LINE「翻訳」機能の使い方──トークで英語や中国語、韓国語を日本語に通訳

【LINE】翻訳機能の使い方──英語や中国語、韓国語を日本語に

ニュースやお天気といった情報系から、会話が楽しめるものまで、様々なアカウントがそろうLINE(ライン)の公式アカウント。そのなかで意外に知られていないのが、トークで送った言葉を一瞬で翻訳してくれる「通訳アカウント」です。

本記事では、LINEのトークにおける「通訳アカウント」を利用した翻訳のやり方を解説します。

無料の翻訳アプリ おすすめ鉄板まとめ【iPhone/Android】

LINEの「通訳アカウント」とは?

その日のニュースや、お店のキャンペーン、最新ドラマの情報など、幅広い情報を届けてくれるLINE公式アカウント。そこにラインナップされているのが、通訳アカウントです。2020年10月現在、翻訳できる言語は英語と中国語(簡体字・繁体字)、韓国語となっています。

通訳アカウントを友だちに追加するだけで、「これ○○語でなんていうんだろう」「この言葉どういう意味だろう」といったときにすぐ使えます。わからない言葉をトークに送れば、一瞬のうちに翻訳してくれるのです。

LINE 翻訳 LINE 翻訳

また「通訳」というだけあって、会話の翻訳にも活躍。誰かとのトークに通訳アカウントを招待すれば、お互いのメッセージを瞬時に訳してくれます。いちいち辞書で調べたり、ツールで翻訳したりといった必要がないので、外国の友だちともスムーズにコミュニケーションできるようになります。

翻訳精度が高いと評判の「DeepL翻訳」を実際に使ってみた

LINE通訳アカウントの使い方

LINEの通訳アカウントを友だちに追加し、実際のトーク画面で使う方法を解説します。通訳アカウントとの1対1トークでは翻訳ツールとして、相手のいるトークに招待すれば通訳者代わりに利用できます。

まずは通訳アカウントを友だちに追加する

通訳アカウントを使うには、まず該当のアカウントを友だちに追加しましょう。

LINE 翻訳アカウント 友だちに追加 LINE 翻訳アカウント 友だちに追加

はじめに、LINEの「ホーム」タブの「友だち」欄から[公式アカウント]をタップ。検索窓に「通訳」といったキーワードを入れると検索できます。

LINE 翻訳アカウント 友だちに追加

「LINE英語通訳」「LINE韓国語通訳」「LINE中国語通訳」「LINE中国語(繁)通訳」の4アカウントがヒットするはずです。

ここから追加したいアカウントを選び、[追加]をタップすれば完了です。

LINEで友達を追加する9つの方法と使い分け【2020年最新版】

トーク以外にもLINEの翻訳機能がある

実は、LINEアプリ内の検索で「翻訳」と入力すると、13の言語に対応した見慣れたスタイルの翻訳機能を利用できます。

LINE 翻訳 LINE 翻訳

言語を設定後、翻訳したいテキストを入力するだけで利用できます。Naverが開発する翻訳アプリ「Papago」がエンジンになっているようです。

通訳アカウントとの1対1トークで翻訳する方法

ここでは、「LINE英語通訳」と「LINE中国語通訳(簡体字)」を例に、通訳アカウントの使い方を解説します。

通訳アカウント宛てにメッセージを送ると、日本語⇄英語、日本語⇄中国語の翻訳をしてくれます。辞書のように網羅的に意味を知るのには向いていませんが、一瞬で翻訳してくれるのはとても手軽で便利です。

LINE 翻訳アカウント 1対1のトーク LINE 翻訳アカウント 1対1のトーク

短い単語はもちろん、ニュースのような長い文もあっという間に翻訳可能です。

LINE 翻訳アカウント 1対1のトーク LINE 翻訳アカウント 1対1のトーク

専門用語の入る文章でも問題なく翻訳できる

ある程度長い文章でも、文章として自然で意味の通る翻訳結果を出してくれます。かつての機械翻訳調の不自然な訳文に比べると、翻訳のクオリティが格段にアップしたと言えるでしょう。

ただし、方言の翻訳やあまりに砕けた表現などを翻訳しようとすると、正確に反映されないパターンがほとんどです。LINEの通訳アカウントで翻訳する際は、できるだけ標準的な表記をしたほうが訳の正確性を高められます。

加えて、固有名詞の訳にもムラが見られます。有名なキャラクターや歴史上の人物、一般的な読みの名前などは正しく読んでくれますが、少し珍しい読みになると難しい様子。

LINE 翻訳アカウント 1対1のトーク

たとえば「織田信長」や「ドナルド・トランプ」のような人名は正確に訳出できている一方で、「米津玄師(よねづけんし)」さんの名前を翻訳しようとしても、「Yonezu Genshi (Master of the Yonezu school)」のように不正確な翻訳結果となってしまいます。

また、かつての内閣総理大臣で比較的名前の読みが難しい2人で検証してみましたが、こちらも正確性にムラが出る結果になりました。人名などの固有名詞を入力する場合は、初めからアルファベットで入力したほうがよいでしょう。

トークに招待して会話を通訳させる方法

「LINE英語通訳」や「LINE中国語通訳」という名のとおり、これらのアカウントがその真価を発揮するのは通訳、つまり会話を翻訳するとき。公式アカウントを含めた複数人トークまたはグループトークをつくれば、自動的に通訳してくれるのです。

ここでは、複数人トークルームを例に解説します。

LINE 翻訳アカウント 複数人のトーク LINE 翻訳アカウント 複数人のトーク LINE 翻訳アカウント 複数人のトーク

まず、トークタブ右上の「吹き出しのアイコン」をタップ、続いて[トーク]を選択します。トークしたい友だちと公式通訳アカウントにチェックマークを付け[作成]をタップすれば、準備完了です。

LINE「複数人トーク」の作り方 グループとの違いや注意点とは
LINEグループを作る2つの方法──グループ新規作成と複数人トークのグループ移行

LINE 翻訳アカウント 複数人のトーク LINE 翻訳アカウント 複数人のトーク

実際にトークにメッセージを送ると、その言語に応じて日本語⇔英語、日本語⇔中国語といった通訳をしてくれます。これなら、いちいち会話の手を止めて意味を調べる必要もなく、スムーズに会話を楽しめます。もちろん、スタンプや絵文字も送れます。

LINE 翻訳 LINE 翻訳

左:トークから通訳アカウントを退出させた右:ブロックリストから通訳アカウントを削除

なお、トーク上で通訳アカウントが不要になったら、「@bye」と入力してトークから退出させればOKです。もうまったく使わないというときは、通訳アカウントをブロック削除します。詳しくは下記記事を参照してください。

LINEの公式アカウントを完全に削除する方法 削除できない場合の対処法も

検証したLINEのバージョン:iOS版10.16.2、Android版10.17.2

EDITED BY TOKIWA