ウーバーイーツの使い方──料金・注文方法からクーポン活用まで全解説

お得になるプロモーションコードも要チェック

近年、利用者数が増えている宅配・デリバリーサービス。なかでも定番と言えるのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」でしょう。ファストフードやファミリーレストラン、話題の人気店の料理などをスマホひとつで注文でき、自宅まで配達してくれます。

本記事では、ウーバーイーツの仕組みや対応エリア、支払い方法、手数料などの基本知識から、登録や注文のやり方、プロモーションコード(クーポン)の活用まで、Uber Eatsのおトクな使いこなし方を徹底解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、自宅にいながらスマホひとつで飲食店の料理を注文できるデリバリーサービスです。注文した商品は配達員が自宅まで配達してくれるため、店舗まで取りに行く必要もありません。「置き配」にも対応しており、配達員と対面せずに注文した商品を受け取れるのもUber Eatsのメリットです。

2021年9月に徳島県・島根県・鳥取県・福井県でのサービスを開始したことで、全国47都道府県をカバーしました。ただし、全国どこでも配達できるわけではなく、配達エリアは一部に限られています。

配達には手数料も発生します。まずは、Uber Eatsを使う上で最低限知っておきたいことを以下で確認しておきましょう。

Uber Eatsの仕組み

Uber Eatsの仕組み

ユーザーがアプリなどから店舗を検索して料理を注文すると、注文情報がUber Eatsを経由して店舗に届きます。ユーザーと店舗が直接やりとりするわけではなく、注文や決済は基本的にUber Eatsが仲介します。

注文を受けた店舗は調理や商品の準備を開始し、再びUber Eatsを経由して「配達パートナー」と呼ばれる配達員に配達を依頼します。依頼を受けた配達員は店舗で商品を受け取り、ユーザーのもとまで配達するという仕組みです。

配達可能なエリア

Uber Eatsは、世界中で利用できるサービスです。世界6大陸、45の国と地域、6000以上の都市で40万店以上のレストランと提携しています。日本国内では、2021年9月より全国47都道府県で展開されています。

