iCloudキーチェーンでパスワードを管理・確認する方法

iCloudキーチェーンでパスワードを管理する方法──パスワードの確認方法も解説

最近では、あらゆるサービスの利用にパスワードの設定が必要になっています。サービスごとに異なるパスワードを覚えるのは、誰もが苦手に感じるでしょう。とはいえ、同じパスワードを使い回していては、セキュリティを危険に晒すこととなり本末転倒です。

そんなときiPhoneユーザーにとって便利なのが、「iCloudキーチェーン」です。自分の代わりにパスワードを記憶して自動入力してくれるので、一つひとつのパスワードを覚えたり、同じパスワードを使い回したりする必要がなくなります。またパスワードだけでなく、クレジットカード番号や自分の連絡先の記録もできます。

本記事では、iCloudキーチェーンの設定方法や使い方を解説します。

iCloudキーチェーンをオンにする

iCloudキーチェーン 設定 iCloudキーチェーン 設定

iCloudキーチェーンを有効にするには、「設定」アプリの[(ユーザー名)]→[iCloud]→[キーチェーン]をタップして、「iCloud キーチェーン」をオンにします。iPhoneのセットアップ時に、オンにしていることがほとんどですが、オフになっていた場合はオンに変更してください。

2ファクタ認証を使っていない場合は、オンにするだけではiCloudキーチェーンを有効にできません。画面に表示される案内にしたがって、操作してください。2ファクタ認証を有効にするか、またはiCloudのセキュリティコードの作成を指示される場合があります。

iPhoneユーザーは必ず2段階認証を導入すべし、Apple ID「2ファクタ認証」の設定方法と使い方

iCloudキーチェーンでパスワードを管理する

iCloudキーチェーンは、Webサイトのログインに使うユーザー名やパスワード、クレジットカード番号、Wi-Fiネットワーク情報などのアカウント情報を記憶する機能です。承認済みのすべてのデバイスで同期し、自動入力できるようにする方法を紹介します。

パスワードを登録する

iCloudキーチェーン パスワードの登録 iCloudキーチェーン パスワードの登録

iCloudキーチェーンを利用してパスワードを記録するには、Safariを起動します。すでにアカウントを持っているWebサービスなら、ユーザー名とパスワードを入力してログインすればOKです。iCloudキーチェーンに記録するか聞かれるので、[パスワードを保存]をタップします。

判断を保留したいときは、[今はしない]をタップしておくとよいでしょう。次回ログイン時に、再びダイアログが表示されます。なお、プライベートブラウズでは、ユーザー名とパスワードを記録できません。プライベートブラウズを利用している場合は、通常モードに戻してからログインしてください。

【iPhone】Safariに閲覧・検索・入力の履歴を残さない「プライベートブラウズ」機能の使い方

登録したパスワードを自動入力する

iCloudキーチェーン パスワードの自動入力 iCloudキーチェーン パスワードの自動入力

iCloudキーチェーンにログイン情報を登録すると、次回ログイン時に自動入力できるようになっています。「ログインしますか?」という画面の案内が表示されるので、使用するIDをタップします。Face IDやTouch IDを利用すると、ログイン情報が自動入力されます。

クレジットカード情報や連絡先情報を登録する

オンラインでショッピングをするときなどに、クレジットカード番号や電話番号などの連絡先情報を求められることがあります。iCloud キーチェーンでは、これらの情報も登録しておくと自動入力できるようになります。

クレジットカード情報を登録する

iCloudキーチェーン クレジットカード情報の登録 iCloudキーチェーン クレジットカード情報の登録

「設定」アプリを起動して、[Safari]→[自動入力]をタップします。

iCloudキーチェーン クレジットカード情報の登録 iCloudキーチェーン クレジットカード情報の登録

クレジットカードを登録するなら、[保存済みクレジットカード]→[クレジットカードを追加]をタップします。[カメラで読み取る]か、または手動でカードの情報を入力してください。[カメラで読み取る]を選んだ場合は、画面に表示される枠の中にカードを収めるとカード情報を自動で読み取ってくれます。

iCloudキーチェーン クレジットカード情報の登録 iCloudキーチェーン クレジットカード情報の登録

番号や有効期限を確認し、[完了]をタップするとカードの情報が保存されます。なお、セキュリティコードはiCloudキーチェーンには登録できません。セキュリティコードは、支払いのたびに必ず手入力する必要があります。

Apple Pay(アップルペイ)の使い方 超入門ガイド

連絡先情報を登録する

iCloudキーチェーン 連絡先情報の登録 iCloudキーチェーン 連絡先情報の登録

連絡先情報は、あらかじめ「連絡先」アプリに登録したものが使われます。「設定」アプリの[Safari]→[自動入力]→[自分の情報]と進むと登録する連絡先の候補が表示されるので、タップして選びます。

