LINEの友達リストをグループ分け・整理する3つの方法

LINEの友達リストをグループ分け・整理する3つの方法

LINE(ライン)の友だちが増えると、嬉しい反面、探しづらくなったりと管理が面倒に。できれば仕事やプライベート、または高校・大学などの所属コミュニティごとにグループ分けして、友達リストを整理したいところです。

そこで本記事では、LINEの友達リストをグループ分けして表示させる方法を紹介します。頻繁にやりとりする友だちを優先して表示させたい場合や、友だちリストをスッキリさせたいなど、目的別の友だちリスト整理方法も解説しています。

LINE友だちリストの表示順はiPhoneとAndroidスマホで違う

LINEの友達リストの表示順は、端末のOSごとに異なります。デフォルトの表示順を知っておくだけでも多少は友だちを探しやすくなるので、確認しておくといいでしょう。

iOS版LINEの友達リスト並び順

iOS版LINEの並び順は、仮名(ひらがな/カタカナ)と漢字がミックスされた状態で五十音順(あいうえお順)の降順となっています。

iOS版LINEの友だちリスト並び順
  1. ひらがな・カタカナ・漢字(混ざった状態で五十音順)
  2. アルファベット(ABC順)
  3. その他の全角記号(数字、@など)

名前に使われる漢字の読み方は一般的な読みに従っており、読みのまま探してほぼ違和感のない順番に並べられています。

Android版LINEの友達リスト並び順

一方、Android版LINEの並び順は、アルファベットが先で次にひらがな、カタカナといったように文字の種類ごとに分けられて表示されています。読みのまま名前を見つけられないので、iOS版よりも友達を探しにくい印象です。

Android版LINEの友だちリスト並び順
  1. アルファベット(ABC順)
  2. ひらがな(五十音順)
  3. カタカナ(五十音順)
  4. 漢字
  5. その他の全角記号(数字、@など)

また、漢字表記の並びは五十音順ではありません。法則は定かではありませんが、「山」「野」など同じ漢字ごとにざっくりまとまって表示されているようです。

LINEの友達リストを整理する3つの方法

デフォルトの友達リストの並び順がわかったところで、それぞれ目的別にLINE友達リストを整理する方法を紹介します。

1. 名前の表記を変えてカテゴリ別にグループ分けする

残念ながら、現時点のLINEアプリには、標準で友達リストをグループ分けする機能がありません。

しかし、少々無理やりですが、友達の表示名の前に「仕事」「大学」などのカテゴリ名を入力すれば、アルファベット、ひらがな、漢字関係なく、そのグループごとにまとめて表示できるようになります。

LINE 友達 名前の変更 LINE 友達 名前の変更

表示名の変更はかんたん。「ホーム」タブから友だちリストの画面を表示したら、名前を編集したい友だちをタップします。プロフィールが表示されるので、ペンのマークをタップ。

すると「表示名の変更」の画面へ移るので、友達の名前の冒頭に「大学」「仕事」のような所属グループを付け加えましょう。入力したら保存ボタンをタップして完了です。

なお、名前を変えても、あくまで自分のLINE画面上における表記が変更されるだけで、相手が設定しているLINE上の名前そのものが変わってしまうわけではありません。直接画面を見られる以外で変更が相手に知られることはないので安心してください。

LINE 友達 グループ分け LINE 友達 グループ分け

左:iOS版右:Android版

iOS版、Android版で若干の違いはあるものの、上のようにカテゴリ別にきれいに並び替えられます。少々手間はかかりますが、アルファベット、漢字など関係なくコミュニティごとに整理して表示されるので、個人的にはこちらの方がずっと見やすく感じます。

LINEグループを作成するときや招待するときにも、カテゴリ別に表示しておくとかなりスムーズです。

ただ、中途半端に数名だけ表記を変えていると、逆にものすごく見つけづらい状態になってしまいます。この方法を実施するなら、できるだけ全員の名前を一気に変えてしまうのがおすすめです。

2. よくLINEする友達・グループをリストの上に表示させる

お気に入り機能を利用すれば、よくトークする友だちやグループをリストの上の方に配置できます。さらに、お気に入りリストの中で順番を入れ替えて、最も頻繁に連絡する友だちなどを最上部に表示することもできます。

OSごとにお気に入りリストの表示が異なるので、使用しているOSに合わせて確認してください。

iOS版の場合

iOS版では、直近で追加した友だちが、お気に入りリストの中で最上部に表示されます。したがって、お気に入りに5人の友だちを追加する場合、最も頻繁に連絡する友達を一番最後にお気に入り登録すれば良いことになります。

LINE 友達 お気に入り

Android版の場合

Android版では、直近で追加した友だちが、お気に入りリストの中で最下部に表示されます。したがって、お気に入りに5人の友だちを追加する場合、最も頻繁に連絡する友達を一番最初にお気に入り登録すれば良いことになります。

LINE 友達 お気に入り

LINEで友だちを「お気に入り」に追加する/外す方法──リストの順番との関係、相手へ通知が届くのか等の仕様も解説

3. 増えすぎた友達リストを非表示機能でスッキリさせる

ここしばらくLINEで連絡を取っておらず、ただLINEリストにいるだけの人は「非表示」機能を使って友達リストから消して整理するのもひとつの手です。

友だちを非表示化しても、友達リストから消えること以外は何も影響はないので安心してください。相手がこちらにメッセージを送信すると通常どおりメッセージが届き、こちらから相手にメッセージを送ることもできます。

LINE 友だち 非表示

友達を非表示にするには、友達リストで非表示にしたい友達を長押ししてください。表示されたメニューのなかから[非表示]をタップし、表示されるポップアップで[OK]を押せば完了です。

LINE 友だち 非表示 LINE 友だち 非表示

非表示にした友達は、設定ボタン[]→[友達]と進んで、[非表示リスト]をタップすると一覧で表示されます。

再び連絡を取りたい場合は、リストから友達をタップし[再表示]ボタンを押しましょう。これで再び友達リストに相手を復活させることができます(友達リストに復活させなくても、メッセージのやり取りは可能)。

おすすめ
トークリストの整理も可能

増えすぎてごちゃごちゃしがちなLINEの「トークリスト」も、ソート機能とピン留め機能を使って並び替えができます。

LINE トークリストの並び替え LINE トークリストの並び替え

左:ソート機能で並び替えられる右:ピン留めすると青いマークが表示される

ソート機能では、受信時間か未読メッセージの有無、お気に入りの有無でトークを並び替えたり、優先的に上に表示しておくことができます。特定のトークを上部に固定しておきたいなら、ピン機能が便利です。

それぞれの詳しい使い方やそれぞれの機能の仕様などは、下記の記事にまとめています。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.12.0、Android版9.14.1

EDITED BY MOEGI