メルカリの購入コメント例文集、ルールや返信のコツまとめ

購入・出品・トラブル発生時などシチュエーション別にすぐ使える

フリマアプリの「メルカリ」では、売買前後にちょっとしたコメントをやりとりすることが取り引きをスムーズに進めるコツです。しかし、どういった文面がいいのか悩んでしまったり、毎回コメントを考えるのが面倒だったりする場合もあるでしょう。

この記事では、メルカリのコメント例文を購入・出品・トラブル発生時などシーン別に紹介するほか、返信のコツやルールなども合わせて解説します。

メルカリの購入コメントとは?

コメント欄に投稿される質問の例

出品者によっては購入コメントが必須な場合も

メルカリの購入コメントとは、取り引きの前後に出品画面や取引画面のコメント欄に投稿されるメッセージを指します。出品者のプロフィールを見ると、購入前に必ずコメントをするよう記載されていることもあれば、「即購入OK」などコメント不要のアナウンスがされている場合もあります。

商品のより詳しい情報や発送対応などについて取り引き前の不明点を解消し、トラブルを未然に防げるほか、値下げ交渉などができるのも大きなメリットです。

そもそも購入コメントは必要?

まずはプロフィール欄で出品者の意向をチェック

出品者がコメント欄を活用しているケースも

購入前のコメントは必須ではありません。出品者がプロフィール欄で「コメント不要」「即買いOK」などと記載している場合、丁寧なコメントが逆に出品者の手を煩わせてしまう可能性もあります。商品や取り引きに関して特に質問などがない場合、速やかに購入手続きをした後に、取引画面で挨拶程度のメッセージを送るのがスマートな方法でしょう。

一方で、プロフィール欄にアナウンスがない場合、後述の文例をもとに一言コメントを送っておくと、その後の取り引きがよりスムーズになります。また、購入したい旨のコメントを送ることで、「専用」(=取り置きの意)にしてもらえたり、コメント欄でセール告知がされていて提示価格よりも割安で購入できたりするケースも見受けられます。

活用したいテンプレート機能

内容を選択するだけで該当コメントが自動入力される

メルカリのコメント欄には、あらかじめテンプレート機能が実装されています。希望するコメント内容のボタンをタップするだけで、次のような文章が自動で入力されます。

ただし、内容が具体性に欠けるものもあるため、値下げ交渉なら金額を提示する、商品状態を確認したいなら確認してほしい箇所を指定するといった具合に、自分なりに加筆修正する必要があります。

テンプレート機能の文例
コメントしたい内容 テンプレート文
お値下げをお願いする 「コメント失礼いたします。購入を考えているのですが、こちらの商品はお値下げ可能でしょうか?」
商品状態を確認したい 「コメント失礼いたします。商品の状態を確認させてください。」
写真の追加を依頼したい 「コメント失礼いたします。写真を追加していただけないでしょうか?」
購入可能か確認したい 「コメント失礼いたします。こちらの商品はまだ購入可能でしょうか?」
発送までの日数を確認したい 「コメント失礼いたします。こちらの商品は、いつ頃発送いただけますでしょうか?」

メルカリで購入する際のコメント例文集

メルカリで商品を購入する際、コメントを送信するタイミングは、大きく分けて次の4段階に分けられます。

  • 出品画面で購入したい旨をコメントする
  • 購入前に商品内容について質問(確認)する
  • 購入後に取引画面でコメントする
  • 商品到着後に評価コメントをする

それぞれのシーンで使える例文を見ていきましょう。コメント冒頭には、必要に応じて「はじめまして」「コメント失礼します」など、挨拶文を加えるとさらに印象がよくなります。

出品画面で購入したい旨をコメントする

提示金額のまま、値下げ交渉なしに購入する場合や商品に関する質問がない場合などで、出品者からコメント不要のアナウンスがないのであれば、購入可能かどうかを確認する意味でも一言コメントを送信しておきましょう。

