Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方──エリアや手数料から登録・注文方法、クーポン活用まで全解説

「Uber Eats」アプリの使い方──登録方法、注文方法、クーポン・プロモーションコードなど解説

近年、利用者数が増えている宅配・デリバリーサービス。なかでも定番と言えるのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」でしょう。ファストフードやファミリーレストラン、話題の人気店の料理などをスマホひとつで注文でき、自宅まで配達してくれます。

本記事では、ウーバーイーツの仕組みや対応エリア、手数料などの基本知識から、登録や注文のやり方、キャンペーンクーポン・プロモーションコードの活用まで、Uber Eatsのおトクな使いこなし方を徹底解説します。

詳しくはこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、自宅にいながらスマホひとつで飲食店の料理を注文できるデリバリーサービスです。注文した商品は配達員が自宅まで配達してくれるため、店舗まで取りに行く必要もありません。

日本国内では、都市部を中心に16都府県で展開されています。2020年3月には、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「置き配」を開始。配達員と対面せずに注文した商品を受け取れるのもUber Eatsのメリットです。

ただし、全国どこでも配達できるわけではなく、配達エリアは一部に限られています。また、配達には手数料も発生します。まずは、Uber Eatsを使う上で知っておきたい基本を解説します。

Uber Eatsの仕組み

Uber Eatsの仕組み

Uber Eatsの仕組み

ユーザーがアプリなどから店舗を検索して料理を注文すると、注文情報がUber Eatsを経由して店舗に届きます。ユーザーと店舗が直接やり取りするわけではなく、注文や決済は基本的にUber Eatsが仲介します。

注文を受けた店舗は調理や商品の準備を開始し、再びUber Eatsを経由して「配達パートナー」と呼ばれる配達員に配達を依頼します。依頼を受けた配達員は店舗で商品を受け取り、ユーザーのもとまで配達するという仕組みです。

配達可能なエリア

Uber Eatsは、世界中で利用できるサービスです。世界6大陸、45の国と地域、6000以上の都市で40万店以上のレストランと提携しています。日本国内では、都市部を中心に16都府県で展開されています(2020年4月現在)。

配達可能なエリアは以下の通りです。配達エリアは順次拡大しているため、今後は下記以外のエリアにも対応していくとみられます。

配達可能なエリア(2020年4月末時点)

東京、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、仙台市、富山市、金沢市、名古屋市、京都市、大阪、神戸市、松山市、高松市、広島市、福山市、福岡市、久留米市、北九州市

Uber Eatsの配達可能エリア

配達エリア外は指定できない

上記以外のエリアを指定しようとすると、注文画面に進むことができません。たとえば、神奈川県でも配達可能なエリアは横浜市と川崎市内のみで、それ以外の住所は配達エリア外となる場合があります。

配達時間も指定できる

Uber Eatsでは、注文する際に配達時間の指定が可能です。「今すぐ届けてほしい」というケースもあれば、「週末のパーティに向けて事前に注文しておきたい」ということもあるでしょう。事前に予約するのであれば、時間指定をするのが便利です。

指定できる時間帯は店舗や配達エリアによって異なりますが、最短で15〜30分程度、最長で7日間程度まで可能です。ただし、予約日時は店舗の営業時間内である必要があります。店舗の営業時間外あるいは定休日を配達日時に指定することはできません。

Uber Eatsにかかる手数料はいくら?

Uber Eatsで注文すると、商品価格と合わせてサービス料や配送手数料が発生します。Uber Eatsで注文した際に発生する手数料は次の通りです。

Uber Eatsで発生する手数料
  • 配送手数料:配達エリアや注文する店舗、商品によって異なる
  • サービス料:店舗によって異なるが、小計の10%というケースが多い
  • 少額注文における手数料:注文金額が700円未満の場合、150円の手数料が発生する

Uber Eatsの配送手数料

場合によっては商品価格よりも手数料のほうが高くなることも…

配送手数料は、ほぼすべての注文で発生します。配達先の住所や注文した店舗によって異なりますが、およそ100円〜550円程度です。サービス料は、注文金額の10%程度がかかることが多いようです(店舗の配達員による配送の場合にはかからない)。