配達可能なエリアは以下の通りです。配達エリアは順次拡大しているため、今後は下記以外のエリアにも対応していくとみられます。

Uber Eatsの対応エリア(2022年6月時点)
北海道・東北地方 北海道 函館市、北斗市、千歳市、室蘭市、岩見沢市、帯広市、恵庭市、旭川市、札幌市、江別市、石狩市、苫小牧市、釧路市
青森県 三沢市、八戸市、青森市
岩手県 盛岡市
宮城県 仙台市、利府町、名取市、塩竈市、多賀城市、大崎市、富谷市、岩沼市、東松島市、石巻市
秋田県 秋田市
山形県 山形市、米沢市、酒田市、鶴岡市
福島県 いわき市、会津若松市、福島市、郡山市
関東地方 茨城県 かすみがうら市、つくばみらい市、つくば市、利根町、取手市、古河市、土浦市、守谷市、常総市、日立市、水戸市、牛久市、石岡市、那珂市、鹿嶋市、龍ケ崎市
栃木県 佐野市、大田原市、宇都宮市、小山市、栃木市、真岡市、足利市、鹿沼市
群馬県 伊勢崎市、前橋市、大泉町、太田区、桐生市、渋川市、藤岡市、館林市、高崎市
埼玉県 ふじみ野市、三芳町、三郷市、上尾市、上里町、久喜市、伊那市、入間市、八潮市、加須市、北本市、吉川市、和光市、坂戸市、さいたま市、宮代町、富士見市、川口市、川島町、川越市、幸手市、志木市、戸田市、所沢市、新座市、日高市、春日部市、朝霞市、本庄市、杉戸町、東松山市、桶川市、毛呂山町、深谷市、熊谷市、狭山市、白岡市、秩父市、羽生市、草加市、蓮田市、蕨市、行田市、越谷市、飯能市、鴻巣市、鶴ヶ島市
千葉県 佐倉市、八千代市、千葉市、印西市、君津市、四街道市、富里市、市原市、市川市、成田市、我孫子市、旭市、木更津市、東金市、松戸市、柏市、流山市、浦安市、白井市、習志野市、船橋市、袖ケ浦市、酒々井町、野田市、鎌ヶ谷市
東京都 あきる野市、三鷹市、世田谷区、中央区、中野区、八王子市、北区、千代田区、台東区、和光市、品川区、国分寺市、国立市、墨田区、多摩市、太田区、小平市、小金井市、川崎市、府中市、文京区、新宿区、新座市、日の出町、日野市、昭島市、杉並区、東久留米市、東大和市、東村山市、板橋区、横浜市、武蔵村山市、武蔵野市、江戸川区、江東区、清瀬市、渋谷区、港区、狛江市、瑞穂町、町田市、目黒区、相模原市、稲城市、立川市、練馬区、羽村市、草加市、荒川区、葛飾区、西東京市、調布市、豊島区、足立区、青梅市
神奈川県 二宮町、伊勢原市、南足柄市、厚木市、大井町、大和市、大磯町、寒川町、小田原市、川崎市、平塚市、座間市、愛川町、松田町、横浜市、横須賀市、海老名市、相模原市、秦野市、綾瀬市、茅ヶ崎市、葉山町、藤沢市、逗子市、鎌倉市、開成町
中部地方 新潟県 三条市、上越市、新潟市、新発田市、柏崎市、長岡市
富山県 南砺市、富山市、高岡市、魚津市
石川県 七尾市、内灘町、小松市、白山市、野々市市、金沢市
福井県 坂井市、敦賀市、福井市、鯖江市
山梨県 中央市、昭和町、甲府市、甲斐市、笛吹市
長野県 伊那市、佐久市、小諸市、岡谷市、松本市、長野市
岐阜県 可児市、各務原市、多治見市、大垣市、岐南町、岐阜市、本巣市、瑞穂町、笠松町、美濃加茂市、羽島市、関市
静岡県 三島市、富士宮市、富士市、御殿場市、掛川市、沼津市、浜松市、焼津市、磐田市、藤枝市、袋井市、裾野市、長泉町、静岡市
愛知県 あま市、一宮市、三芳町、刈谷市、北名古屋市、半田市、名古屋市、大口町、大府市、大治町、安城市、小牧市、尾張旭市、岡崎市、岩倉市、常滑市、弥富市、扶桑町、日進市、春日井市、東浦町、東海市、東郷町、武豊町、江南市、津島市、清須市、瀬戸市、犬山市、知多市、知立市、碧南市、稲沢市、蟹江町、西尾市、豊山町、豊川市、豊明市、豊橋市、豊田市、長久手市、阿久比町、高浜市
三重県 伊勢市、伊賀市、名張市、四日市市、松阪市、桑名市、津市、鈴鹿市
関西地方 滋賀県 大津市、彦根市、栗東市、草津市、近江八幡市
京都府 木津川市、久御山町、亀岡市、京田辺市、京都市、八幡市、向日市、城陽市、宇治市、長岡京市
大阪府 交野市、八尾市、八幡市、吹田市、和泉市、四條畷市、坂井市、大東市、大阪市、大阪狭山市、守口市、富田林市、寝屋川市、岸和田市、忠岡町、摂津市、東大阪市、松原市、枚方市、柏原市、池田市、河内長野市、泉佐野市、泉南市、泉大津市、熊取町、田尻町、箕面市、羽曳野市、茨木市、藤井寺市、豊中市、貝塚市、門真市、阪南市、高槻市、高石市
兵庫県 相生市、たつの市、三田市、伊丹市、加古川市、太子町、姫路市、宝塚市、尼崎市、川西市、播磨町、明石市、神戸市、稲美町、芦屋市、西宮市、高砂市
奈良県 橿原市、広陵町、大和高田市、大和郡山市、天理市、奈良市、桜井市、河合町、生駒市、香芝市
和歌山県 和歌山市、岩出市
中国地方 鳥取県 米子市、鳥取市
島根県 出雲市、松江市
岡山県 倉敷市、岡山市、早島町、総社市
広島県 呉市、広島市、府中市、廿日市市、東広島市、福山市
山口県 下松市、下関市、宇部市、山口市、岩国市、防府市
四国地方 徳島県 徳島市、松茂町
香川県 丸亀市、観音寺市、高松市
愛媛県 今治市、新居浜市、松山市、西条市
高知県 高知市
九州・沖縄地方 福岡県 中間市、久山町、久留米市、北九州市、古河市、大野城市、太宰府市、宇美町、宗像市、小郡市、志免町、新宮町、春日、柳川市、水巻町、直方市、福岡市、福津市、筑前町、筑紫野市、篠栗町、粕谷町、糸島市、苅田町、行橋市、那珂川市、須恵町、飯塚市
佐賀県 佐賀市、唐津市、鳥栖市
長崎県 佐世保市、対馬市、時津町、長与町、長崎市、雲仙市
熊本県 八代市、合志市、熊本市、菊陽町
大分県 中津市、別府市、大分市、日田市
宮崎県 宮崎市、延岡市、日向市、都城市
鹿児島県 薩摩川内市、霧島市、鹿児島市、鹿屋市
沖縄県 うるま市、与那原町、中城村、八重瀬町、北中城村、北谷町、南風原町、名護市、宜野湾市、沖縄、浦添市、糸満市、西原町、豊見城市、那覇市

