【iOS 13】iPhoneで非通知設定の電話着信を拒否する方法

「不明な発信者を消音」でブロック、相手がどのようになるのかも解説

【iOS 13】iPhoneで非通知設定の電話着信を拒否する方法

「非通知設定の電話には出ない」と決めている人は多いでしょう。しかし、電話がかかってくるだけでも、着信の通知に気を取られてしまうのが悩みどころです。そんな問題を解消できそうなのが、iOS 13で新しく追加された「不明な発信者を消音」する機能です。万能ではありませんが、手軽に非通知設定の電話をブロックできます。

そこで本記事では、iPhoneで「不明な発信者を消音」を活用して、煩わしい非通知設定の電話着信から解放される方法と注意点を紹介します。

iPhoneで電話に出られないときに便利な2つのテクニック【後で通知/メッセージを送信】

iPhoneの「設定」アプリで非通知設定の電話をブロックする

非通知設定 ブロック 非通知設定 ブロック

設定は簡単です。「設定」アプリを開いて[電話]をタップ。[不明な発信者を消音]をオンにするだけです。これで非通知設定の電話はブロックされます。

非通知設定 ブロック

着信と同時に不在着信となる

電話がかかってきても着信音が鳴らずに「不在着信」の通知(履歴)が残るだけになります。

「不明な発信者を消音」を使うときの注意点

非通知設定 注意点 非通知設定 注意点

左:知らない電話番号のからの電話も着信音が鳴らない右:電話番号と着信履歴のみ表示される

「不明な発信者を消音」オプションは、非通知設定の電話を手軽にブロックできる反面、不便なところもあります。それは、「不明な発信者を消音」をオンにしていると非通知設定の電話だけでなく、連絡先に登録されていない相手や履歴にない相手からの着信にも応答できなくなるという点です。

「不明な発信者を消音」が不便な場面例
  • 初めて訪れたレストランで席が空いたときに連絡をもらう時
  • 注文した商品を届けてもらう際に配送業者から在宅確認の連絡が来た時
  • よく連絡を取る相手が別の電話(番号)からかけてきた時

例外もあります。こちらからの発信履歴がある場合は、連絡先に登録されていなくても「不明な発信者」にはなりません。たとえば、お店に電話をかけて折り返してもらうときなどは、先にこちらから発信した記録が残っているため、「不明な発信者」と見なされず着信の通知がなされます。

とはいえ、自分のiPhoneに知らない番号から電話がかかってくる可能性があるのであれば、「不明な発信者を消音」はオフにしておいたほうが安心です。

非通知設定 注意点

[i]→[新規連絡先を作成]で連絡先を登録する。こちらから折り返して発信履歴に残してもOK

それでもやっぱり非通知設定の電話や知らない番号からの電話は受けたくないなら、「不明な発信者を消音」をオンにしたうえで、また連絡が来そうな相手は新規連絡先に登録しておきましょう。

初回は出られなくても、連絡先を登録しておけば次回から応答できるようになります。

「不明な発信者を消音」にすると相手にバレる?

ところで「不明な発信者を消音」をオンにしている場合、電話をかけてきた相手にバレてしまうのでしょうか?

非通知設定 相手にバレる?

話し中の音が鳴って電話が切断される

「不明な発信者を消音」をオンにしている相手に発信し、自分の電話番号が登録されていなかった場合は、「ツーツーツー」という話し中の音が3回(または4回)聞こえた後に切れてしまいます。発信元がiPhoneの場合、画面には「通話中または通信中」と表示され、[かけ直す]を何度タップしても変わりません。

ただ安心してください。「通話中または通信中」と表示されるだけでは、「不明な発信者を消音」をオンにしていることはバレません。

iPhoneでは、電話の着信音が鳴っているときに[拒否]をタップすると、呼び出し音が鳴った後に話し中の音(ツーツーツー)や留守電に切り替わります。またiPhoneの電源が入っていないときは、「おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない〜」といった固定メッセージが流れます。

話し中や電波の状態が悪いだけならば、そのうち呼び出し音に変わるでしょう。いつかけても「ツーツーツー」としか反応がなければ、相手が「不明な発信者を消音」をオンにしていて、自分の電話番号が連絡先に登録されていないと推測できます。

検証端末:iPhone X(iOS 13.1.2)

EDITED BY TOKIWA