【iPhone】テザリングの設定方法と料金、できない時の対処法などを解説

【iPhone】テザリングの設定方法と料金、できない時の対処法などを解説

iPhoneをアクセスポイント代わりにして、モバイル通信環境のないPC(パソコン)やiPadなどのタブレットをインターネットに接続できる「テザリング」機能。iOSでは「インターネット共有」とも呼ばれています。

本記事では、iPhoneにおけるWi-Fi・USB・Bluetoothごとのテザリング方法や、必要となるオプション料金、通信速度制限に注意した使い方、テザリングできない時の対処法などについてまとめました。

テザリングとは

テザリングとはどのような機能なのか、またiPhoneでは主に3種類あるテザリングの特徴をそれぞれ簡単にまとめました。

iPhoneにおけるテザリング(インターネット共有)

iPhoneでテザリング

Image:NTTドコモ

テザリングとは簡単にいうと、スマートフォンをモデム代わりにし、他の機器でもスマホの回線を使えるようにする機能。PCでインターネットをする際、モデムを通じて光回線などにつなぎます。この役割をスマホで担うというわけです。

テザリングを利用すると、iPhoneをアクセスポイント(親機)として、PCやタブレット、携帯ゲーム機など様々な外部機器(子機)を無線またはUSBでつなぎ、出先などでも子機のインターネット接続を実現できます。

iPhoneではiPhone 5以降の端末において利用可能で、テザリングのことを「インターネット共有」と表現しています。

テザリングの種類:Wi-Fi、Bluetooth、USB

iPhoneで利用できるテザリングには以下の3種類があります。

  • Wi-Fiテザリング:iPhoneをWi-Fiルーターとして使う。親機(iPhone)と子機(PCなど)は無線LANで接続し、複数の子機でインターネットできる
  • Bluetoothテザリング:親機(iPhone)と子機(PCなど)をBluetoothで接続しておこなう。Bluetoothにより、複数の子機でインターネットが可能
  • USBテザリング:親機(iPhone)と子機(PCなど)とをUSBケーブルで有線接続するテザリング。インターネットができるのは1台の子機のみ

最もポピュラーなのはWi-Fiテザリング。複数機器の接続に向いており、対応機器も豊富です。また、PCなど子機が1台でLightning-USBケーブルを持っている場合には、接続が安定して通信速度も速いとされるUSBテザリングが実用的。USBテザリングでは、テザリングしながらiPhoneの充電ができるのも嬉しい点です。

BluetoothテザリングはWi-Fiテザリングと大差ありませんが、条件によってはWi-Fiテザリングより速度は落ちるものの設定は比較的簡潔で、バッテリー持ちがよいとも言われています。あまり一般的ではない印象ですが、自分の利用スタイルに合ったものを選択しましょう。

iPhone側でのテザリング設定の手順

iPhoneを親機として、まずiPhone側でテザリング設定をオンにする手順を紹介します。この手順の後に、子機(PCやタブレットなど)の設定をおこないます。

iPhone側での「インターネット共有」設定

インターネット共有をオンにする
iPhoneの「設定」アプリを開いたら、[インターネット共有]をタップ。

端末によって[インターネット共有]が表示されないことがありますが、その場合は[モバイルデータ通信]と進み、次の画面で[インターネット共有]をタップすればOKです。

インターネット共有をオンにする

上の画面で[インターネット共有]のスイッチをオンにします。

これで、インターネット共有(テザリング)は有効になります。

インターネット共有をオンにする

テザリングをする子機(ここではパソコン)で、この画面に表示されているネットワーク名とパスワードを入力することになります。

この例なら、ネットワーク名は「iPhone」、パスワードは「rxlgslcb75j3」です。

インターネット共有をオンにする

パスワードは最初、ランダムに英数字が設定されています。この初期値を使ってもいいのですが、半角英数字8文字以上なら任意に変更もできます。

パスワードをタップすると編集画面に切り替わります。編集後(初期値を使う場合も)[完了]をタップします。

参考:ネットワーク名(SSID)は変更を推奨

先ほどiPhone側の設定において、ネットワーク名に「iPhone」と表記されていましたが、このような特定されやすいSSID名であると、不正アクセスの標的になりやすいです。そのため、できるだけ特定されにくい名前に変更しておきましょう。

