【iOS 15.4】iPhoneでマスクをしたまま顔認証(Face ID)でロック解除する方法

iPhone 12シリーズ以降で設定可能に

2022年3月14日(米国時間)にリリースされた「iOS 15.4」で、かねてからiPhoneユーザーから多くの要望があったマスクを着けながらのFace ID利用が可能になりました。ついに、マスクをしていても顔認証によるロック解除やApple Pay支払いがスムーズにおこなえるようになったのです。

この記事では、マスクをしたままiPhoneで顔認証(Face ID)を利用するための設定方法を解説します。

iPhone 12シリーズ以降でマスク着用時のFace ID利用が可能に

Appleが2022年3月14日(米国時間)にリリースした「iOS 15.4」アップデートでは、iPhone 12シリーズ以降のモデルでマスク着用時でもFace IDの利用ができるようになります。

Face IDは元々マスクを着用した状態だとロックを解除できませんでした。2020年4月からのコロナ禍でマスク着用時間が増えたことにより、Appleはマスク着用時に即座にパスコード入力画面に移行する機能や、Apple WatchによってiPhoneを解除できる機能を追加してきたという経緯があります。

ただし、「iOS 15.4」でマスクを着けながらFace IDを使えるようになったのは、iPhone 12シリーズ以降のみ。残念ながらiPhone 11シリーズ以前のモデルでは、マスクを着用した状態でのFace ID利用はこれまで通りできません。

マスク着用時にFace IDを利用するための設定方法

「iOS 15.4」にアップデートしただけでは、マスクをしながらのFace ID利用はできるようになりません。「設定」アプリでマスク着用時でもFace IDが使えるよう設定をおこなう必要があります。

  1. 「設定」アプリの「Face IDとパスコード」を開く

    まずは「設定」アプリの[Face IDとパスコード]を選択。iPhoneのロック解除に使用するパスコードを入力し、設定画面を開きます。

  2. 「マスク着用時Face ID」をオンにして設定を開始する

    「Face IDとパスコード」のメニューを開いたら、「マスク着用時Face ID」のスイッチをオンにします。

    オンにすると同時にマスク着用時のFace ID設定画面が開かれるので、[マスク着用時にFace IDを使用する]を選択してください。

  3. Face IDに顔を登録する

    続いて、Face IDに顔を登録します。すでにFace IDを利用している場合でも、ここであらためて顔の登録をおこなう必要があります。[開始]をタップし、画面指示に従って通常どおりFace IDに自身の顔を登録しましょう。

    なお、このときはマスクを着用しながらではなく、素顔で登録をおこなってください。

  4. Face IDへの顔の登録が完了

    「Face IDがセットアップされました」という画面が表示されたら完了です。これで、鼻までマスクで隠れている状態でも、Face IDによるiPhoneのロック解除や、Apple Payの支払い認証などが可能になります。

    別途メガネ着用時の容姿を登録する必要がある場合は、[メガネを追加]からメガネを着用した状態の顔の登録を進めてください。

EDITED BY
TOKIWA