LINEで「位置情報」を相手に共有する方法(送り方)まとめ──位置情報の使用許可設定についても解説

LINEで「位置情報」を相手に共有する方法(送り方)まとめ──位置情報の使用許可をオン・オフする設定も解説

LINE(ライン)には、自分の現在地や任意の位置情報を共有できる機能があります。トークなどで友達に待ち合わせ場所をスムーズに伝えられたり、緊急時の対応に活用できたりとなかなか役に立つ機能です。

本記事では、LINEのトークで位置情報(地図)を送信する方法や、グループのノートに位置情報を記録する方法を解説。また、iPhoneとAndroidスマホの本体において、LINEをはじめとしたアプリに位置情報へのアクセスを許可するか否か設定する方法も併せて紹介します。

LINEトークで自分の位置情報を相手に送信する方法

LINEのトークでは、自分の現在地や待ち合わせたい特定の場所などの位置情報を相手に送信できます。グループでの共有もおこなえるので、わざわざ場所についてメッセージで説明しなくても分かりやすく伝えることが可能です。

1トークメニューから「位置情報」を選択

位置情報をトークで送信

トーク画面でメッセージ入力窓の横にある[+]ボタンをタップし、メニューから[位置情報]を選びます。

2地図上で現在地または任意の場所を指定

位置情報をトークで送信

検索結果で選択した場所に赤いピンが立つ

地図(Googleマップ)が表示されます。現在地アイコンを押すとGPSで自分が今いる位置をピンが指します。

任意の場所を指定したい場合は、ピンがその場所の上に来るように地図をスクロールして調節するか、検索窓からスポット名などを入力して探すことも可能です。

3位置情報を送信する

位置情報をトークで送信

ピンポイントで場所を指定可能

地図をピンチアウトして拡大すると、より詳細な地点を指定できます。

目的の場所が指定できたら[この位置を送信]をタップしましょう。

位置情報をトークで送信

シェアしたい相手とのトークに位置情報が送信され、住所などが表示されます。

LINEグループやオープンチャットのノートに位置情報を記録する方法

LINEの「ノート」は、そのトーク、チャットに参加しているメンバーにとっての掲示板にような役割を果たす機能です。ここに避難場所のような位置情報を記録しておけば、いつでも見返すことが可能になります(ノートは1対1トークでも共有できます)。

1トークメニューでノートを呼び出す

位置情報をグループで共有 位置情報をグループで共有

ノートは、共有したいメンバーのいるトークを開いて、上部にあるメニューボタン[]から[ノート]を選択すると作成できます。

位置情報をグループで共有

Android版LINEでは、画面上部のノートマークから作成可能です。

ノートには、位置情報のほか、テキストや画像、動画なども投稿できます。

2ノートを新規作成して位置情報を添付

位置情報をグループで共有 位置情報をグループで共有

左:ノートに初めて投稿するときは[ノートを作成]が選択できる右:すでにノートに投稿がある場合は、画面右下の[+]→[投稿]を選択

ノートへの新規投稿は、[ノートを作成]または右下の[+]→[投稿]でおこなえます。

位置情報をグループで共有 位置情報をグループで共有 位置情報をグループで共有

投稿画面の[位置情報をシェア]をタップするとマップ画面に移行します。

マップ上の任意の箇所で[この位置を送信]を選択し、問題がなければ画面右上の[投稿]でノート上に投稿できます。

3位置情報がノートに投稿される

位置情報をグループで共有

位置情報を載せたノート投稿がトークメンバーへ共有されます。

トーク上の吹き出し、または画面上部のメニューボタン[]→[ノート]からいつでも位置情報を確認できます。

位置情報をグループで共有

ノートへの投稿と同時に、グループメンバーにだけ公開される設定でタイムラインにも投稿内容が掲載されます。

共有された地点までの経路検索ができる

位置情報をグループで共有 位置情報をグループで共有

共有された位置情報のマップ画面で、メニューボタン[]を押すと、[Googleマップで開く][マップで開く][現在地からの経路][他のトークに送信]というメニューが表示されます。

位置情報をグループで共有

[現在地からの経路]を選択すると、自分の現在地から指定された地点までの経路をマップ上に示してくれます。共有された場所が知らないところであっても、どうやって行けばよいのかがすぐにわかります。

ただし、iOS版LINEではApple製のマップが起動してしまうため、Googleマップを使い慣れている人には利便性が感じづらいかもしれません。Android版LINEでは、Googleマップで経路が示されます。

LINEタイムラインで位置情報を共有する方法

LINEのタイムラインで位置情報だけを共有する機会はあまりないかもしれませんが、たとえば旅先で、写真とともに今いる場所を投稿するといったシーンが考えられます。手順はノートにおける投稿と似ています。

1タイムラインの投稿を作成する

位置情報をタイムラインで共有

タイムラインの投稿作成画面では、写真や動画などと同様に位置情報を追加できます。位置情報を追加するには、[位置情報をシェア]をタップします。

2位置情報を投稿に添付する

位置情報をタイムラインで共有

マップ画面に移行するので、自分が今いる場所や投稿する写真と関係のある場所などを指定しましょう。

タイムラインに投稿する位置情報が確定したら、[この位置を送信]をタップします。

3位置情報がタイムラインに投稿される

位置情報をタイムラインで共有

位置情報の貼り付けが完了すると、タイムラインへの投稿のプレビューに地図上で選択した場所の住所が表示されます。

問題がなければ、右上の[投稿]でタイムラインに投稿できます。

位置情報へのアクセス許可をオン/オフ設定する方法

LINEでは、位置情報(現在地)が知らないうちに他人に共有/閲覧されたりすることはなく、設定がオンでも自分から位置情報をシェアしない限り、現在地がバレるという心配はありません。

とはいえ、位置情報へのアクセス権限をアプリに許可したくないという人は多くいます。そこで、LINEをはじめとしたアプリに位置情報へのアクセス許可をオン/オフする設定方法も紹介しておきます。

Androidスマホの場合(Android 10)

スマホの「設定」から[位置情報]を開くと、「位置情報の使用」のオン/オフが変更できます。「位置情報の使用」をオフにすると、すべてのアプリで位置情報が使用できなくなります。

位置情報の設定 Android 位置情報の設定 Android

LINEのみの位置情報設定を変更したいときは、「位置情報」内の[アプリの権限]を選択します。

「常に許可」か「アプリの使用中のみ許可」であればLINEでの位置情報利用はオンになり、反対に「許可しない」にするとLINEで位置情報は利用できなくなります。

iPhoneの場合(iOS 12)

iPhoneの「設定」アプリから[プライバシー]→[位置情報サービス]と進みます。

位置情報の設定 iPhone

「位置情報サービス」をオフにすると、すべてのアプリで位置情報サービスが無効になります。

また、他のアプリの位置情報をオンにした状態でも、LINEだけの位置情報をオフにできます。

位置情報の設定 iPhone

「許可しない」では位置情報の利用がオフになります。「常に許可」は、LINEを起動していないときでもバックグラウンドで位置情報が利用されている状態で、「このAppの使用中のみ許可」はLINEを起動しているときのみ位置情報が利用される状態です。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.15.1、Android版9.15.1

EDITED BY TOKIWA