Androidアプリ・ゲームの定額使い放題「Google Play Pass」が登場、米国で先行リリース

Androidアプリ・ゲームの定額使い放題「Google Play Pass」が登場、米国で先行リリース

Googleは米国時間9月23日、Androidデバイス向けにアプリのサブスクリプションサービス「Google Play Pass」をリリースしました。現時点では米国内に限定したサービスとなっており、近日中にそれ以外の国に向けても展開される予定です。

Google Play Passでは、月額4.99ドルを支払えば、350種類以上のアプリが課金なしかつ広告表示なしで使い放題になります。利用可能なアプリはゲームのみに限らず、画像編集アプリなどの実用的なアプリも含まれており、月ごとに新しい対象アプリが追加されていきます。

Google Play Passの基本料金は月額4.99ドルですが、初回登録時には10日間の無料期間が付与され、その後12カ月間は月額1.99ドルの特別料金で利用できます。また、1つのアカウントにつき家族6人まで共有できます。

米国外でのGoogle Play Passの月額料金は発表されていませんが、先日Appleが発表したゲームサブスクリプションサービスの「Apple Arcade」と同額であるため、仮に日本国内で提供された場合は600円前後に設定されるものと予想されます。

EDITED BY TOKIWA