iPhoneでテザリング(インターネット共有)できない時の原因と対処法

Wi-Fi・USB・Bluetoothテザリング、それぞれのトラブルシューティングまとめ

テザリング(インターネット共有)を利用すると、iPhoneのモバイルデータ通信を利用して、別の機器からインターネットへ接続できます。たとえばWi-Fi版のiPadやPCでインターネットを利用したいとき、iPhoneを経由して接続できます。外出先でインターネットを利用したいときなどに便利なので、一度は試みたことがある人は多いでしょう。

便利なテザリングですが、なぜか使えない、繋がらないというときは、設定や回線契約などに問題がないか確認しましょう。この記事では、iPhoneでテザリングできない場合の原因や対処法についてまとめて解説します。

テザリングできない時に最初に確認すること

テザリングを利用できないときは、まずはじめに自身が契約しているキャリア・プランや設定内容を確認してみましょう。これらを見直すことで、簡単にテザリングできるようになる場合もあります。

キャリアやプランによっては申し込みが必要

インターネット共有はiPhoneの標準機能ですが、契約しているキャリアによって別途申し込みが必要です。

またプランによっては、月額料金が発生するケースもあります。まずは契約しているキャリアやプランについて確認し、申込みが必要な場合は手続きをおこないましょう。

  申し込み 利用料金
ドコモ 不要 無料
au 必要 無料(一部プランは550円)
ソフトバンク 必要 無料(一部プランは550円)
楽天モバイル 不要 無料

ドコモと楽天モバイルは、どちらも申し込みは不要です。料金も無料で、いつでもすぐに利用できます。注意したいのはauとソフトバンクです。こちらはテザリングを利用するのに申し込みが必要です。

また現行プランであれば無料ですが、ソフトバンクの「スマホデビュープラン」や旧プラン、auは「タブレットプラン20」など一部のプランが有料となり、月額料金(いずれも550円)がかかります。

  申し込み 利用料金
ahamo 不要 無料
povo 不要 無料
LINEMO 不要 無料
ワイモバイル 不要 無料

各キャリアが提供しているサブプランについては、いずれも申し込み不要で利用できます。また利用料金も発生せず、無料で提供されています。

Wi-FiやBluetoothはオンになっているか

テザリングをする際に、デバイス同士を有線または無線で接続する必要があります。有線ならUSBケーブルを利用して接続するだけなので、設定は不要です。こちらはPCでテザリングを利用したいときなどによく使われます。

Wi-FiとBluetoothはオンにする

一方、無線で接続するときは設定が必要です。Wi-FiまたはBluetoothを利用するため、コントロールセンターを開いてそれぞれの利用状態を確認しましょう。

モバイルデータ通信がオンになっているか

「モバイルデータ通信」をオンにしておく

テザリングはモバイルデータ通信をおこなっているときに利用します。「設定」アプリの[モバイル通信]で「モバイルデータ通信」がオフになっている場合はオンにしてください。

インターネット共有機能を有効にしているか

利用するときは「ほかの人の接続を許可」をオンにする

テザリングは「インターネット共有」という機能で実現しています。

テザリングを利用するには、「設定」アプリの[インターネット共有]を開きます。「ほかの人の接続を許可」がオフになっていれば、これをオンにします。

コントロールセンターからオンにすることも可能

インターネット共有は、使用するときにオンにすれば十分です。常時オンにしておく必要はありません。なお、インターネット共有自体は、コントロールセンターからオン/オフを切り替えることも可能です。

パスワードとネットワーク名もあらかじめ控えておきます。パスワードは、iCloudにサインインしていない環境や、iCloudにサインインしていてもアカウントが異なる環境でテザリングを利用する際に必要です。初期状態でランダムな英数字が設定されていますが、パスワード部分をタップすることで、好きなパスワードに変更できます。

ネットワーク名は、ネットワークの接続先として識別されます。初期設定で「○○のiPhone」となっており、[一般]→[情報]→[名前]で変更できます。

テザリングできない時に試したい対処法

設定アプリから[一般]→[ソフトウェア・アップデート]

テザリングできないときに、まず確認したいのはiOSやiPadOSのアップデートです。設定アプリで[一般]→[ソフトウェア・アップデート]を開いて、最新版を利用するようにしてください。またWindowsでUSBテザリングやBluetoothテザリングを利用するには、iTunesが必要です。あらかじめインストールしておきましょう。

以下は、テザリングが利用できないときの対処法です。テザリングには、Wi-FiテザリングUSBテザリングBluetoothテザリングの3種類あり、どの方法で接続するかによっても対処法が異なります。

ネットワーク設定は[一般]→[転送またはiPhoneをリセット]→[リセット]→[ネットワーク設定をリセット]でリセットする

またすべての方法に共通して、機器の再起動やネットワークの設定をリセットすることで、問題が改善されることがあります。これらは、インターネット共有を提供するiPhoneだけでなく、インターネット共有を利用する側の端末も同様に操作します。