順不同、一部抜粋

上記はUber Eatsによるエリア分け。たとえば「川崎市」は神奈川県の都市だが、東京都と神奈川県それぞれの店舗で注文できる。このように、1つの都市が2つの都道府県に記載されているケースもある。

エリア外では店舗が表示されない

上記以外のエリアを指定しようとすると、注文画面に進むことができません。エリア外の地域から検索したり、エリア外にある地域にある店舗を検索したりしようとすると、トップページに店舗が表示されません。

配達時間も指定できる

Uber Eatsでは、店舗や商品によって注文する際に配達時間を指定できる場合があります。「今すぐ届けてほしい」というケースもあれば、「週末のパーティに向けて事前に注文しておきたい」ということもあるでしょう。事前に予約するのであれば、時間指定をするのが便利です。

指定できる時間帯は店舗や配達エリアによって異なりますが、最短で15〜30分程度、最長で7日間程度まで可能です。ただし、予約日時は店舗の営業時間内である必要があります。店舗の営業時間外あるいは定休日を配達日時に指定することはできません。

Uber Eatsにかかる手数料はいくら?

Uber Eatsで注文すると、商品価格と合わせてサービス料や配送手数料が発生します。Uber Eatsで注文した際に発生する手数料は次の通りです。

Uber Eatsで発生する手数料
  • 配送手数料:配達エリアや注文する店舗、商品によって異なる
  • サービス料:店舗によって異なるが、小計の10%というケースが多い
  • 少額注文における手数料:注文金額が700円未満の場合、150円の手数料が発生する

配送手数料はほぼすべての注文で発生します。配達先の住所や注文した店舗によって異なりますが、およそ100円〜550円程度です。サービス料は、注文金額の10%程度がかかることが多いようです(店舗の配達員による配送の場合にはかからない)。

なお、注文する商品が安ければ「少額注文における手数料」も発生します。そのため、商品価格よりも手数料の合計金額のほうが高くなってしまうケースもあることは、注意しておきたいポイントです。

なお、Uber Eatsのサブスクサービス「Eatsパス」(月額498円)に加入すると、配送手数料が無料になります(詳細は後述)。

対応する支払い方法(クレカ、LINE Pay、PayPay、現金など)

Uber Eatsに対応している支払い方法は以下の通りです。

対応している支払い方法
  • クレジットカード・デビットカード
  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • Apple Pay(iPhoneのみ)
  • 現金
  • ギフトカード

支払い方法は「アカウント」タブ→[ウォレット]から設定できます(注文時に変更することも可能)。

現金払いは合計1万円以上の注文では選択できず、また一部のエリアでは現金払いに対応していません。

商品の受け取りは「置き配」も選択可能

Uber Eatsでは非対面による「置き配」にも対応しています。注文画面で「玄関先に置く」を選択することで配達員と接触することなく商品を受け取れます。コロナ禍において重宝したい機能でしょう。

実際に置き配を選択してみると…

実際に筆者が「玄関先に置く」(置き配)を選択して注文してみたところ、当日は雨が降っていましたが、雨に濡れない郵便受けの上に商品が置かれていました。地面に直接置かれることもなく、配慮した置き方をしてくれたようです。

テイクアウト(持ち帰り)にも対応

Uber Eatsは、注文した商品を配達してもらうだけでなく、テイクアウト(持ち帰り)にも対応しています。

アプリのトップ画面で[お持ち帰り]を選択すると、現在地周辺でテイクアウトに対応している店舗が地図上に表示されます。あとは店舗を選択し、注文を完了させるだけ。注文方法は配達とほぼ同じです。

もちろんテイクアウトでも時間指定は可能なので、事前に注文しておいて仕事終わりにオフィス近くの店舗まで取りに行くといった使い方もできます。テイクアウトの場合、配送手数料がかからないのも嬉しいポイントです(サービス料と少額注文における手数料は発生します)。

Uber Eatsの使い方(登録から注文・支払い・配達までの流れ)

