェックを入れるだけです。

これで、センシティブな内容を含むコンテンツも表示されるようになります。

設定画面を日本語表記に切り替える

「Privacy and safety」の画面で左上の[←]をタップし、続けて[Accessibility, display, and languages]を選択します。

次の画面で[Languages]に進み、[Display language](Englishと表示されている)をタップしたら表示言語を変更できるようになります。

あとは「Display language」のところで[Japanese - 日本語]を選択して[Save]をタップすればOK。表示言語が日本語に切り替わります。

あとは[←]で「設定」の画面まで戻ります。

そこから[プライバシーとセキュリティ]→[表示するコンテンツ]と進み、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」の項目をオンにすれば設定完了です。

センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法

不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。

センシティブな画像や動画を非表示にする設定

センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。

iPhone/PCの場合

iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、PCと同じく下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。

Twitterの設定から設定とプライバシープライバシーとセキュリティと進みます。「Twitterアクティビティ」内の表示するコンテンツを選択し、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」のスイッチをオフにして非表示設定は完了です。

Androidスマホの場合

以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。

Twitterのメニューから設定とプライバシーをタップし、プライバシーとセキュリティを開いてください。

「セキュリティ」の項目にある「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」の設定をオフにします。これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。

それでも表示される場合は「通報」も可能

上記の設定をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。

まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にあるメニューボタン​(Android版は)​をタップ。画面下部からメニュー画面が出現するので、ツイートを報告(する)を選択します。

ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。不愉快な画像や動画を通報する際は、センシティブな画像または動画を表示しているをタップします。

続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。

ボタンを押すとブロックかミュートができる

これで、ツイートの通報は完了です。完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。

ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。

通報したツイートは、タイムライン上で「You reported this Tweet.」というメッセージに覆われて表示されます。通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にあるViewをタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。

特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利

特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。

自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法

普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。

Twitterのメニュー画面から設定とプライバシーを開き、設定項目からプライバシーとセキュリティを選択してください。

「セキュリティ」の項目内の「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」をオフにしたら設定完了です。

これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
8.71
Twitter
Android
8.99.0
EDITED BY
TOKIWA