【実録】Androidスマホのアップデートに失敗したときの復旧方法

アップデート後、再起動ループやフリーズ状態になったらどうする?

Androidスマホでシステムアップデートが正常に完了できないと、「ソフトウェアのインストールが失敗しました」「システム更新に失敗しました」というメッセージが表示されます。

それだけならまだいいのですが、厄介なのはアップデート後に「何回も再起動を繰り返す」「フリーズして動かなくなる」といった不具合が発生するケースです。筆者も過去にアップデートに失敗し、端末を起動できなくなった経験があります。

そこで本記事では、筆者が同様のトラブルに見舞われたとき実際に解決できた方法ベースに、アップデートに失敗した場合に試したい対処法をまとめました。

アップデートが失敗する原因とは?

アップデートに失敗して起動障害が起きてしまう原因はさまざま。最も多いと考えられるのは、内部ストレージの容量不足です。

実は、システムアップデートをするには、更新ファイルのサイズに加え、それを展開し起動するための容量も必要です。OSを起動させられるだけの容量が残っていないと(目安として10%以下)、再起動ループやフリーズが起きてしまう可能性があります。

もしくは、もともと端末に欠陥(基盤やSDカードの故障など)があり、システムの更新がきっかけで不具合が発現したのかもしれません。提供されているアップデートファイル自体にトラブルが起きている場合もあります。

いずれにしても原因の特定は難しく、復旧するにはキャリアやメーカーに問い合わせるのが最善ですが、それが難しいなら改善の可能性がある方法を試すしかありません。

アップデートに失敗してスマホが起動できなくなったときの対処法

筆者が過去にAQUOS端末をアップデートした際、起動する→docomoロゴが出る→AQUOSロゴが出る→すぐ電源が落ちる→起動する……といういわゆる「ロゴループ/再起動ループ」状況に陥ったことがありました。このとき試したことは以下のとおりです。

  1. 提供されているアップデートファイル自体に不具合がないか調べる
  2. ひとまず充電器につなげる
  3. パソコン経由でソフトウェアを修復する
  4. 端末を強制再起動させる
  5. 電源を落としてSDカードを抜いた状態で再起動させる

筆者の環境では1から4は効果が得られず、最後に試した5の「電源を落としてSDカードを抜いた状態で再起動させる」で問題が解決しました。

ただ、ユーザーによって原因や症状はさまざまなので、すべてのケースで同じ対処法が当てはまるわけではありません。

可能であれば早めにキャリアや製造メーカーに問い合わせる

できるだけ早い段階で購入したキャリアや製造メーカーに問い合わせることをおすすめします。通常であれば問題なくおこなえるはずのアップデートができないなら、何かしらの不具合が端末に潜在している可能性が高いからです。変に操作すると、事態を悪化させてしまうかもしれません。

一方、「すぐにスマホを使いたい」「修理サービスがない」「近くにショップがない」といった理由で自力での復旧を目指す場合は、次項に進んでください。

提供されているアップデートファイル自体に不具合がないか調べる

過去には、提供されたアップデートファイル自体に不具合が見つかり、配布が中止される事態も発生しています。

この度、「AQUOS R SH-03J」において、 2019年1月23日(水曜)より提供しておりますOSバージョンアップを実施した後、まれに一部端末において、再起動を繰り返す事象が確認されました。このため、OSバージョンアップの提供を一時見合わせております。対処版の準備が整い次第、ドコモのホームページにてご案内いたします。

まずは、アップデート提供元であるキャリアやメーカーのサイト、Twitterなどで同様の不具合が報告されていないか確認してみるとよいでしょう。対応方法が案内されているかもしれませんし、アップデートファイルの再配布もあるはずです。

ひとまず充電器につなげる

Androidのシステムアップデートは、平均して数十分かかります。特に大きな変化のあるメジャーアップデートだと、数時間かかることも珍しくありません。

古い機種の場合、アップデート開始時に100%近くても途中で充電が切れてしまう可能性があります。ひとまず、完全に復旧できるまで充電器に繋いでおきましょう。

パソコン経由でソフトウェアを修復する

Xperia向けの「Xperia Companion」や、Galaxy向けの「Smart Switch PC」を使うのもおすすめです。

Smart Switch PCでは「ソフトウェアの緊急リカバリー」、Xperia Companionでは「ソフトウェアの修復」を実施することで、OSに起きているトラブルの解消が期待できます。

