Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法【iPhone/Android】

Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法【iPhone/Android】

iPhoneやAndroidスマホの「Googleマップ」アプリは、地図で場所や経路を検索するだけでなく、道路の交通状況や渋滞情報をリアルタイムで確認することもできます。渋滞している道路を迂回したり、到着時間がどのくらい遅れそうかあらかじめ把握できたりと、便利な機能です。

本記事では、Googleマップアプリで渋滞情報を確認する方法や、交通状況の見方についても解説。アプリを開かずとも、ウィジェットで交通情報をチェックする方法(iOS版のみ)も紹介します。

交通状況は一部地域での対応となっており、エリアによっては所定の操作をおこなっても表示されないケースもあります。

Googleマップアプリで交通状況(渋滞)を確認する方法

Googleマップを交通状況や渋滞情報を確認する方法を解説します。といっても、手順は非常に簡単です。

Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法 Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法

左:iOS版Googleマップアプリの画面右:Android版Googleマップアプリの画面

Googleマップアプリを開いたら、画面右側にあるGoogleマップ 交通状況 アイコン レイヤボタンをタップします。

Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法 Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法

左:iOS版Googleマップアプリの画面右:Android版Googleマップアプリの画面

「地図の詳細(種類)」から[交通状況]を選択しましょう。操作はこれで完了。道路の交通量が表示されるようになります。

Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法 Googleマップで交通状況(渋滞)を確認する方法

左:iOS版Googleマップアプリの画面右:Android版Googleマップアプリの画面

Googleマップ上でリアルタイムの交通状況や渋滞情報を確認できます。

Googleマップアプリの交通状況の見方(凡例)

Googleマップを通常表示から交通状況を確認できる画面に切り替えた際、道路に表示される色が変わったり記号が表示されたりしますが、見方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで、Googleマップアプリにおける記号の見方を紹介します。

道路の色分け

Googleマップ 交通状況の見方

色は交通の流れの速さを示しており、以下のように渋滞の具合がわかります。

  • 緑:渋滞は発生していない
  • 黄:やや渋滞している
  • 赤:渋滞している(赤が濃いほど渋滞が激しい)

道路の色によって交通状況を示しています。赤が濃いほど渋滞が激しいことを表しており、より赤く表示された道路のほうが混雑しているということになります。

渋滞情報の記号

Googleマップ 交通状況の見方 Googleマップ 交通状況の見方

  • Googleマップ 交通状況 アイコン :事故
  • Googleマップ 交通状況 アイコン :工事
  • Googleマップ 交通状況 アイコン :道路の閉鎖
  • Googleマップ 交通状況 アイコン :その他(通行止めの可能性がある場所など)

渋滞が発生している場合、その原因が記号で表示されます。記号をタップすると原因の詳細を確認できます。

経路検索でも交通状況・渋滞時間を確認できる

Googleマップアプリの経路検索機能を利用すると、渋滞している道路を通った場合にどれくらい遅れるか目安の時間が表示されます。これは、「交通状況」のレイヤを選択せずにデフォルトの地図表示の場合でも確認できる機能です。

Googleマップ 経路検索で交通状況を確認する Googleマップ 経路検索で交通状況を確認する

左:iOS版Googleマップアプリの画面右:Android版Googleマップアプリの画面

経路を検索したとき、渋滞している道路を通る経路が案内されていると、目安となる遅延時間が表示されます。

さらに、iOS版なら[○分増]、Android版なら[+○分]の部分をタップすれば、その区間の遅延情報を確認できます。

Googleマップ 経路検索で交通状況を確認する Googleマップ 経路検索で交通状況を確認する

左:iOS版Googleマップアプリの画面右:Android版Googleマップアプリの画面

遅延情報の確認画面では、どの区間で、どのくらいの時間の遅れが発生する見込みなのかが表示されます。

Googleマップ 経路検索で交通状況を確認する Googleマップ 経路検索で交通状況を確認する

その道路の混雑しやすい時間帯も確認できる

また、経路検索結果画面で道順が表示されている画面を開くと、検索した経路の混雑しやすい時間帯もチェックできます。

Googleマップのウィジェットで交通情報を取得する(iOS)

iPhoneのiOS 9以降、またはiPadのiOS 10以降であれば、ウィジェットに「Google 交通状況」を追加することで、Googleマップアプリを起動しなくてもリアルタイムに交通情報を取得することができます。

Google交通状況 iPhoneのウィジェットに追加 Google交通状況 iPhoneのウィジェットに追加

ロック画面またはホーム画面を右にスワイプし、ウィジェットの一覧を表示。画面最下部の[編集]をタップします。

Google交通状況 iPhoneのウィジェットに追加 Google交通状況 iPhoneのウィジェットに追加

「Google 交通状況」を画面上部の一覧に移動

「ウィジェットを追加」の項目から、「Google 交通状況」の[+]をタップします。

すると、「Google 交通状況」が画面上部の一覧に移動します。画面右上の[完了]をタップすれば「Google 交通状況」がウィジェットに追加されます。

Google交通状況 iPhoneのウィジェットに追加

ウィジェットの一覧画面

Googleマップアプリを起動しなくても、ロック画面またはホーム画面を右スワイプした際に表示されるウィジェット一覧でGoogleマップの交通状況を確認できるようになります。

検証バージョン:iOS版5.30.8(iOS 13.2.2)、Android版10.29.1(Android 10)

EDITED BY AO