注文する商品が安ければ「少額注文における手数料」も発生します。そのため、商品価格よりも手数料の合計金額のほうが高くなってしまうケースもあることは、注意しておきたいポイントです。

対応する決済手段(クレカ、LINE Pay、PayPay、現金など)

Uber Eats

対応している決済手段は、LINE Pay、Apple Pay(iPhoneのみ)、PayPay、クレジットカード、現金の5種類です(PayPayは5月4日から一部で対応)。決済手段は「アカウント」タブ→[ウォレット]から設定できます(注文時に変更することも可能)。

なお、現金払いは初回登録時に選択できず、何度か注文しないと選択できないこともあるようです。

商品の受け取りは「置き配」も選択可能

新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年3月より非対面による「置き配」に対応しました。受け取り方法に「玄関先に置く」を選択することで、配達員と接触することなく商品を受け取れます。

Uber Eatsの置き配

置き配は、会員登録直後に選択可能。また注文時にも配達方法として選択でき、置き配以外の方法(直接手渡しなど)に変更することも可能です。

Uber Eats 置き配

実際に置き配を選択してみると…

実際に筆者が「玄関先に置く」(置き配)を選択して注文してみたところ、当日は雨が降っていましたが、雨に濡れない郵便受けの上に商品が置かれていました。地面に直接置かれることもなく、配慮した置き方をしてくれたようです。

Uber Eatsアプリの使い方

会員登録の方法からメニューの注文方法を解説します。また、注文完了後は配達員の現在地もチェックできます。

まずは会員登録が必要

Uber Eatsで注文するには、まず会員登録が必要です。会員登録はスマホやPCのWebサイトからも可能ですが、ここではアプリを使った方法を紹介しています。

1Uber Eatsアプリをインストール

Uber Eatsアプリをダウンロードしていなければ、スマホにインストールしておきましょう。

ダウンロードはこちら

Uber Eatsの会員登録方法

アプリをインストールしたら、[続行]をタップして会員情報を入力していきます。

2電話番号を入力する

Uber Eatsの会員登録方法 Uber Eatsの会員登録方法

電話番号宛に届いたOTPコードを入力

まずは電話番号を入力します。

入力した電話番号(SMS)宛に4桁のOTPコードが届くので、Uber Eatsアプリの画面に入力してください。

3メールアドレス/パスワード/名前を入力

Uber Eatsの会員登録方法 Uber Eatsの会員登録方法 Uber Eatsの会員登録方法

画面に沿ってメールアドレス、パスワード、名前を入力

メールアドレスを入力します。ここで入力したメールアドレスに注文した際の領収書が届きます。

続いて、アカウントのパスワードや名前を入力します。画面の指示に従って入力を進めましょう。

4配達先の住所を入力

Uber Eatsの会員登録方法 Uber Eatsの会員登録方法

利用規約を確認・同意したら、次に配達先の住所を入力します。スマホの位置情報が有効になっていれば、現在地からの入力も可能です。

これで、会員登録は完了です。

店舗のメニューを注文する(商品選択・決済・配達指定)

実際に店舗の商品を注文する流れを解説します。大まかな流れは、(1) 店舗を選択→ (2) 商品を選択→ (3) 決済手段や配達時間を選択→ (4) 注文完了となります。

1注文する店舗を探す

まずは注文する店舗を探しましょう。検索する方法は、大きくわけて「ホーム」タブから探す方法と「検索」タブから探す方法の2通りあります。

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

「ホーム」タブから探す

「ホーム」タブでは、店舗独自のキャンペーンを実施している「特別オファー」、現在地周辺の店舗から探せる「お近くのお店」、Uber Eatsによる「お勧めの料理」などから店舗を検索できます。

