【iOS 14】iPhoneでホーム画面のページを編集(削除)する方法 ページ編集の活用例も紹介

【iOS 14】ホーム画面のページを編集(削除)する方法 ページ編集の活用例も紹介

iOS 14ではiPhoneのホーム画面の機能にいくつかの変化が加えられました。ウィジェットをホーム画面に追加できる機能新機能「Appライブラリ」などに加え、よりホーム画面の機能性を高めるのが「ホーム画面のページ編集」機能です。不必要なホーム画面のページを非表示にできるため、ホーム画面の整理やAppライブラリへの効率的なアクセスなどに役立ちます。

本記事では、ホーム画面のページ編集をおこなう方法を解説します。あわせて、Appライブラリやウィジェット追加といったiOS 14での新機能と組み合わせた活用例も紹介します。

iPhoneでホーム画面のページ編集をおこなう方法

ホーム画面のページ編集をおこなうには、まずホーム画面の編集モードをスタートさせる必要があります。

1ホーム画面を編集モードにする

iOS 14 ページ編集 iOS 14 ページ編集

左:ホーム画面の余白部分を長押しして編集モードに右:画面下部のインジゲーターをタップ

アプリを削除するときの手順と同様にアプリを長押ししつづけると、ホーム画面の編集モードがスタートします(アプリのクイックアクションが起動しても構わずに長押ししつづけます)。

ホーム画面の編集モードになったら、画面下部のインジゲーター(ページ数を表す点)をタップしてください。

iPhoneアプリを整理する方法──アイコンの移動・削除とフォルダ作成

2ページを編集する

iOS 14 ページ編集 iOS 14 ページ編集

ホーム画面のページ一覧から不要なページのチェックを外す

すると、現在あるホーム画面のページが一覧で表示されます。ホーム画面の不要なページを非表示にするには、各ページの下にあるチェックボックスをタップして空白にすればOKです。ページの編集が終わったら、画面右上の[完了]をタップします。

3ページ編集を完了する

iOS 14 ページ編集

通常のホーム画面表示に戻ると、画面下のインジゲーターの数が減っているのが分かります。編集内容に問題がなければ、再度[完了]ボタンをタップして編集モードを終了してください。

なお、ページ編集でページを非表示にしても、アプリやデータなどへの影響は一切ないので安心してください。非表示にしたページにあるアプリを使いたいときは、Appライブラリから起動します。Appライブラリの使い方は下記記事で解説しています。

【iOS 14】「Appライブラリ」の使い方──アプリをジャンル別にスッキリ整頓

ページ編集機能の活用例

ここではiOS 14の新機能である「ページ編集機能」と「Appライブラリ」、「ウィジェットの追加」を組み合わせた活用例を3つ紹介します。もちろん、組み合わせや活用方法は人それぞれなので、自分に適した使い方を探してみてください。

活用例1:精鋭アプリのみをホーム画面に表示する

よく使うアプリだけをホーム画面に残して、あとはAppライブラリを利用するという組み合わせです。

iOS 14 ページ編集 活用例

精鋭アプリを集めたページだけにチェックマークを付ける

精鋭のアプリだけを集めたページを作成し、他のページはすべて非表示にしてしまいましょう。ホーム画面は実質1ページとなり、少数精鋭のスマートな雰囲気のホーム画面になります。

iOS 14 ページ編集 活用例

ホーム画面のページ数が1ページだけなので、Appライブラリへのアクセスもタイムレスにおこなえます。とにかくホーム画面はスッキリとさせたいという人におすすめの設定です。

iPhoneでアプリを起動する方法──クイックアクションや検索、ウィジェット、ショートカットアプリも活用できる

活用例2:ホーム画面にはウィジェットのみ、アプリの起動はAppライブラリへ

ホーム画面に表示するのはウィジェットのみでアプリは一切置かない、というまさにホーム画面の常識を覆すような設定となります。

iOS 14 ページ編集 活用例

好きなウィジェットを集めたページだけにチェックマークを付ける

好きなウィジェットを集めたページを作成し、他のページをすべて非表示にすれば完成。アプリの存在しないホーム画面が出来上がります。Appライブラリへの素早いアクセスも可能なので、見た目よりはアプリの起動に困りません。

iOS 14 ページ編集 活用例

とにかくアプリアイコンをホーム画面からなくしたい人や、ホーム画面を開いて必要な情報だけがすぐに欲しいというような人におすすめです。

【iOS 14】iPhoneのホーム画面にウィジェットを追加する方法

活用例3:ウィジェットもアプリも便利に使いたい人向けの組み合わせ

活用例1と活用例2の中庸をとった設定となります。ウィジェットによる情報収集を優先しながら、よく使うアプリの機動性も担保しています。

iOS 14 ページ編集 活用例

ウィジェットを1ページ目に、精鋭アプリを2ページ目にセットする

ウィジェットを集めたページを先に作り、次に精鋭アプリのページを配置します。2ページ構成になるためAppライブラリは3ページ目となり、上記2例ほど素早いアクセスは困難になります。

iOS 14 ページ編集 活用例

「ウィジェットページ→アプリページ→Appライブラリ」の構成。もちろん、ウィジェットとアプリを混在させてもよい

それでもどちらの利便性も捨てがたい、という人におすすめです。

iPhoneでウィジェットを設定(並べ替え/追加/削除)する方法

検証端末:iPhone X(iOS 14)

EDITED BY TOKIWA