LINE Payアプリが大型アップデート、直接チャージ・送金・銀行振込・出金が可能に

LINE Payアプリからチャージ・送金・銀行振込が可能に アプリを大幅アップデートでデザインも刷新

スマホ決済サービスの「LINE Pay」アプリが大型アップデートを実施し、デザインが刷新されたほか、チャージや送金・銀行振込、出金の機能が追加されました。アプリのバージョンをiOS/Androidいずれも2.0.0にアップデートすると反映されます。

これまでのLINE Payアプリは、決済やクーポン表示など支払い機能に特化した簡易版アプリの位置付けで、残高のチャージや送金、出金はいったん「LINE」アプリに遷移しておこなう必要がありました。今回のアップデートでは、それら機能をアプリ内からも実行できるように拡充されています。

LINE Pay残高のチャージ

LINE Payアプリからも、直接LINE Pay残高へのチャージがおこなえるようになりました。

LINE Payアプリ アップデート チャージ LINE Payアプリ アップデート チャージ

LINE Payアプリを開いてその他タブ[]を選択し、[チャージ]をタップすると、チャージ方法が選択できます。

現時点では、銀行口座およびFamiポートからのチャージ方法はLINE Payアプリ内で完結し、それ以外の方法を選択するとLINEアプリが起動します。

友だちへの送金

LINE Payアプリからも、LINEの友だちへの送金が可能となりました。

LINE Payアプリ アップデート 送金 LINE Payアプリ アップデート 送金 LINE Payアプリ アップデート 送金

LINE Payアプリを開いて、その他タブ[]で[送金]→[送金・送付]をタップ。送金する友だちと送金金額を入力するだけで送金できます。

LINEアプリと同様、送金するには本人確認が必要です。また、送金手数料は発生しません。

LINE Payは「本人確認」なしでも使える? 身分証なしや未成年で手続きする方法も解説

銀行口座への出金

LINE Payアプリからも、銀行口座への出金が可能となりました。

LINE Payアプリ アップデート 出金 LINE Payアプリ アップデート 出金 LINE Payアプリ アップデート 出金

LINE Payアプリを開いて、その他タブ[]から右上の設定ボタンをタップし、[出金]を選択。出金先の銀行口座またはセブン銀行ATMを選択すると出金できます。

LINEアプリと同様、出金には本人確認が必要です。また、出金するには220円(税込)の手数料が発生します。LINE Payの出金について詳しくは、下記の記事を参照してください。

LINE Pay残高の銀行振込

LINE Payは2019年12月9日、LINE Pay残高を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始しました。他人の銀行口座に残高を振り込めるのは国内決済サービスとしては初めてです。

相手の銀行口座を知っていれば、インターネットバンキングと同じように振込が可能。相手の銀行口座を知らなくても、相手の名前と電話番号またはメールアドレスを知っていれば振込できます。習い事の月謝や商品の購入代金、家賃の支払いなど様々な用途に活用できそうです。

銀行口座への振込手数料は一律で176円(税込)。1日あたりの振込手数料の上限は10万円までとなっています。なお、銀行振込ができるのは本人確認が完了したLINE Moneyユーザーのみです。

EDITED BY AO