すでに在庫がなく、購入できないことが判明するケースも稀にあります。

【コメント例文】
  • 「こちらの商品の購入を検討しています。購入可能でしょうか?」
  • 「こちらの商品の購入を検討しています。◯月◯日に出品されていますが、まだ在庫はありますでしょうか?」

購入前に商品内容について質問(確認)する

商品の状態や色合い、サイズ感や実際の寸法などをもっと詳しく知りたい、もう少し違った角度から撮影された商品画像が見たいなど、購入前に確認しておきたいことがあれば、コメント欄を活用しましょう。

また、値下げ交渉が可能な出品者なら、この場で交渉するのもよいでしょう。ただし、極端な価格交渉(半額値引きなど)や不快な表現、執拗な要求はマナー違反になるため、注意が必要です。

【コメント例】
  • 「こちらの商品の購入を検討しています。恐れ入りますが、○○○円ほどお値引きをしていただくことは可能でしょうか。ご検討ください。」
  • 「こちらの商品の購入を検討しています。着丈を教えていただけますか?」
  • 「コメント失礼します。こちらの商品ですが、いつ頃ご購入されたか教えていただけますか?」
  • 「こちらの商品につきまして、◯◯部分を撮影した画像を見せていただきたいのですが、可能でしょうか?」

購入後に取引画面でコメントする

商品を購入後、メッセージのやり取りは「取引画面」でおこないます。商品を購入した後に短い挨拶メッセージを送ることで、出品者の不安が取り除かれ、気持ちの良い取引に繋がりやすくなります。

購入前に値下げ交渉に応じてもらえたり、商品に関する質問に丁寧に答えてもらえたりした場合はなおさら、あらかじめお礼の気持ちを伝えておきましょう。

【コメント例】
  • 「この度、商品を購入させていただきました。短い期間ではありますが、お取り引きの間どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「この度はお値下げに対応していただき、どうもありがとうございました。短い期間ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「この度、商品の購入手続きをさせていただきました。コンビニ(ATM)払いを選択していますので、支払い完了後に改めてご連絡いたします。今しばらくお待ち下さい。」
  • 「商品を購入させていただきました。事前の問い合わせに丁寧に対応していただき、どうもありがとうございました。お取り引きの間、どうぞよろしくお願いいたします。」

商品到着後に評価コメントをする

メルカリでは商品到着後、商品の中身を確認し、出品者を2段階(良かった/悪かった)評価することで、商品を無事に受け取ったことを先方に通知します。その際、出品者に対して最後のコメントを送ることができます。

同じ商品を定期的に購入している場合など、出品者と良好な関係性を築いたり、今後のスムーズな取り引きを実現させたりするためにも、最後の行程は大切にしましょう。

【コメント例】
  • 「商品が無事に届きました。この度は迅速に対応していただき、どうもありがとうございました。」
  • 「この度は気持ちの良いお取り引きをどうもありがとうございました。今後も機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「丁寧な梱包をどうもありがとうございました。商品状態も良好でした。またお取り引きの機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「商品を無事に受け取りました。この度はお値引きにも対応していただき、どうもありがとうございました。」

メルカリで出品した際の返信コメント例文集

メルカリで商品を出品する際、コメントを送信するタイミングには次のようなシーンが考えられます。購入者からの問い合わせや値下げ交渉に返信する場合以外にも、商品の発送時などにメッセージを送ると、購入者の安心感につながります。

  • 購入前のコメントに回答する(値下げ交渉、商品への問い合わせや購入時の要望に対する返信)
  • 取引開始後のコメント(発送予定や発送方法などを事前に知らせる)
  • 発送後のコメント(発送通知や追跡番号などの報告)

購入前のコメントに回答する

出品ページのコメント欄に投稿されるメッセージの内容は、商品に関心を持ったユーザーからの値下げ交渉や問い合わせ、要望などさまざま。メルカリの「お知らせ・機能設定」を活用し、コメントが届いたら速やかに返信するようにしましょう。

