LINEでボイスメッセージ(音声)を送る・保存する方法【iPhone/Android/PC】

LINEでボイスメッセージ(音声)を送る・保存する方法【iPhone/Android/PC】

LINE(ライン)には、音声を録音してトークルームで送受信できる「ボイスメッセージ」機能があります。活用しているユーザーはそれほど多くないようですが、文字を入力する手間なく手軽に投稿でき、動画とも一味違って、コミュニケーションの幅も広がります。

本記事では、LINEでボイス(音声)メッセージを送る方法を解説。また、送受信したボイスメッセージを保存する方法についても、iPhone、Androidスマホ、PC(パソコン)それぞれで手順を紹介します。

LINEでボイスメッセージ(音声)を録音して送る方法

ボイスメッセージは、LINEアプリのトークルームからその場で録音し、すぐに送ることができます。

事前にマイクの設定を確認する

まずは、LINEアプリのマイクへのアクセスを許可しておく必要があります。

LINE iPhone 許可 マイク LINE Android 許可 マイク

左:iPhoneのマイク設定画面右:Androidスマホのマイク設定画面

iPhoneの場合は「設定」アプリで[LINE]を選択し、マイクをオンにします。

Androidスマホでは、「設定」アプリで[アプリ]→[LINE]→[権限]の順にタップして進み(機種などにより多少異なります)、マイクへのアクセス権限を[許可]にしておきましょう。

スマホ版LINEでボイスメッセージを送る

LINE ボイスメッセージ

iPhoneやAndroidスマホでLINEのボイスメッセージを送るには、メッセージ入力欄の右のマイクアイコンを押してグリーン(有効)に切り替えます。

LINE ボイスメッセージ 長押し LINE ボイスメッセージ 指を離すと投稿

画面下部に表示されたマイクボタンを押している間、最大で30分録音できます。録音を終えて指を離すと、自動的にトークに投稿されます。なお、録音時間が2秒以内だと「メッセージが短すぎます。」の表示が現れ、投稿することができません。

受け取った側は再生ボタンをタップし、ボイスメッセージを聴くことができます。

LINE ボイスメッセージ 中断

ボイスメッセージの送信を中断するには、録音中に指を右にスライドさせます。

画面上部に「指をはなすとキャンセルされます。」の表示が現れるので、この状態で指を離せば録音を終了することができます。

PC(パソコン)版LINEでボイスメッセージを送る

PC(パソコン)版LINEでも、ボイスメッセージ(音声ファイル)を送信することができます。

PC版LINE クリップ

ただし、PC(パソコン)版LINEに録音機能はなく、ボイスメッセージのファイルはあらかじめ用意しておく必要があります。

まずはトークルームでクリップアイコンをクリックします。

PC版LINE 音声ファイル選択 開く

音声ファイルを選択し、[開く]をクリックします。すぐに投稿されてしまうので、誤ったファイルを送らないように注意しましょう。

WindowsでもMacでもこの手順で音声ファイルを送信できます。

PC版LINE ボイスメッセージ

PC(パソコン)版LINEでメッセージを受信した場合も、スマホと同じように再生ボタンをタップして、音声ファイルを聴くことができます。

ボイスメッセージ(音声)を保存する方法

受け取ったボイスメッセージをLINE上で聴くだけでなく、端末やクラウドに保存しておく方法について紹介します。

LINE Keepに保存する

LINE Keep(キープ)とは、トークルームのテキストや写真、動画などをLINE上に最大1GBまで保存しておける機能です。

これにより、ボイスメッセージがトークの彼方へ流れてしまったり、一定期間が経過して再生できなくなってしまったりした場合でも、いつでも聞けるようになります。

LINE ボイスメッセージ Keepに保存 LINE ボイスメッセージ 選択 保存

保存するには、まずボイスメッセージを長押しし、表示されたメニューから[Keep]を選択。

画面下部の[保存]をタップします。

LINE プロフィール Keep LINE Keep ボイスメッセージ

Keepに保存されたボイスメッセージは、友だちリストで自分のプロフィールポップアップを開き、[Keep]のアイコンをタップして確認できます。

端末にダウンロード保存する

上述のように、ボイスメッセージを一度LINE Keepに保存することで、スマホ本体にも簡単にダウンロード保存できるようになります。

LINE ボイスメッセージ LINE ボイスメッセージ

Keepに保存された音声ファイルのメニューボタン[]をタップ。

続いて表示されたメニューから[端末に保存]を選択します。Android版LINEの場合、このワンタップですぐ端末に保存されます。

LINE ボイスメッセージ

iPhone版LINEの場合、ファイルの保存先を選択し、[保存]をタップすれば完了です。ここでは、「このiPhone内」を選択しました。

PC(パソコン)の場合

LINE ボイスメッセージ

PC版LINEでの保存もいたってシンプルです(WindowsもMacも同じ手順です)。

保存したいボイスメッセージ下部の[名前を付けて保存]をクリック。ファイルの保存先を指定して、[保存]をクリックすれば完了です。[保存]を選択した場合、ファイルは「ダウンロード」フォルダに格納されます。

ボイスメッセージ(音声ファイル)の保存先は?

ボイスメッセージに関する困り事としてよく挙げられるのが、「保存した音声ファイルがどこにあるのかわからない」という問題です。

iPhoneの場合

LINE ボイスメッセージ LINE ボイスメッセージ

iOSの「ファイル」アプリで確認するのが便利です。iPhone内に保存した場合は「ブラウズ」タブを開いて、[このiPhone内]をタップすれば見つかるはずです。

iCloud Driveに保存したなどでも、[iCloud Drive]などに音声ファイルが格納されています。

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合、「ダウンロード」フォルダの配下に保存されているのが一般的です。保存したボイスメッセージを探す場合は、ファイル管理アプリを利用するのが便利です。

LINE ボイスメッセージ LINE ボイスメッセージ

たとえば「Files by Google」の場合、内部ストレージの[ダウンロード(Download)]→[LINE]フォルダの順に進むと、保存された音声ファイルを確認できます。

ボイスメッセージの「既読」に注意

ボイスメッセージもテキストメッセージと同様、トーク画面を開いたタイミングで「既読」が付きます。

相手が再生したタイミングではないので、既読になったとしても内容を確認したとは限らない点に注意が必要です。

LINE ボイスメッセージ 既読

手軽にやりとりできるとはいえ、確実に伝えたい用件には向いていないといえるでしょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.12.1、Android版10.12.1、Windows版6.2.0、Mac版6.1.1(macOS Catalina 10.15.5)

EDITED BY SORA