Wi-Fiテザリングを利用できない時の対処法

「互換性を優先」をオンにする

インターネット共有の提供元となるデバイスでiPhone 12以降を使っている場合は、「互換性を優先」をオンにします。パフォーマンス(インターネット速度)よりも互換性を優先させることで、接続を安定させます。

この状態で、インターネット共有を利用するデバイスのWi-Fiをオンにします。すでにオンになっている場合は、一度オフにしてから再度オンにします。

インターネット共有を提供しているiPhoneに接続していることを確認する

正しいネットワークに接続しているかどうかも確認します。インターネット共有の画面に表示されているネットワーク名と同じネットワークに接続する必要があります。もし違うネットワークに接続している場合は、正しいネットワークをタップして接続し直します。

USBテザリングを利用できない時の対処法

USBテザリングを利用できないときの対処法を、MacとWindows PCそれぞれ紹介しています。

Macの場合

「必要ない場合は無効にする」のチェックをオフにする

USBでテザリングをおこなうには、USBケーブルでiPhoneと機器を接続します。Macなら、「システム環境設定」にある[ネットワーク]を開いて[iPhone USB]を選択します。[iPhone USB]が表示されない場合は、[+]をクリックして追加できます。

Wi-Fiやほかのネットワークに接続していると、テザリングを利用できないことがあります。その場合は、「必要ない場合は無効にする」のチェックを外してから[iPhone USB]を選択します。

サービスを有効にし直す

詳細ボタンをクリックして[サービスを無効にする]を選び[適用]をクリック。いったんサービスを無効にしたあと、再び[サービスを有効にする]→[適用]で有効にし直すことで接続できることがあります。

Windows PCの場合

[信頼]をタップすると接続され、画面左上の時計部分が緑色になる

USBケーブルでiPhoneを接続し、「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されたら、[信頼]をタップします。通常はこれだけでUSBテザリングがおこなわれます。iPhone側の時計部分が緑色になっていれば、問題なく接続されています。

接続できないときは、PCの通知領域から[ネットワークとインターネットの設定]を開いて[アダプターのオプションを変更する]をクリックします。

「Apple Mobile Device Ethernet」が有効になっていることを確認する

イーサネットのデバイスで「Apple Mobile Device Ethernet」が追加されていることを確認してください。

デバイスに「X」が表示されていると、うまく接続できていません。USBケーブルを挿し込んでいるコネクタを変更してみてください。デスクトップPCなら、ケース前面のコネクタではなく、背面に挿し替えてみると接続できることがあります。

Bluetoothテザリングを利用できない時の対処法

Bluetoothテザリングでは、ペアリング操作が必要です。以下の手順で接続できるか試しましょう。

iPadでペアリングする

BluetoothでiPhoneを選択し[ペアリング]をタップする

まずインターネット共有を提供するiPhoneでインターネット共有画面を表示しておきます。次に、ネットワークを利用するiPadでペアリングをおこないます。

設定アプリの[Bluetooth]を開いて、その他のデバイスから[iPhone]をタップ。画面の指示にしたがって[ペアリング]をタップします。

Macでペアリングする

Bluetoothの環境設定を開いてiPhoneに接続する

Macの場合は、システム環境設定やメニューバーからBluetoothの環境設定を開いてiPhoneに接続します。

iPhone側で[ペアリング]をタップすれば接続されます。

Windows PCでペアリングする

Bluetoothネットワークデバイスを表示する

通知領域からBluetoothの設定画面を開いて、iPhoneを追加します。「Bluetoothネットワーク接続」を右クリックして[Bluetooth ネットワークデバイスの表示]を開いてください。

デバイスを追加する

[デバイスの追加]をクリックします。

iPhoneを選択

iPhoneが検索されるので、クリックして追加します。

ペアリングコードを確認

ペアリングコードを確認し、iPhone上でも[ペアリング]をタップします。

右クリックメニューから[アクセスポイント]を選択する

デバイスが追加されたら、右クリックメニューから[接続方法]→[アクセスポイント]をクリックします。これで、Bluetoothテザリングを利用できます。

うまくいかない時は再ペアリングする

ペアリングしても接続できないときは、Bluetoothを一旦オフにしてから、再度にオンにしてみましょう。MacやWindows PCは、メニューバーや通知領域でオン/オフを切り替えられます。

すでにペアリングが済んでいるなら再ペアリングも試します。ペアリングを一度解除してから、接続し直してください。ペアリングの解除は、インターネット共有を提供するiPhoneからおこないます。

デバイスの登録を解除してペアリングをやり直す

「設定」アプリの[Bluetooth]を開くと、過去にペアリングされた機器が表示されます。機器の右端に表示されている[i]をタップして詳細画面を開き、[このデバイスの登録を解除]をタップして解除します。

検証バージョン
  • iPhone 12(iOS 15.4)
  • iPad 第7世代(iPadOS 15.4)
  • macOS Catalina(10.15.7)
  • Windows 10(version 21H2)
  • iTunes(12.12.3.5)
EDITED BY
AO