【コメント例】
  • (具体的な金額が示された値下げ交渉を引き受ける場合)「商品を気に入っていただいてありがとうございます。○○○円で結構です。さっそく価格を変更しましたので、どうぞよろしくお願いします。」
  • (具体的な金額が示されない値下げ交渉を引き受ける場合)「コメントありがとうございます。こちらは○○○円のお値引きが可能です。どうなさいますか?」
  • (値下げを断る場合)「この度はお問い合わせありがとうございます。あいにくですが、お値下げはいたしかねます。ご了承ください。」「プロフィール(出品ページ)にも記載していますが、お値下げは基本お受けできません。ご了承ください。」
  • (商品に対する問い合わせ)「この度はこちらの商品を気に入っていただいてありがとうございます。お問い合わせに関してですが、◯◯◯◯(回答)となります。引き続きご検討くださいますよう、よろしくお願いいたします。」
  • (要望を断る場合)「この度はこちらの商品を気に入っていただいてありがとうございます。恐れ入りますが、そういったご要望にはお応えすることができません。またの機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします」

取引開始後のコメント

メルカリでのトラブル事例の一つとしてよく挙げられるのが、購入したにもかかわらず商品が発送されない、というもの。購入者の不安を取り除くためにも、購入されたらあらかじめ発送予定を知らせるのが良心的です。

また、出品画面に表示されている「発送までの日数」よりも発送が遅れてしまう場合も、必ずその旨を伝えておきましょう。取り引き開始後のメッセージのやりとりは、取引画面からおこなえます。

【コメント例】
  • 「この度はご購入ありがとうございます。商品は、◯◯日に発送予定です。発送後に改めてご連絡させていただきます。短い期間ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「この度はご購入ありがとうございます。入金の確認が取れ次第、速やかに発送させていただきます。短い期間ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「ご購入ありがとうございます。本日◯◯時頃の発送を予定しています。発送後に改めてご連絡させていただきます。短い期間ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「この度はご購入ありがとうございます。恐れ入りますが、所用のため、当初お伝えしていた発送予定よりも◯◯日程遅れてしまいます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。発送後、改めてご連絡させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。」

発送後のコメント

出品者が発送手続きをし、取引画面の発送通知ボタンをタップした時点で、購入者は商品が発送された事実を知ることができますが、ここでもメッセージを一言添えるとなお親切です。

荷物の追跡番号を事前に知らせておけば、購入者が自分自身で荷物の状況を確認することができます。

【コメント例】
  • 「お待たせしております。先程、商品を◯◯◯(配送方法)で発送いたしました。追跡番号は◯◯◯-◯◯◯◯です。商品の到着は評価にてお知らせください。どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「お待たせしております。先程商品を発送いたしました。到着次第、ご確認ください。評価でのご連絡をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。」
  • 「お待たせしております。先程、商品を◯◯◯(配送方法)で発送いたしました。ポスト投函配送となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。評価にてご連絡をお待ちしております。」

トラブルが発生した際のコメント例文集

メルカリでは、商品が届かない、発送されない、受取評価がされないといったトラブルから商品の破損、配送ミスまで、さまざまな事例が報告されています。

トラブルの種類によっては当事者同士のやりとりで解決できることもあれば、メルカリ事務局への対応要請や取り引き自体のキャンセルが必要になる場合もあります。以下では、よくあるトラブルに対処するためのコメント例文を紹介します。

返信がない場合のコメント

出品画面のコメント欄で、値下げ交渉や問い合わせに対する返信がない、あるいは値下げ交渉に応じたのにそれに対する回答がない、といったケースは度々見受けられます。

原因として考えられるのは次のようなものです。

  • 端末の通知設定をオフにしていて、コメント自体に気が付いていない
  • コメントは確認したが、返信することを忘れている
  • コメントは確認したが、返信内容を検討中
  • そもそも返信するつもりがない(スルー)

コメント自体に気が付いていない場合、メッセージを再送したとしても再び認識されない可能性があります。コメントの返信を忘れていたり、返答に躊躇したりしているのであれば、再度アプローチする余地があるでしょう。自分が出品者で、値下げ交渉に応じようとしている場合、コメント欄で割安な価格を提示していれば、現在の表示価格は形骸化してしまうため注意が必要です。

