楽天リンクは非通知で発信できる? 非通知番号を着信拒否する方法なども解説

意図せず非通知発信になってしまう?

楽天モバイルユーザーだけが使えるコミュニケーションアプリ「Rakuten Link(楽天リンク)」。国内通話が無料になる便利サービスですが、「非通知」まわりの仕様がどうなっているのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、楽天リンクで非通知発信する方法や、意図せず非通知発信になってしまう原因、非通知の電話番号を着信拒否できるかどうかなどについて解説します。

楽天リンクで非通知設定して発信する方法

楽天リンクから通話を発信する場合、自身の電話番号を非通知にすることで、相手の画面に自分の電話番号が表示されないようにできます。

楽天リンクで非通知設定するには、my楽天モバイルのブラウザまたはアプリから設定をおこないます。操作手順はブラウザ・アプリいずれも同様ですが(ここではブラウザでの手順を解説)、まずは楽天アカウントとパスワードを入力してログインしてください。

my楽天モバイル

my楽天モバイルにログインしたら、画面右上のメニューボタン​から[契約プラン]を選択します。

「発信者番号非通知」の設定をオンに切り替えましょう。これで非通知での発信が可能になります。

非通知での発信になってしまう主な原因

上述の非通知発信が設定されていなくても、意図せずに非通知発信となってしまう場合があります。

圏外でWi-Fiにのみ接続している

非通知設定をオフにしていても、発信側または着信側が圏外でWi-Fiに接続されている状態だと、利用状況によって非通知となるケースがあります。

非通知となるケース
  • 着信側が楽天リンクユーザーでなく、圏外でWi-Fiにのみ接続している場合
  • 発信側が楽天リンクを使用せずに発信し、着信側が相手の電話番号を楽天リンクに登録しておらず、かつ圏外でWi-Fiにのみ接続している場合

圏外である状態と同様に、モバイルデータ通信がオフでWi-Fiにのみ接続した状態でも非通知での発信となります。

電波が弱い/回線が不安定

楽天モバイル回線またはパートナー回線に接続、かつWi-Fiに接続している状態で、電波が弱いあるいは回線が不安定だと、非通知での発信となる場合があります。

VPNに接続している

VPN利用時の楽天リンクの操作・通話は動作保証の対象外となっており、非通知となる場合があります。VPNに接続して楽天リンクから通話している場合は、VPNをオフ(削除)してみましょう。

非通知の番号を着信拒否できる?

原則として、楽天リンクで非通知の電話番号を着信拒否することはできません。ただし、例外的にiPhoneであれば非通知の着信拒否が可能な場合もあります。

そもそも、楽天モバイルは他キャリアで提供しているような着信拒否サービスを提供しておらず、楽天リンクにも着信拒否を設定する項目はありません。発信元の相手が非通知であるかどうかにかかわらず、通常は相手を着信拒否することができないのです。

Androidスマホでは、発信元の相手が非通知かどうか、楽天リンクを使っているかどうかにかかわらず、着信拒否はできません。iPhoneの場合、発信元の相手が楽天リンクユーザーでなければ非通知の電話番号の着信拒否が可能です。端末(標準の電話アプリ)側で着信拒否を設定していると、それが楽天リンクにも反映されます。

iPhoneで非通知の電話番号を着信拒否するには、「設定」アプリで[電話]→[不明な発信者を消音]と進み、「不明な発信者を消音」をオンにすれば完了です。

iPhoneで非通知設定の電話着信を拒否する方法

「不明な発信者を消音」をオンにしても着信履歴は残る

相手が楽天リンク以外から発信している場合、iOS標準の通話アプリで着信します。非通知の電話番号から着信しても着信音は鳴らず、通話アプリに着信履歴が残るのみとなります(楽天リンクの着信履歴には残りません)。発信元の相手には「電話に出ることができません」などのガイダンスが流れます。

「不明な発信者を消音」をオンに設定しても着信履歴は残るので、完全に着信拒否できるわけではない点には注意してください。また、非通知で着信している以上、相手が何者であるかわからないケースもあるため、あくまでも応急処置的な設定であることを念頭に設定しましょう。

検証バージョン
iPhone 11 Pro Max
iOS
15.6
EDITED BY
AO