LINEでボイスメッセージ(音声)を送る・保存する方法──録音時間は最長で何分?

iPhone・Androidスマホ・PCそれぞれで手順を紹介

LINE(ライン)には、音声を録音してトークルームで送受信できる「ボイスメッセージ」機能があります。活用しているユーザーはそれほど多くないようですが、文字を入力する手間なく手軽に投稿でき、動画とも一味違って、コミュニケーションの幅も広がります。

本記事では、LINEでボイス(音声)メッセージを送る方法を解説。また、送受信したボイスメッセージを保存する方法についても、iPhone、Androidスマホ、PC(パソコン)それぞれで手順を紹介します。

はじめに確認:LINEボイスメッセージの使い方
  • 録音できる時間は最長30分
  • ボイスメッセージを録音するには、トークルームで[+]ボタン→[ボイスメッセージ]を選択。マイクボタンを長押ししている間は録音され、離すと録音を終了してトークに投稿される
  • 端末に保存するには、一度LINE Keepに保存してから端末にダウンロードする

LINEでボイスメッセージ(音声)を録音して送る方法

ボイスメッセージを録音して相手に送る方法を解説します。ボイスメッセージを録音する際は、事前にマイク権限の設定を確認しておきましょう。

録音時間は最長で30分

録音できるのは最大30分まで

録音時間が1秒未満だと録音できない

LINEのボイスメッセージで録音できる時間は、最長30分までです。録音時間が30分に達すると「最大録音時間になりました」と表示され、それ以上録音できなくなります。

なお、録音時間が1秒未満だと「メッセージが短すぎます」と表示され、ボイスメッセージを投稿できません。

事前にマイクの設定を確認する

ボイスメッセージを録音する場合、あらかじめLINEアプリのマイクへのアクセスを許可しておく必要があります。

iPhoneのマイク設定画面

【LINE ボイスメッセージ】マイクの権限設定

iPhoneの場合は「設定」アプリで[LINE]を選択し、「マイク」をオンにします。

Androidスマホでは、端末の「設定」で[アプリ]→[LINE]→[権限]の順にタップして進み(機種などにより多少異なります)、マイクへのアクセス権限を「アプリの使用中のみ許可」あるいは「毎回確認」にしておきましょう(ボイスメッセージ機能の利用頻度が高いなら「アプリの使用中のみ許可」を推奨)。

スマホ版LINEでボイスメッセージを送る

ボイスメッセージを録音して相手に送る方法は、iOS版/Android版LINEいずれも同様です(本記事ではiOS版LINEで解説)。

トークルームを開き、メッセージ入力欄横の[+]ボタンから[ボイスメッセージ]へ進みます。

画面下部に表示されたマイクボタンを押している間は録音され、指を離すと録音を終了して自動的にトークに投稿されます。

録音を中止してボイスメッセージの送信を中断するには、マイクボタンのタップ中に指を右にスライドさせます。

画面上部に「指をはなすとキャンセルされます」の表示が現れるので、この状態で指を離せば録音が終了します。

PC(パソコン)版LINEでボイスメッセージを送る

PC(パソコン)版LINEに録音機能はありません。スマホ版LINEのようにトークルームでボイスメッセージを録音して相手に送ることはできないのです。

ただし、音声ファイル(mp3やm4aなど)をデータとして相手に送ることは可能です。

まずはトークルームでクリップボタンをクリックします。

フォルダ画面から相手に送信する音声ファイルを選択しましょう。Windows PCでもMacでもこの手順で音声ファイルを送信できます。

フォルダから音声ファイルを選択すれば、相手にボイスメッセージが送信されます。

PC(パソコン)版LINEでメッセージを受信した場合も、スマホと同じように再生ボタンをタップして、音声ファイルを聴くことができます。

ボイスメッセージ(音声)を保存する方法

受け取ったボイスメッセージは、LINE Keep(ラインキープ)に保存できます。端末に保存したい場合は、Keepから端末にダウンロードしましょう。

LINE Keepに保存する

LINE Keepとは、トークルームのテキストや写真、動画などをLINE上に最大1GBまで保存しておける機能です。端末に保存することで、ボイスメッセージが他のトークで埋もれてしまったり、一定期間が経過して再生できなくなったりした場合でも、いつでも聴けるようになります。

Keepに保存するには、まずボイスメッセージを長押しし、表示されたメニューから[Keep]を選択。保存したいボイスメッセージを選択し、iOS版LINEなら[保存]、Android版LINEなら[Keep]をタップしてください。

これで選択したボイスメッセージがKeepに保存されます。

LINE Keepは、LINEの「ホーム」タブで自身のアイコンそばにある[Keep]から開けます。

保存したボイスメッセージは、「すべて」または「ファイル」のタブから確認できるはずです。

端末に保存(ダウンロード)する

前述のように、ボイスメッセージを一度LINE Keepに保存することで、スマホ本体にも簡単に保存(ダウンロード)できるようになります。

スマホ本体にボイスメッセージを保存したいのであれば、Keepを経由して保存しましょう。

Keepに保存された音声ファイルの​ボタンをタップし、[端末に保存]を選択します。Android版LINEの場合、すぐ端末に保存されます。

iOS版LINEの場合、ファイルの保存先を選択し、[保存]をタップすれば完了です。

PC版LINEでボイスメッセージを保存する

PC版LINEでの保存もいたってシンプルです(WindowsもMacも同じ手順です)。LINE Keepを経由せず直接PC本体に保存できます。

保存したいボイスメッセージ下部の[名前を付けて保存]をクリック。ファイルの保存先を指定して、[保存]をクリックすれば完了です。

[保存]を選択した場合、ファイルは「ダウンロード」フォルダに格納されます。

保存したボイスメッセージ(音声ファイル)を確認する

ボイスメッセージに関する困り事としてよく挙げられるのが、「LINE Keepから端末に保存した音声ファイルがどこにあるのかわからない」という問題です。

iPhoneの場合

iPhoneの場合、LINE Keepから端末に保存したボイスメッセージはファイルアプリで確認できます。

iPhone内に保存した場合は「ブラウズ」タブを開き、保存時に選択したフォルダを選択すれば見つかるはずです。

iCloud Driveに保存した場合は「iCloud Drive」に音声ファイルが格納されています。

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合、「ダウンロード」フォルダの配下に保存されているのが一般的です。保存したボイスメッセージを探す場合は、ファイル管理アプリを利用するのが便利です。

たとえば「Files by Google」アプリの場合、内部ストレージの[ダウンロード]→「LINE」フォルダの順に進むと、保存された音声ファイルを確認できます。

録音したボイスメッセージ(音声)を再生する方法

LINEのトークで送受信したボイスメッセージを再生する方法について解説します。

送られてきたボイスメッセージの聴き方

送受信したボイスメッセージを聞く方法は非常にシンプル。ボイスメッセージのメッセージ部分をタップするだけです。

「▶」アイコンが表示されていれば再生停止状態、「■」アイコンが表示されていれば再生中であることを意味します。再生中の早送りや巻き戻し、一時停止などはできないようです。

ボイスメッセージの「既読」に注意

ボイスメッセージもテキストメッセージと同様、トーク画面を開いたタイミングで「既読」が付きます。

相手が再生したタイミングではないので、既読になったとしてもボイスメッセージの内容まで確認したとは限らない点に注意が必要です。

「既読」が付いたからといって、ボイスメッセージを聞いたわけではない

ボイスメッセージはテキストを打たずに手軽に送れるとはいえ、確実に伝えたい用件には不向きだといえるでしょう。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.19.2
LINE
Android
11.19.1
LINE
PC
7.3.1.2631
EDITED BY
AO