PayPay、マイナポイント登録者が1000万人を突破

マイナポイント第2弾では3割以上のユーザーがPayPayを選んでいるという

PayPayは2022年9月20日、マイナポイント事業におけるPayPayへの登録者数が1000万人を突破し、PayPayポイント付与権利総額も1300億円分を超えたと発表しました。

マイナポイント事業は、マイナンバーカードの普及を目的として2020年9月から2021年12月までマイナポイント第1弾が実施されました。現在は2022年1月からマイナポイント第2弾が実施されており、PayPayは第1弾よりキャッシュレス決済事業者としてマイナポイント事業に参加しています。

マイナポイント事業におけるPayPayへの登録者数の推移

PayPayの発表したグラフでは、マイナポイント第2弾の開始とともにマイナポイント事業におけるPayPay登録者数が急増しており、マイナポイント事業の追加施策の効果が大きかったことが分かります。PayPayによると、2022年6月30日から8月5日までのマイナポイント第2弾の申込件数1050万件のうち、PayPayへの申込件数は3割以上を占めたとのことです。

なお総務省は、マイナポイント第2弾への参加条件となるマイナンバーカードの申請期限を2022年9月末までから2022年12月末までに延長しました。今後は自治体マイナポイント事業などのマイナポイント関連事業の開催も予定されているため、マイナポイント第2弾への参加者とともにPayPayへの登録者数もさらに増加していくものとみられます。

EDITED BY
TOKIWA