Uber Eatsで配達を注文するにあたり、会員登録の方法からメニューの注文方法を解説します。また、注文完了後は配達員の現在地もチェックできます。

まずは会員登録が必要

Uber Eatsで注文するには、まず会員登録が必要です。会員登録はスマホやPCのWebサイトからも可能ですが、ここではアプリを使った方法を紹介しています。

  1. Uber Eatsアプリをインストール

    下記ボタンから公式サイトにアクセスし、「Uber Eats」アプリをスマホにインストールしましょう。

    下方にスクロールし、[アプリをゲット]をタップしましょう。

    App StoreやGoogle Playに遷移するので、そこで通常どおり「Uber Eats」アプリをインストールしてください。

    アプリを起動したら、[続行]をタップして会員情報の入力に進みます。

  2. 電話番号を入力する

    楽天IDやGoogleアカウントなどでも登録可能ですが、ここでは電話番号を使った登録方法を解説します。

    電話番号を入力し、[次へ]をタップ。入力した電話番号(SMS)宛に4桁の認証コードが届くので、Uber Eatsアプリの画面に入力してください。

  3. メールアドレス/パスワード/名前を入力

    メールアドレスを入力すると4桁の認証コードが届くので、アプリの画面に入力してください。

    ここで入力したメールアドレスに注文した際の領収書が届きます。

    続いて、アカウントのパスワードや名前を入力します。画面の指示に従って入力を進め、利用規約を確認・同意してください。

  4. 配達先の住所を入力

    次に配達先の住所を入力します。スマホの位置情報が有効になっていれば、現在地からの入力も可能です。配達先の住所はあとから複数設定することもできます。

  5. 登録が完了する

    これで会員登録は完了です。あとは店舗を探して注文してみましょう(注文方法は次項で解説)。

店舗のメニューを注文する(商品選択・決済・配達指定)

実際に店舗の商品を注文する流れを解説します。大まかな流れは次の通りです。

  1. 店舗を選択
  2. 商品を選択
  3. 支払い方法を選択
  4. 注文完了

以下、実際の注文手順を解説します(iOS版アプリで解説していますが、Android版アプリでも操作手順は同様です)。

  1. 注文する店舗を探す

    まずは注文する店舗を探しましょう。検索する方法は、大きくわけて「ホーム」タブから探す方法と「検索」タブから探す方法の2通りあります。

    「ホーム」タブには、現在地または指定したエリアの近隣店舗が表示されます。

    近くの人気店や送料無料の店舗、独自のキャンペーンを実施している店舗なども紹介されているので、参考にするといいでしょう。

    「検索」タブではキーワード検索のほか、「タピオカティー」「デザート」「ピザ」「日本料理」などのカテゴリ検索も可能です。

  2. 商品を選択する

    店舗が決まったら、次に注文する商品を選択します。商品点数を指定し、商品によってはサイドメニューなどのオプションも選べます。

    また、寿司の「さび抜き」などといった注意事項の入力も可能です。商品が決まったら[カートに追加する]をタップしてください。

    注文したい商品が決まったら、画面下の[カートを見る]→[お会計に進む]をタップすると決済画面に移ります。

    同じ店舗であれば複数の商品をカートに入れることができますが、1回の注文で複数の店舗を注文することはできません。複数の店舗で注文したい場合は、注文自体を分ける必要があります。

  3. 注文を確定し、決済する

    決済画面で商品の小計とサービス料・配送手数料を確認しましょう。

    アプリオ編集部のクーポン(プロモーションコード)

    アプリオ編集部のプロモーションコード JPEATS400を入力すると、初回の注文金額が1200円割引になります(最低注文金額1200円、配布期間は6月1日〜30日まで)。

    注文画面で[プロモーションコードを追加する]→[コードを入力]と進み、コードの入力画面に上記のプロモーションコードを入力。[プロモーションコードを追加]をタップすれば適用されます。

    支払い方法は、「現金」が初期状態として設定されています。変更する際は[現金]→[支払い方法を追加]と進み、支払い方法を選択してください。

    カートに入れた商品を削除するには?

    iOS版アプリ

    Android版アプリ

    カートに入れた商品を削除するには、注文画面で削除したい商品を左方向にスワイプし、[アイテムを削除する](iOS版アプリ)またはゴミ箱ボタン​(Android版アプリ)をタップするだけです。

  4. 注文を完了する

    注文内容や配達住所の確認、支払い方法の選択などを済ませたら、画面下部の[注文を確定]をタップして注文完了です。

注文完了後は配達員の現在地もチェックできる

配達員の現在地が地図上に表示される

注文が完了すると、配達員の現在地を確認できます。

配達員が今どこにいるのか、あとどれくらいで届くのかを地図上でリアルタイムにチェックできるので、到着までの目安にするといいでしょう。有事の際は配達員にメッセージを送ることも可能です。