具体的には、人に興味を持たれにくい英数字の組み合わせなどが望ましいでしょう。変更の手順は以下の通り。

ネットワーク名(SSID)を変更する手順

インターネット共有をオンにする インターネット共有をオンにする

「設定」アプリを開いたら[一般]→[情報]をタップします。

インターネット共有をオンにする インターネット共有をオンにする

[名前]をタップして、任意のネットワーク名(人に興味を持たれにくい、英数字の組み合わせなど)を設定します。

変更後、左上の[情報]から戻れば編集完了です。

子機(PCやiPadなど外部機器)側でのテザリング手順

iPhone側の設定ができたら、今度はパソコンやタブレットなど子機側でテザリングによってインターネット接続するまでの手順を紹介します。

ここでは、Windows 10での設定例を挙げています。同じApple IDでサインインしているiOS端末やMacから接続する時は、パスワード入力が不要な「Instant Hotspot」も利用できます。

Wi-Fiテザリングの場合

Wi-Fiテザリングの場合

デスクトップ画面左下の[スタート]ボタンから、[設定]ボタン(歯車のアイコン)をクリックし、「Windowsの設定」を開きます。

[ネットワークとインターネット]をクリックします。

Wi-Fiテザリングの場合

続いて、[利用できるネットワークの表示]をクリックします。

Wi-Fiテザリングの場合

親機(iPhone)のネットワーク名(SSID)が表示されるので、これを選択して[接続]をクリックします。

[自動的に接続する]にチェックをいれておくと、次回以降セキュリティキーの入力が不要になります(パスワードを変えない限り)。

Wi-Fiテザリングの場合

親機(iPhone)で設定したセキュリティキー(パスワード)を入力し、[次へ]をクリックします。

Wi-Fiテザリングの場合

iPhoneへの接続に成功すると、時計の背後の吹き出しが青色になります。これで、子機(PCなど)でiPhoneの回線を利用したインターネットが利用できます。

テザリング接続を中止する際は、ステータスバーの青色で表示されている部分をタップします。「インターネット共有」の画面に切り替わるので、[インターネット共有]をオフにします。

USBテザリングの場合

USBテザリングは、Lightning-USBケーブル(iPhoneを充電しているケーブル)でiPhoneとPCを接続しておこないます。また、PCにはiTunesをインストールしておく必要があります。未インストールの場合は、下記ページを参照してインストールしておきましょう。

1. USBケーブルをつなぐ

USBテザリングの場合 Wi-Fiテザリングの場合

iPhone側では「インターネット共有」をオンにして、Lightning-USBケーブルでPCとiPhoneを接続します。

「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されたら、[信頼]をタップして、デバイスのパスコードを入力します。

2. 自動的にネットワークが生成

USBテザリングの場合

ネットワークに自動的に接続されます。上の画面は、「Windowsの設定」でネットワークの状態を確認したものです。IPアドレスの設定などの手間は必要なく、ケーブルをただ接続するだけで、PCですぐインターネットができるので、非常に簡潔です。

接続成功後のiPhoneの表示やテザリング終了の方法は、Wi-Fiテザリングと同じです。なおUSBテザリングでは、iPhoneの充電も同時に行われます。PCのバッテリーがその分減りやすくなるのでモバイル利用時には注意も必要です。

Bluetoothテザリングの場合

Bluetoothテザリングの場合

デスクトップ画面左下の[スタート]ボタンから設定ボタン[]をクリック。

[デバイス]をクリックして、「Bluetoothとその他のデバイス」を開きます。

Bluetoothテザリングの場合

[Bluetooth またはその他のデバイスを追加する]をクリックします。

Bluetoothテザリングの場合

[Bluetooth]をクリックします。

Bluetoothテザリングの場合

iPhone側で「インターネット共有」がオン(Bluetooth)になっていれば、iPhoneのネットワーク名(SSID)(「〜のiPhone」など)が表示されるので、これを選択します。