なお、自分が購入者で、こちらが送信したコメントを先方が意図的に無視している場合、再度メッセージを送ったとしても返答を得られる可能性は低いと考えられます。

【コメント例】
  • (出品者)「再びのコメント失礼します。お値下げのご相談についてですが、◯◯◯円までなら対応可能です。どうなさいますか?大変恐れ入りますが、◯月◯日までご返答がないようであれば、コメントを削除させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。」
  • (購入者)「再びのコメント失礼します。こちらの商品ですが、ぜひ購入させていただきたいと思っています。先の質問にご回答いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。」

商品が発送されない、届かない場合のコメント

発送までの日数は、最長で決済完了後4〜7日までが期限

決済が完了すると、速やかに発送するよう出品者のアプリ上に通知が届きます。出品者から音沙汰がない場合には取引画面でメッセージを送り、状況を確認しましょう。

それでも商品が発送されないときは、出品画面に記載されている「発送までの日数」を経過した翌日0:00になると購入者の取引画面上に「キャンセル申請フォーム」が表示され、取り引き自体をキャンセルすることが可能です。商品代金や手数料は、キャンセル完了後に全額返金されます。

【コメント例】
  • 「この度はお世話になります。恐れ入りますが、商品の発送はいつ頃を予定されていますでしょうか。ご回答をお待ちしております。よろしくお願いいたします。」
  • 「この度はお世話になります。商品の発送をお待ちしております。お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。」

間違った商品が届いた、などの問い合わせコメント

届いた商品が購入したものと違う、商品が破損しているなどのトラブルについては、基本的に当事者同士で話し合い、同意の上で返品処理をすることになります。

どちらかの同意が得られなかったり、交渉が決裂してしまったりした場合には、商品IDを明記のうえメルカリ事務局に問い合わせる必要があります。

また、配送中に破損した可能性があるときは、メルカリ便ならまず出品者にメッセージを送信したうえで、メルカリ事務局に問い合わせます。メルカリ便以外は、各自で直接配送業者に補償確認をおこないます。

【コメント例】
  • (購入者)「お世話になっております。本日、商品が◯◯◯◯(破損の状況)の状態で到着しました。大変恐れ入りますが、注文をキャンセルさせていただいてもよろしいでしょうか?」
  • (購入者)「お世話になっております。送っていただいた品物が本日到着しましたが、購入した◯◯とは異なる商品でした。返品をさせていただくことはできますか?」
  • (出品者)「この度は大変失礼いたしました。発送時の現物確認や梱包が十分ではなかった可能性があります。申し訳ございません。つきましては、キャンセル処理をさせていただきます。お手数ですが、着払いで商品の返送をお願いできますでしょうか?」
  • (出品者)「この度は大変失礼いたしました。お手数をおかけして申し訳ございません。つきましては、破損の状況をもう少し詳しく教えていただくことはできますでしょうか?」
  • (出品者)「この度は大変失礼いたしました。お手数をおかけして申し訳ございません。返品不要で、すぐにキャンセル手続きをさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか?」

受け取り評価がされない場合のコメント

メルカリでは商品到着後、購入者が受取評価をおこない、出品者が購入者を評価して初めて取り引きが完了します。商品が到着したにもかかわらず、購入者が受取評価をしないことで取り引きが完結しなければ、売上金の反映もその分遅くなります。

コメントを送信し、受取評価を促しても先方からのリアクションがない場合、発送通知をした9日後の13時以降に自動で取引が完了します。一定の条件を満たせば、事務局に取引完了手続きを申請することもできます。

【コメント例】
  • 「この度はご購入どうもありがとうございました。商品は無事にお手元に届きましたでしょうか?受取評価にて状況をお知らせください。お待ちしております。」
  • 「この度はどうもありがとうございました。問題なく商品がお手元に届きましたら、受取評価をしていただけますでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。」
EDITED BY
SORA