【iOS 16】ホーム画面の「検索」を非表示にする方法

「設定」アプリで元のインジケーターに戻せる

iOS 16ではロック画面のカスタマイズ機能など、大小さまざまな新機能が導入されました。新しいiOSへアップデートすると、便利な機能や魅力的な機能も導入される一方で、これまでと機能の使い勝手が変わって逆に不便に感じてしまう場合もあります。

iOS 16では、アップデート後にホーム画面を開いたときに、画面下部の「検索」の文字列が目に入って違和感を覚えた人も多いのではないでしょうか。かつてはホーム画面のページ数を表示するインジケーターが表示されていた場所に「検索」ボタンが配置されているため、インジケーター機能としての使いやすさは著しく低下してしまっています。そこで本記事では、ホーム画面下部の「検索」ボタンを元のインジケーターに戻す方法を解説します。

ホーム画面の「検索」をインジケーターに戻す方法

ホーム画面の「検索」ボタンはiOS 15以前のインジケーター表示に戻すことができます。表示設定の変更は、「設定」アプリからおこないます。

「設定」アプリの[ホーム画面]を選択し、「ホーム画面に表示」のスイッチをオフにすれば設定は完了です。

「検索」ボタンからインジケーター表示に戻った

設定の変更後にホーム画面を確認すると、「検索」ボタンの表示されていた箇所が従来のインジケーター表示に戻っていることを確認できます。

「検索」ボタンでは何ができる?

「検索」ボタンをタップ

iPhone内の情報またはWeb上から横断的なキーワード検索ができる

「検索」ボタンからは、アプリやメモなどのiPhone内の情報、またはWebでの横断的なキーワード検索機能を利用できます。iOS 15までは、ウィジェット画面の上部か、ホーム画面を上から下にスワイプすることで検索画面を表示可能でした。

iOS 16ではウィジェット画面から検索機能を削除し、代わりにインジケーター部分を「検索」ボタンとして検索機能へアクセスできるようになっています。ホーム画面からワンタップで検索機能を利用できる反面、インジケーター操作でホーム画面の切り替えがしづらくなったので、ホーム画面を複数ページ作成している人などは不要な機能に感じてしまうかもしれません。

ホーム画面で上から下にスワイプすると検索画面を表示できる

なお、ホーム画面を上から下にスワイプして検索画面を表示する方法は、ホーム画面の「検索」ボタン表示の有無にかかわらず利用できます。インジケーター操作と検索機能をどちらもよく使う人は、スワイプ操作による検索機能へのアクセス方法を活用するとよいでしょう。

検証バージョン
iPhone 12 Pro
iOS
16.0
EDITED BY
TOKIWA