Bluetoothテザリングの場合

PC側に6ケタのペアリング番号が表示されます。[接続]をクリックします。

Bluetoothテザリングの場合

iPhoneの画面にもペアリング番号が表示されます。

ペアリング番号を確認するよう指示が表示されるので、[ペアリング]をタップします。これでペアリングが完了し、テザリングによってPCでインターネット接続が利用できるようになります。

Bluetoothテザリングの場合

PC側にペアリングの完了メッセージが表示されるので、[完了]をクリックします。iPhoneの表示もWi-FiテザリングやUSBテザリングと同様のものとなり、切断の方法も同じです。一度ペアリングをおこなえば、以後ペアリング番号の確認プロセスは不要となります。

パスワード不要の「Instant Hotspot」機能

iPhoneでテザリング

iOS同士やMacと接続する時は、面倒な設定やパスワードの入力なしですぐテザリングできる「Instant Hotspot」機能が利用できます。親機になるiPhoneで「インターネット共有」をオンにする必要がなく、子機側のiPadやMac(OS X Yosemite)などからテザリングを有効にできるため、実際に使うと簡単で便利です。

Instant Hotspotの利用手順は、次の通りです。まずiPhoneと同じApple IDで、MacやiPadでiCloudにサインインします。続いて、それぞれの端末でWi-FiとBluetoothをオンにした状態にしておきます。テザリングで使いたい子機(iPadやMacなど)の「設定」から[Wi-Fi]の画面を見ると、親機のiPhoneが表示されています。これを選択するだけで、テザリングができるようになります。

接続を解除したい時は、親機のiPhoneでオンになっている「インターネット共有」をオフにするだけです。

ドコモ・au・ソフトバンクのテザリング料金

【iPhone】テザリングの設定方法と料金、できない時の対処法などを解説

テザリングの利用は、各キャリアのパケット定額サービスやデータプランに契約していることが前提となります。2019年6月よりNTTドコモとauで新しい料金プランが導入されましたが、各社ともに、一部例外や旧プランに加入している場合を除いてテザリングオプションがなく、料金は通常のプラン料金に含まれています。2019年6月現在、ソフトバンクのみ「テザリングオプション」への加入が必要です。

ドコモのテザリング料金

NTTドコモの契約でテザリングを利用する際のパケット通信料金は、パケット定額サービスやデータプランに加入している場合、追加料金はかからず月額利用料金上限額の範囲(通信量)で利用できます。

例外は、大容量プランの「ウルトラパック」に加入している場合。テザリングには別途月額1000円が必要です(2019年6月現在、同プランの新規申し込み受付は終了しています)。

NTTドコモ

auのテザリング料金

auのテザリング料金

2019年6月1日より導入された「新auピタットプラン」「auピタットプラン (s)」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」については、追加料金なしでテザリングが利用可能です。また旧プランでも、データ定額1/2/3/5/8/10/13に加入していればテザリングオプションは無料です。

旧プランの中でも、「auピタットプラン」や「auフラットプラン」「データ定額20/30」などに加入している場合、月額500円の利用料金が必要です(「auピタットプラン」と「auフラットプラン」は2019年6月30日、「データ定額20/30」は2019年8月31日に新規受付を終了します)。

au(KDDI)

ソフトバンクのテザリング料金

ソフトバンクのテザリング料金

ソフトバンクにおけるテザリング利用には、データ(パケット)定額サービスに加入していることが必要です。「データ定額 50GB プラス」や「ミニモンスター」をはじめ、テザリングオプションには月額500円かかります。

ただし「データ定額ミニ1GB/2GB」「データ定額5GB」「データ定額S(4Gケータイ)」のユーザーは、加入からテザリングオプションは永年無料です。これらのプランの新規受付は終了していますが、プランを変えなければ継続して利用できます。

また、2018年6月27日以前にSoftBank 4G LTE対応のiPhone、iPad、タブレット、またはSoftBank 4G対応のスマートフォンを購入し、「ホワイトプラン」(新規受付は終了)などに加入したユーザーは、テザリングオプションの初回加入に限り、最大2年間月額料金が無料になっています。