スマホを復旧できたらそのままデータをバックアップし、パソコン経由でアップデートすることも可能です。通信環境や電池残量などの不安定な要素を排除できるので、スマホ単体で実施するケースに比べスムーズにアップデートできるでしょう。

Xperia、Galaxyユーザーで、かつ手元にパソコンがあるなら一度試してみてください。

端末を強制再起動させる

パソコン経由での復旧が望めない場合は、端末を「強制再起動」させます。強制的に再起動する方法は、以下2通りあります。

  1. その場ですぐに強制再起動する
  2. 一度リカバリーモードにしてから強制再起動する

起動はしているものの、フリーズや再起動ループで画面操作がおこなえない場合は(1)を、端末を起動すらさせられないなら(2)を試しましょう。

【1】その場ですぐに強制再起動する

多くのAndroidスマホは、電源オンの状態から「電源ボタン」と「音量下」もしくは「音量上」ボタンを同時に長押しすれば端末が強制的に再起動されます。

とはいえ、やり方は機種ごとに異なります。説明書や各メーカー・キャリアの製品ページを確認しておこなってください。参考までに、筆者手持ちの機種での強制再起動方法は、下記記事で紹介しています。

【2】一度リカバリーモードにしてから再起動する

端末を起動できない場合は、一度「リカバリーモード」という状態にしてから強制再起動をさせる必要があります。

  • Galaxy A20:[電源]+[音量上](ある場合はホームボタンも)同時に長押し→「RECOVERY …」と表示されたら指を離す
  • Xperia 5:リカバリーモード機能なし
  • Pixel 4a:[電源]+[音量下]を同時に8秒ほど長押し→音量キーを操作してメニューを「Recovery Mode」に切り替え、電源ボタンを押す
  • AQUOS sense plus:[電源]+[音量下]を同時に長押し→2回振動したら両方のボタンから指を離す

電源オフの状態から[電源]ボタンと[音量下]もしくは[音量上]ボタンを同時に長押しでリカバリーモードにできる機種が多いです。とはいえ、機種ごとに若干操作手順が異なるので、説明書や各メーカー・キャリアの製品ページを確認するのが確実でしょう。

「Android Recovery」が表示されたら、音量キーを操作して「Reboot system now(端末を再起動)」にカーソルをあわせ、電源ボタンを押します。これで端末が強制的に再起動します。

電源を落としてSDカードを抜いた状態で再起動させる

SDカード内のデータが破損していたり、うまく読み込まれていなかったりすると、さまざまな動作不良を引き起こすおそれがあります。

実際、過去に筆者のAQUOS端末がアップデート失敗でロゴループ状態になったときも、SDカードを外して強制再起動したらホーム画面に復旧できました。

端末を一度強制終了させた上で、側面や上部にある小さな穴をSIM取り出し用ピンなどでプッシュして、トレイにあるSDカードを取り外しましょう。一部Androidスマホは、そのままトレイを爪で引き出して取り出せます。

SDカードを抜いた状態でトレイを戻し、電源ボタンを押して端末を起動させます。復旧できるか、しばらく様子を見てみましょう。

リカバリーモードで初期化する

これまでの方法で復旧できない場合は、「リカバリーモード」で端末を初期化するのが有効かもしれません。

ただ、初期化すると端末のすべてのデータが削除されてしまいます。事前にバックアップを取得していない限りデータは復元できないため、最終手段として試してみてください。

前述した手順で「Android Recovery」画面を表示したら、音量キー(上下)を操作して「Wipe data/factory reset(データを削除/工場出荷状態に戻す)」を選択します。電源ボタンを押して決定してください。

続いて「Wipe all user data? this can not be undone!(すべてのデータを削除しますか? 元に戻すことはできません!)」と問われます。[Yes]や[Factory data reset]を選択すると、端末の初期化が開始されます。

しばらくすると起動し、初期設定画面が立ち上がるはずです。

検証バージョン
Xperia 5
Android
10
Pixel 4a
Android
12
Galaxy A20
Android
10
EDITED BY
MOEGI