配達完了後に配達員を評価する

配達員を評価

店舗を評価

注文が完了したら、必要に応じて配達員や店舗の評価をおこないます。

対応が良いと思ったらGoodボタンを、良くないと思ったらBadボタンをタップし、「円滑なコミュニケーション」「迅速で効率的」などの評価を選びます。また、配達員だけではなく注文した店舗の評価も可能です。

Uber Eatsをよりお得に利用するには

Uber Eatsをよりお得に利用する方法を紹介します。商品が割引になったり手数料が無料になったりするので、Uber Eatsを利用するなら知っておくべきでしょう。

プロモーションコードで初回注文が1200円割引に

アプリオ編集部のプロモーションコード JPEATS400を入力すると、初回注文が1200円割引となります。初めてUber Eatsを利用する人はぜひ利用しましょう。

  • 特典内容:初回注文1200円オフ
  • 最低注文金額:1200円
  • 配布期間:2022年6月1日〜30日まで

プロモーションコードを利用するには、注文画面で[プロモーションコードを追加する]→[コードを入力]と進み、コードの入力画面に上記のプロモーションコードを入力。[プロモーションコードを追加]をタップすれば適用されます。

店舗独自のキャンペーンが実施されていることも

Uber Eatsでは店舗が独自に実施しているキャンペーンもあります。キャンペーンの内容は、一定の金額を注文すると割引になるもの、配送手数料が無料になるもの、対象の商品を注文するとドリンクやセットメニューが無料になるものなど様々です。

「ホーム」タブの「特別なオファー」「本日の特典」「1つ頼むと1つ無料」「毎日の節約」などに、キャンペーンが実施されている店舗が表示されているのでチェックしてみるといいでしょう。

また、店舗が独自のプロモーションコードを配布するキャンペーンを実施している場合もあります。

配送手数料が無料になるサブスク「Eatsパス」

Uber Eatsの利用頻度が高いのであれば、月額498円/年額3998円で配達手数料が無料になるサブスクサービス「Eatsパス」がおすすめです。Eatsパスに加入すると、対象の店舗で1200円以上注文すると配送手数料が何度でも0円になります。

配送手数料は配達先の住所や注文した店舗により異なりますが、おおよそ100円〜550円程度。よく利用する店舗の配送手数料が300円と仮定した場合、月に2回以上利用するならEatsパスに加入した方がお得です。

なお、初回加入ユーザーに限り初月の利用料金が無料になるキャンペーンも実施されています。

Eats パス(Uber Eats)

キャンセルの注意点やトラブル発生時の対処法

注文確定後にキャンセルする際の注意点や、配達された商品が崩れていたなどトラブルが生じた時の対処法について解説します。

注文をキャンセルすると全額払い戻しされないことも

ユーザー側の都合で注文をキャンセルした場合、店舗側が注文を受け付ける前にキャンセルすれば全額が払い戻しされます。

ただし、店舗側が注文を受け付けた後のキャンセル、または配達員が注文をピックアップする前のキャンセルだと、払い戻し金額が全額ではなく一部になる可能性があります。

なお、クレジットカード決済での注文をキャンセルした場合、払い戻しまでに5営業日ほどかかる場合があるとしています。

注文した商品を受け取れなかった場合

注文した商品が配達されたときにユーザー側の都合で商品を受け取れなかった場合、注文金額が請求されてしまう可能性があります。

配達員が配達してもユーザーの応答がなかった場合、ある程度の時間は待ってもらうことは可能ですが、それでも受け取りが確認できなければ、Uber Eatsアプリに受け取り未完了の通知が届きます。

配達された商品が崩れていたら

配達された商品が崩れていた(こぼれていた)、注文した商品と違うものが届いた、料理の品質に問題があったという場合は、Uber Eatsのヘルプページから問い合わせましょう。

問い合わせにはマイページへのログインが必要です。なお、このとき商品の写真を撮っておくといいでしょう。

注文できない時に考えられる要因

Uber Eatsを注文できない場合、以下の要因が考えられます。

  • 配達員が近くにいない
  • 店舗の営業時間外(デリバリーサービスの対応時間外)
  • プロモーションコードの期限が切れている
  • 支払い方法が設定されていない

当然ですが、営業時間外の店舗で注文することはできません。また、営業時間内であってもUber Eatsを含むデリバリーサービスの受付を停止している場合もあります。

また、雨の日などは配達員が不足しがちになるため、配達員が近隣に不在で注文できないというケースもあります。

EDITED BY
AO