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

「検索」タブから探す

「検索」タブではキーワード検索のほか、「タピオカティー」「デザート」「ピザ」「日本料理」などのカテゴリ検索も可能です。

2商品を選択する

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

店舗が決まったら商品を選択する

店舗が決まったら、次に注文する商品を選択します。商品点数を指定し、商品によってはサイドメニューなどのオプションも選べます。また、注意事項の入力も可能です。商品が決まったら[カートに追加]をタップしてください。

Uber Eatsの注文方法

注文したい商品が決まったら、画面下の[カートを見る]をタップすると決済画面に移ります。

同じ店舗であれば複数の商品をカートに入れることができますが、1回の注文で複数の店舗を注文することはできません。複数の店舗で注文したい場合は、注文自体を分ける必要があります。

3注文を決済する

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

左:決済画面右:合計金額を確認できる

決済画面では、商品の小計とサービス料・配送手数料の確認ができます。

アプリオ編集部のクーポン(プロモーションコード)

決済画面で[プロモーションを見る]→[プロモーションコードを追加]と進んで、アプリオ編集部のプロモーションコード「eats-rob8j1」を入力して追加すると750円の割引になります(初回ユーザーのみ、3回目の注文まで有効)。

Uber Eats プロモーションコード クーポン

Uber Eatsを初めて利用する人は、ぜひ活用してみてください(プロモーションコードについての詳細は後述)。

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

配達時間を指定する

配達時間の指定も可能です。[配達時間]に配達までの目安時間が表示されているので、この部分をタップ。

すぐに配達してほしい場合は[今すぐに注文]、時間を指定したい場合は[注文を予約する]を選択して日付と時間帯を指定します。

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

支払い方法の選択

支払い方法は、初期状態では「Apple Pay」になっています(iOS版アプリの場合)。変更するには[Apple Pay]をタップし、[支払い方法を追加]をタップ。「クレジットカードまたはデビットカード」「現金」「LINE Pay」のいずれかを選択します(5月4日から一部でPayPayにも対応)。

「お支払いオプション」の画面に支払い方法が追加されたら、任意の支払い方法を選択してください。Android版アプリを利用している場合、注文前に「アカウント」タブから[Wallet]を選択し、決済手段を選択しましょう。

カートに入れた商品を削除するには?

Uber Eatsの注文方法

カートに入れた商品を削除するには、削除したい商品を選択して[カートから商品を削除する]をタップするだけです。iOS版アプリなら削除したい商品を左にスワイプして[商品を削除]をタップして削除することも可能です。

4注文を完了する

Uber Eatsの注文方法 Uber Eatsの注文方法

注文が完了した

注文内容や配達住所の確認、支払い方法の選択などを済ませたら、画面下部の[注文する](時間指定の場合は[注文品の配達時間を指定する])をタップして注文完了です。

Uber Eatsの注文方法

注文内容は「注文」タブから確認できる

注文が完了すると、「注文」タブで注文内容の確認やキャンセル、領収書の表示などができます。

注文完了後は配達員の現在地もチェックできる

Uber Eats 配達員の現在地をチェック

配達員の現在地が地図上に表示される

注文が完了すると、配達員の現在地を確認できます。

配達員が今どこにいるのか、あとどれくらいで届くのかを地図上でリアルタイムにチェックできるので、到着までの目安にするといいでしょう。

配達完了後に配達員を評価する

Uber Eats 配達員を評価 Uber Eats 配達員を評価

左:配達員を評価右:店舗を評価

注文が完了したら、必要に応じて配達員や店舗の評価をおこないます。

対応が良いと思ったらグッドボタンを、良くないと思ったらバッドボタンをタップし、[円滑なコミュニケーション][迅速で効率的]などの評価を選びます。また、配達員だけではなく注文した店舗の評価も可能です。

クーポン・プロモーションコードを要チェック

Uber Eatsをお得に利用するにあたって見逃せないのは、クーポン(プロモーションコード)やキャンペーンです。商品が割引になったり手数料が無料になったりするので、Uber Eatsを利用するなら知っておくべきでしょう。

店舗独自でキャンペーンを実施していることも

Uber Eatsでは店舗が独自に実施しているキャンペーンもあります。キャンペーンの内容は、一定の金額を注文すると割引になったり配送手数料が無料になったりするものが多いようです。

Uber Eats キャンペーン・プロモーションコード・クーポン Uber Eats キャンペーン・プロモーションコード・クーポン

キャンペーンを実施している周辺店舗が表示される

「ホーム」タブの「特別オファー」に、キャンペーンを実施している周辺の店舗が表示されているのでチェックしてみるといいでしょう。

プロモーションコードとは?