ソフトバンク

テザリングで通信速度制限を受けないようにするコツ

iPhoneでテザリング

便利なテザリングですが、ついつい使いすぎてしまうことも多いもの。ドコモ、au、ソフトバンクは、パケット通信量が月の高速通信量上限(または3GB/3日:ドコモを除く)を超えると速度制限をかけてくるため、追加のパケット料金を支払うか、送受信時最大128kbpsの低速通信という不便を強いられることになります。

スマホの「通信速度制限」とは──原因と対策、通信量の確認や規制を回避・解除する方法まとめ

この超過を避けるために、テザリング中に注意したいポイントを以下にまとめてみました。

各種アップデートを避ける

PCやタブレットなどの「システムアップデート」、あるいはアプリケーションなどのアップデートは、容量が数百MBに及ぶといったことも少なくありません。特にシステムアップデートは一度処理が始まると、強制的に終了することはリスクを伴います。

そのため各種アップデートは、テザリング中の通信において避けたい作業の筆頭といえます。

動画など大容量コンテンツを利用しない

これは、よく言われるテザリング中の禁忌。YouTubeやニコニコ動画など、大容量の動画コンテンツのストリーミング再生は一挙に通信量を消費します。

これらは、できるだけWi-Fi接続環境下などで楽しむか、テザリング中にどうしても視聴したい時には、動画サービスの画質設定を下げて短時間にとどめることが重要です。

Dropboxなどオンラインストレージの同期を切る

Dropboxなどオンラインストレージに保存しているファイルの同期も、通信量が多くなる可能性が高いです。テザリング中はいったん同期をオフにしておくのが賢明。

このほか、大きなファイルのダウンロードやアップロードもなるべく避けたほうが無難でしょう。

通信量を随時チェックする

自分が使用した通信量を、時折ウォッチすることも欠かせません。デイリー/ウィークリー/マンスリーと確認しておくだけでも、制限まであとどの程度使えるか把握できます。

通信量をチェックする 通信量をチェックする

iPhoneの「設定」アプリから[モバイル通信]→[システムサービス]と進むと、「インターネット共有」の項目でテザリングで使用した通信量を確認することが可能です。

ただし累計データとなってしまうため、1カ月ごとに統計情報のリセットをおこなってカウントする必要がありそうです。

キャリアの通信量確認サービスやアプリも

このほか、各キャリアは使用通信量を確認できるサービスを提供しています。それぞれログインが必要となりますが、チェックしておきたいところです。

iPhoneの通信量を確認する3つの方法

DataFlow DataFlow

ログイン等が面倒という人には「DataFlow」というアプリもおすすめ。ログインおよびアプリ常時起動なく、使用したデータ通信量をさっと確認できます。目安として、サブ的に利用するのもアリでしょう。

アプリ「DataFlow - Data Manager」をダウンロード
DataWiz

iPhoneで「テザリングできない」時の対処法

そもそもiPhoneの設定メニューで「インターネット共有」が見つからない場合やオンにできない場合は、契約しているキャリアやプランがテザリングに対応していない可能性が高いです(格安SIMなど)。

またパスワード等も正しく入力し、上記の手順どおり進めても上手くテザリング接続できない場合、以下に紹介する応急処置を試してみましょう。改善できる可能性があります。

PCなど子機側で試したいこと

PCなど子機側でうまく電波を受信できていない時は、一度PCのインターネットアクセス(Wi-Fi)を切断してから再度オンにすることで、問題が解消されることがあります。また、PCを再起動するというのも一つの手です。

親機側(iPhone)で試したいこと

テザリングできない時の対処法

iPhone側に問題がありそうな場合は、設定アプリから「機内モード」をオンにしてからオフにしたり、「モバイルデータ通信」を一度オフにしてから再度オンにしてみましょう。iPhoneの通信環境をリフレッシュすることで、解決できることがあります。

それでも解消しない時は、iPhoneを再起動してから手順をやり直してみます。また、Wi-Fiテザリングだけでなく、Bluetoothテザリング、USBテザリングの方法も試してみる価値があるでしょう。

検証端末:iPhone X(iOS 12.3.1)