月額600円のゲーム・アプリサブスク「Google Play Pass」が日本でもサービス開始 広告やアプリ内購入なしで使い放題に

1カ月の無料トライアルも用意

Googleは2022年4月28日、アプリやゲームが使い放題になるサブスクリプションサービス「Google Play Pass」を、日本国内でも今週から順次提供を開始すると発表しました。

Google Play Passは、広告やアプリ内購入、アプリ単位での事前支払いをしなくても、41カテゴリの数百以上のアプリやゲームを使い放題で楽しめるサブスクリプションサービス。米国では2019年9月からサービスが開始されていました。Appleも同様のゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を2019年9月より展開しています。

Google Play Passでは、1カ月の無料トライアル期間を用意しています。無料トライアル後に、600円(税込)の月額プラン、または5400円(税込)の年額プランでの定期購入が必要となります。家族のGoogleアカウントとサブスクリプションやカレンダーなどの共有ができる「Googleファミリーグループ」を使用すれば、最大5人の家族とGoogle Play Passのサブスクリプションを共有可能です。

Google Play Passの無料トライアルは、Google Playストア右上のプロフィール画像から開始します。Google Play Passを契約したユーザーは、Google Playストアの「Play Pass」タブか、Play Passロゴからアプリやゲームのコレクションにアクセスできます。

国内外の人気ゲームが多数ラインナップ

Google Play Passでは、『信長の野望・武将風雲録』『ベリーリトルナイトメア』などの国内デベロッパーによるゲームや、『Cytus Ⅱ』『Stardew Valley』といった海外発の人気ゲームをラインナップにそろえています。Googleによると、今後のリリース予定として近日中に『モンスターハンターストーリーズ』、2022年夏〜秋ごろに『FINAL FANTASY Ⅶ』の2つのビッグタイトルがGoogle Play Passに追加される予定とのことです。

EDITED BY
TOKIWA