TwitterのDMを既読をつけずに読む方法

Twitterのダイレクトメッセージ(DM)に既読をつけずに読む方法

Twitterにはダイレクトメッセージ(DM)機能があり、ユーザー同士でチャットをしたりグループを作って連絡を取り合ったりできます。このDM機能には既読を通知する機能が搭載されており、ユーザー同士がメッセージを読んだかどうかを把握できるようになっています。とはいえ、やはり既読をつけないで相手のメッセージを読みたいというケースも多いでしょう。

ツイッターのDMは親切なことに、既読通知機能をオフに設定できるようになっています。本記事では、TwitterのDMで既読通知機能をオフにすることで、既読をつけずにメッセージを読む方法を解説します。また既読通知をオフにした場合、相手にはどのように表示されるのかも紹介します。

TwitterのDMは「既読通知」機能をオフにすれば既読がつかない

LINEの既読とは異なり、TwitterのDMでは既読が相手に通知されるのを設定で無効にできます。既読通知をオフにしてしまえば、「既読をつけたからすぐに返信しないと」といった面倒な気遣いから解放されます。

LINEで既読をつけずに読む7つの方法

Twitterの既読通知は1対1のDMの場合、どちらかがオフにしていれば、どのDMでも双方に適用されます。つまり、自分のアカウントで既読通知機能をオフにしてしまえば、誰とメッセージをやりとりしても互いに既読の通知はされないというわけです。

相手から送られてきたメッセージに既読がつかない

既読通知機能がオフの状態で相手から送られてきたDMのメッセージを開いても、相手に既読かどうかは通知されません。仮に相手が既読通知の機能をオンにしていても、こちらの設定でオフになっていれば既読通知はされないので安心してください。

自分の送ったメッセージが読まれたかも分からない

Twitter DM 既読をつけずに読む

送ったメッセージを一度タップすると相手が既読かどうかが分かる

DMの既読通知機能がお互いでオンになっていると、自分の送ったメッセージが相手に読まれたかを確認できます。

送ったメッセージを一度タップして相手に読まれた場合は「既読」と表示されます。まだ読まれていない場合は「送信済み」と表示されます。

Twitter DM 既読をつけずに読む

既読通知機能をオフにすると「送信済み」とのみ表示され、既読かどうかは分からない

既読通知機能をオフにすると、送ったメッセージが読まれても読まれていなくても「送信済み」とだけ表示されます。既読なのに返信がなくてやきもきしてしまうのが嫌な人は、既読通知機能をオフにしてしまいましょう。

TwitterのDMの既読通知をオフにする方法(既読がつかない設定)

iPhoneやAndroidスマホの「Twitter」アプリや、PC(パソコン)のブラウザからツイッターDMの既読通知機能をオフにする手順を解説していきます。

スマホのTwitterアプリで既読通知機能をオフにする

スマホのTwitterアプリでは、アカウント設定とDM設定のどちらからでも既読通知機能をオフにできます。

アカウントの設定から既読通知機能をオフにする手順

Twitter DM 既読をつけずに読む Twitter DM 既読をつけずに読む

スマホのTwitterアプリから既読通知機能をオフにするには、まずホーム画面上部にある自分のアイコンをタップして[設定とプライバシー]を開きます。

Twitter DM 既読をつけずに読む

「設定通知を表示」をオフにする

iOS版のTwitterアプリを使用している場合は、「ダイレクトメッセージ」内の[既読通知を表示]をオフにすれば設定完了です。

Twitter DM 既読をつけずに読む Twitter DM 既読をつけずに読む

Android版のTwitterアプリを使用している場合は、[ダイレクトメッセージ]をタップして[既読通知を表示]をオフにしてください。

DMの設定から既読通知機能をオフにする手順

Twitter DM 既読をつけずに読む

まず、Twitterアプリのホーム画面右下の「メッセージ」タブを選択します。

Twitter DM 既読をつけずに読む Twitter DM 既読をつけずに読む

メッセージ一覧の右上にある設定ボタン[]をタップし、「メッセージの設定」内の[既読通知を表示]のトグルをオフにします。

DMの設定からのほうが、アカウント設定から既読通知機能をオフにするよりも少ない手順で既読通知機能をオフにできます。

PC(パソコン)のブラウザで既読通知機能をオフにする

PCのブラウザからもDMの既読通知機能をオフにできます。

Twitter DM 既読をつけずに読む PCブラウザ

ブラウザからTwitterにアクセスし、ホーム画面左の[もっと見る]をクリックします。

Twitter DM 既読をつけずに読む PCブラウザ

ホップアップで表示されるメニューから[設定とプライバシー]を選択してください。

Twitter DM 既読をつけずに読む PCブラウザ

設定画面に移行するので[プライバシーとセキュリティ]に進んで、[既読通知を表示]のチェックボックスを外せば設定完了です。

iPhoneならDM長押し(3D Touch)でも既読をつけずに読める

iPhone 6s以降に搭載された3D Touch機能を使えば、既読通知をオフにしていなくても、TwitterのDMメッセージを既読をつけないで読めます。

Twitter DM 既読をつけずに読む 3D Touch Twitter DM 既読をつけずに読む 3D Touch

左:読みたいメッセージを押し込むようにタップ右:このように表示されたら指の力を弱める

具体的には、既読をつけずに読みたいメッセージを強く押し込むようにタップします。ホップアップのようにメッセージが表示されたら、指の力を弱めて内容を確認してください。

そのまま強く押し込んでいると、メッセージが開いてしまい既読をつけてしまうことになるので注意しましょう。

既読をつけないでツイッターのDMを削除する方法

知らないユーザーからのメッセージや不愉快な内容のメッセージなどは、TwitterのDMメッセージ一覧から開かずに削除できます。

Twitter DM 既読をつけずに削除 Twitter DM 既読をつけずに削除 Twitter DM 既読をつけずに削除

iOS版アプリでは、メッセージ一覧から消したいメッセージを左にスワイプし、ゴミ箱マークをタップ。確認のメニューで[削除]を選択すれば削除できます。

Twitter DM 既読をつけずに削除 Twitter DM 既読をつけずに削除

Android版アプリでは、消したいメッセージを長押しします。表示されたメニューから[会話を削除]を選択し、確認のメニューで[削除]で完了です。なお、メッセージを削除しても相手には通知されないので、削除自体はバレることなくおこなえます。

もちろん、メッセージを開いてしまうと既読がついてしまうので、内容をすべて確認したいなら既読通知の設定をオフにしてから削除しましょう。

TwitterのDMを削除する方法──相手側からもメッセージは消せるのか

検証したTwitterのバージョン:iOS版7.56.5、Android版8.9.0

EDITED BY TOKIWA