楽天証券、投信積立に楽天キャッシュ決済が利用可能に 6月19日から

楽天カードによるチャージとあわせて最大1%のポイント還元

楽天証券は2022年6月19日より、投信積立の決済方法に新たに楽天キャッシュを導入します。

これまで楽天証券の投信積立の決済方法は、楽天ポイント楽天カード、金融機関口座(楽天証券口座含む)からの引き落としが用意されていました。これらの決済方法に楽天キャッシュが加わることにより、投信積立で楽天ポイント還元を受けられる方法として、楽天カードと楽天キャッシュの2種類を選べるようになった形です。投信積立の決済に楽天キャッシュ決済を利用すると、楽天カードからのチャージと楽天キャッシュ利用額に対して最大1.0%のポイント還元を受けることができます。

投信積立決済への楽天キャッシュの導入を受け、投信積立での楽天キャッシュ利用額に対して0.5%のポイントを還元するキャンペーンが開始されます。キャンペーンの対象となるのは、2022年8月買付分から12月買付分までとなっています。投信積立決済における楽天キャッシュの月ごとの設定可能上限額は5万円までなので、最大で250円相当の楽天ポイントが還元される計算になります。

さらに、楽天カードを使って楽天キャッシュをチャージすると、チャージ額に対して0.5%のポイント還元を受けられます。そのため2022年12月買付分までは、投信積立の決済に楽天キャッシュを利用すると、キャンペーンのポイント還元とあわせて最大1.0%のポイント還元が受けられるというわけです。

楽天カードを投信積立の決済方法として利用した場合は、月5万円の利用可能上限額に対して1.0%ポイント還元率となっています。楽天カードと楽天キャッシュを両方利用して投信積立をおこなうと、月10万円までポイント還元のあるキャッシュレス決済で積み立てることができます。

ただし楽天カードの還元率は、2022年9月買付分からファンドの代行手数料の年率によって変動します。ファンドの代行手数料の年率が0.4%以上の場合は1.0%、年率が0.4%未満の場合は0.2%の還元率となります。ポイント還元を狙ってキャッシュレス決済で投信積立をおこなっている場合、2022年9月買付分以降は楽天キャッシュ決済を優先的に利用するとよりお得な積立が可能になるでしょう。とはいえ楽天キャッシュ決済の最大1.0%還元も、現時点では2022年12月買付分まで。その後の還元率の変更によっては、結果的にキャッシュレス決済の全体的な還元率の低下で落ち着く可能性も考えられます。

EDITED BY
TOKIWA