登録したクレジットカード情報や連絡先情報を自動入力する

iCloudキーチェーン クレカ・連絡先情報の入力

クレジットカードや連絡先情報を入力する方法は、パスワードの入力と同じです。Safariは入力フォームの内容を自動で判別するので、[カード情報を自動入力]や[連絡先を自動入力]をタップし、必要な情報を入力してください。

保存されているパスワードを確認・更新する

iCloudキーチェーンに保存されているパスワードを確認または変更したいときは、「設定」アプリからおこないます。

パスワードを確認する方法

iCloudキーチェーン パスワードの表示 iCloudキーチェーン パスワードの表示

「設定」アプリを起動して、[パスワードとアカウント]→[WebサイトとAppのパスワード]をタップします。

iCloudキーチェーン パスワードの表示 iCloudキーチェーン パスワードの表示

Face IDまたはTouch IDを使って認証すると、Webサイトのリストが表示されます。Webサイトをタップして、ユーザー名やパスワードを確認します。

また右上にある[編集]をタップして、Webサイトを削除したり、登録情報を書き換えたりできます。

パスワードを更新する

iCloudキーチェーン パスワードの更新

1つのサイトで同じパスワードを長期間使っていると、リストに注意マークが表示されます。過去に登録したサービスなどで、使い回しが目立つようならパスワードの変更を検討してもよいでしょう。

iCloudキーチェーンでは簡単にパスワードの更新が可能です。使い回しのパスワードから強力なパスワードに更新すれば、一層のセキュリティ強化が期待できます。

iCloudキーチェーン パスワードの更新

iCloudキーチェーンに登録しているパスワードを表示し、[Webサイトのパスワードを変更]をタップします。

iCloudキーチェーン パスワードの更新 iCloudキーチェーン パスワードの更新

ログイン情報を登録しているWebサイトが開くので、ログインしてからパスワードの変更画面に移動します。

「新しいパスワード」入力欄にカーソルを移動すると、新しいパスワードが作成されます。「強力なパスワードが作成されました」という案内が表示されるので、問題なければ[強力なパスワードを使用]をタップします。なお、[独自のパスワードを選択]をタップすれば、自分で考えたパスワードを手動で入力することも可能です。

Webサイト上で変更手続きをすべて終えたら[キャンセル]でパスワード画面に戻り、iCloudキーチェーンのパスワードが更新されているかを確認してください。

iCloudキーチェーンの自動入力をオフにする

iCloudキーチェーンに登録したパスワードの自動入力を無効にすることもできます。自動入力をオフにすると、ログインのたびにパスワードやクレジットカード情報などの手入力が必要になります。

当然、利便性は損なわれますが、他の人が操作する可能性のある端末などでセキュリティ面の不安がある場合などは、自動入力をオフにしておくとよいでしょう。

iCloudキーチェーン 自動入力のオフ iCloudキーチェーン 自動入力のオフ

「設定」アプリの[パスワードとアカウント]を開き、「パスワードを自動入力」をオフにすればOKです。

iCloudキーチェーン 自動入力のオフ iCloudキーチェーン 自動入力のオフ

なお、サードパーティ製のパスワード管理アプリを利用している人は、「パスワードとアカウント」画面から[パスワードを自動入力]をタップし、「パスワードを自動入力」をオフにしてください。

iCloudキーチェーン 自動入力のオフ

連絡先やクレジットカード情報の自動入力を無効にしたいときは、「設定」アプリの[Safari]→[自動入力]を開いて、「連絡先の情報を使用」と「クレジットカード」のスイッチをオフにします。

自動入力アプリを切り替える方法

iCloudキーチェーン 自動入力アプリの切り替え iCloudキーチェーン 自動入力アプリの切り替え

iCloudキーチェーンとサードパーティ製のアプリを切り替えるには、自動入力画面の右下に表示されている鍵のアイコンをタップします。保存されているパスワードやアプリを選択できるメニューが表示されます。

iCloudキーチェーン 自動入力アプリの切り替え

また、「設定」アプリでも切り替えはできます。「設定」アプリの[パスワードとアカウント]→[パスワードを自動入力]と進み、「入力を許可」欄で使いたいアプリにチェックをつければ、次回以降のパスワード入力時に使用できるようになります。

一方でチェックを外したアプリは、パスワードの自動入力時に使用できなくなります。iCloudキーチェーンではなく、外部アプリのみでパスワードを管理したい場合は、「iCloudキーチェーン」のチェックを外してください。

検証端末:iPhone X(iOS 13.5.1)

EDITED BY TOKIWA