Uber Eatsをよりお得に利用する手段が、「プロモーションコード」です。指定された英数字(=プロモーションコード)をアプリなどに入力することで、特定の商品が割引されたり配送手数料が無料になったりします。

たとえば上記のように、「MATSUYA2004」というプロモーションコードを入力すると、松屋で1000円以上の注文をした際に配送手数料が無料となります(現在はキャンペーン終了)。

Uber Eats キャンペーン・プロモーションコード・クーポン Uber Eats キャンペーン・プロモーションコード・クーポン

アプリでプロモーションコードを入力する際は、「アカウント」タブから[プロモーション]→[プロモーションコードを追加]→プロモーションコードを入力して[プロモーションコードを追加]で完了です。

プロモーションコードの情報を入手するなら、Uber EatsのLINE公式アカウントを友だち追加するかTwitterのアカウントをフォローしておくのがいいでしょう。

Uber Eats Japan Twitterアカウント
Uber Eats LINE公式アカウント

友達紹介による割引クーポンも

Uber Eats キャンペーン・プロモーションコード・クーポン

紹介コードを入力して注文を完了すると割引が適用される

Uber Eatsでは、友達に紹介することで割引クーポンがもらえます。友達(新規ユーザー)が紹介コードを入力すると初回注文時に割引が適用され、紹介者も以降の注文時に利用可能なプロモーションコードが付与されます。

「アカウント」タブから[プロモーション]→[友人を紹介]と進むと、「紹介コード」が表示されます。この紹介コードを入力した友人が初めてUber Eatsを利用すると、友人と紹介者がそれぞれ割引になります。

Uber Eats キャンペーン・プロモーションコード・クーポン

友達紹介コードを入力するとクーポンがもらえる

友達紹介コードは、「アカウント」タブ→[プロモーション]→[プロモーションコードを追加]→プロモーションコードを入力して[プロモーションコードを追加]で追加できます。

なお初回注文時、アプリオ編集部のプロモーションコード「eats-rob8j1」と入力すると決済金額から750円の割引になります(3回目の注文まで有効)。これからUber Eatsを使ってみようという人は、よければ活用してみてください。

キャンセルの注意点やトラブル発生時の対処法

注文確定後にキャンセルする際の注意点や、配達された商品が崩れていたなどトラブルが生じた時の対処法について解説します。

注文をキャンセルすると全額払い戻しされないことも

ユーザー側の都合で注文をキャンセルした場合、店舗側が注文を受け付ける前にキャンセルすれば全額が払い戻しされます。

ただし店舗側が注文を受け付けた後のキャンセル、または配達員が注文をピックアップする前のキャンセルだと、払い戻し金額は全額ではなく一部になる可能性があります。

なお、クレジットカード決済での注文をキャンセルした場合、払い戻しまでに5営業日ほどかかる場合があるとしています。

注文した商品を受け取れなかった場合

注文した商品が配達されたときにユーザー側の都合で商品を受け取れなかった場合、注文金額が請求されてしまう可能性があります。

配達員が配達してもユーザーの応答がなかった場合、ある程度の時間は待ってもらうことは可能ですが、それでも受け取りが確認できなければ、Uber Eatsアプリに受け取り未完了の通知が届きます。

配達された商品が崩れていたら

配達された商品が崩れていた(こぼれていた)、注文した商品と違うものが届いた、料理の品質に問題があったという場合は、Uber Eatsのヘルプページから問い合わせましょう。

問い合わせにはマイページへのログインが必要です。なお、このとき商品の写真を撮っておくといいでしょう。

Uber Eats ヘルプページ(ログインが必要)

詳しくはこちら
EDITED BY AO