iPhone 13シリーズをレビュー、進化した点や無印・Proの違いを中心に

iPhone 13・mini・Pro・Pro Maxをまとめてチェック

iPhone 13シリーズが登場しました。事前の噂通り、今回の新モデルはあまり変わっていません。ラインナップはiPhone 12シリーズとまったく同じで、基本的にはマイナーチェンジにとどまっていると言っていいでしょう。それでも、さまざまな点がアップデートしています。

この記事では、iPhone 13シリーズの進化したポイントや、標準モデル(iPhone 13・iPhone 13 mini)と上位モデル(iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Max)の違いなどを中心にレビューします。

iPhone 13シリーズ各モデルの特徴まとめ

まずはiPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxのシリーズ各モデルについて、その特徴を紹介します。

iPhone 13

iPhone 13のスタンダードモデルで、価格は9万9800円からとなっています。ディスプレイは、6.1インチの有機ELでサイズも一般的。大きすぎて持ちづらいと感じる人は多くないでしょう。

新モデルはカメラの配置が斜めに変わり、ノッチが小さくなっています。カメラは2眼で広角と超広角の撮影が可能です。フォトグラフスタイルとシネマティックモードを利用できるのが魅力です。

チップは最新最速のA15で、ディスプレイも625ニトから800ニトへと明るくなっています。バッテリー駆動時間が2時間ほど長くなっている点も見逃せません(以下、バッテリー駆動時間はカタログ値のビデオ再生時間で比較します)。

最新のスタンダードモデル、iPhone 13

iPhone 13 mini

8万6800円から買えるコンパクトなモデルです。小さなスマホを愛用する人に最適な製品で、ディスプレイサイズは5.4インチ。さらに狭額縁なのでかなり小さく感じるでしょう。ディスプレイが小さいだけで性能は上々。最大800ニトととても明るく美しいのです。

このサイズにして、カメラはiPhone 13と同じ。フォトグラフスタイルとシネマティックモードも利用できます。また、チップもA15に進化しています。

前モデルでは、バッテリー駆動時間が短いという声が少なくありませんでした。こちらは2時間長くなっているので、だいぶ持つようになったと感じるはずです。

コンパクトな最新モデル、iPhone 13 mini。本体が小さいのでカメラがより大きく感じる

iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Max

上位モデルの「Pro」シリーズで、標準サイズがiPhone 13 Pro、大画面モデルがiPhone 13 Pro Maxです。

ディスプレイサイズは前モデルと同じ6.1インチ、6.4インチを採用しています。新たに「ProMotionテクノロジー」に対応し、書き換えが120Hzと高速化されました。使っていて大変気持ちが良く、よりレスポンスがよく感じます。さらに、最大1000ニトと明るくなっています。チップは、最速のA15でストレージも1TBが選択できます。

カメラは前モデル同様の3つですが、ズームが最大6倍になりました(前モデルはiPhone 12 Proが4倍、iPhone 12 Pro Maxが5倍)。また、フォトグラフスタイルとシネマティックモードに加え、新たにマクロの撮影にも対応し、最大2センチまで近寄れます。超広角と広角カメラはより明るくなっています。望遠はやや暗くなりましたが、倍率が上がっているので進化しています。

バッテリー駆動時間もiPhone 12 ProとiPhone 13 Proで約5時間、iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxで約8時間伸びています。なお今シーズンは、サイズやバッテリー駆動時間など以外は両モデル共通のスペックです。

iPhone 13 Proは標準サイズの上位モデル

6.7インチと最大画面サイズのiPhone 13 Pro Max

外観で変わったのはノッチとカメラ

ここからは、新しくなった点を中心に紹介していきます。外観で最も変わったのが、ノッチが小さくなったこととカメラです。ノッチは幅がやや小さくなり、より大画面の印象が強くなっています。

ただ、Androidスマートフォンではピンホールタイプのインカメラも増えているので、それらと比べると大きく感じるかもしれません。iPhoneには顔認証などに使うさまざまなセンサーが入っているために面積が大きくなってしまうのです。

カメラはレンズ部分がひと回り大きくなりました。iPhone 13 Proは厚みも増しているので、カメラがスケールアップしたと感じるでしょう。

全モデルでノッチが小さくなった。右のiPhone 13 Pro Maxはノッチの部分が小さくなっている(左はiPhone 12 Pro Max)

カメラは全モデル大きくなっている(Pro Max同士の比較)

右のiPhone 13 Proは、配置が斜めになっているのも違いだ

ProMotionディスプレイで動作のテキパキ感がアップ

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro MaxはProMotionディスプレイを搭載し、画面の書き換え速度が速くなりました。

動きの激しいゲームでも残像が残らないので、気持ちよくプレイできます。普段の画面遷移でもテキパキする印象がずいぶん違いますし、ブラウザのスクロールもきっちりと動きます(下記どちらの動画も右がProMotion対応のiPhone 13 Pro Max)。

Proモデルのカメラの違い(撮影比較)

iPhone 13とiPhone 13 Proのカメラは、望遠の有無が最大の違いです。iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxのカメラも、最大の違いは望遠の倍率です。今回は、一般的な写真を撮り比べてみましたが、それ以外の点はほとんど違いがわかりませんでした。暗い場面などでは違いが出てくる可能性があります。

iPhone 13 Proのマクロは超広角カメラを利用します。2cmまで近寄れるので素晴らしい写真が撮れます。これには、レンズの明るさも効いています。

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Proを比較したが、ズームの倍率以外はほとんど違いがわからない

iPhone 13 Proは2cmまで近寄れるので、ここまで拡大できる。iPhone 12 Pro Maxはこのサイズが限界だ

新たに採用されたフォトグラフスタイルでは、撮影時に色合いのモードを変更できます。

より鮮やかな写真、クールな写真などに一発で調整できます。自分好みの色味のある人は変更してみるとよいでしょう。

フォトグラフスタイルで写真の色合いを変更できる

シネマティックモードで動画を撮影すると、メインの被写体を自動的に判断してピントを合わせてくれます。まるで映画のように撮影できるのです。被写体は人だけにとどまりません。

さらに、撮影後の編集でピントを合わせる対象を変更できます。撮影時に思った通りにピントが合っていなくても、後で変更できるわけです(下記動画)。

撮影後の編集でピントを合わせる位置を変更可能だ

まとめ

iPhone 13シリーズは、前モデルと比べた際の変化点がさほど大きくありません。しかし、両者を比べて見ると確かに進化しており、とても魅力的に感じます。iPhone 8やiPhone Xあたりのモデルから乗り換えるユーザーは大満足できるはずです。

逆に言うと、さすがにiPhone 12シリーズからの乗り換えはおすすめできません。とはいえ、iPhone 12シリーズも下取りや買い取りの価格が高いので、そこまで考えると案外乗り換えも“あり”と判断される人も少なくないでしょう。もちろん、傷が少ないようにきれいに使っていることが条件になります。

手前の新色シェラブルーは、前モデルのパシフィックブルーに比べても明るくフレッシュな印象だ

構成・文
戸田 覚
編集
アプリオ編集部
EDITED BY
LOQU