Googleマップ「ナビ」で高速道路を使わない(一般道利用)ルートを検索する方法

2019-06-09 11:46
記事タイトルとURLをコピーする

Googleマップ「ナビ」で高速道路を使わない(一般道利用)ルートを検索する方法

簡単な操作で目的地までの最適なルート検索ができるGoogleマップの「ナビ」機能。渋滞を避けたかったり高速道の運転に不慣れだったりと、有料道路(高速道路)を使わず一般道のみのルートでナビを使いたいユーザーも多いはずです。

本記事では、Googleマップのナビで高速道路を使わない経路探索の方法を解説します。また、ナビの利用中に一般道ルートに変更する方法についても紹介します。

【2019年版】おすすめ無料カーナビアプリ5選、音声案内やオフライン機能も

Googleマップナビで高速道路を使わないルート検索をする方法

Googleマップナビ 開始

高速道路を使わない経路を表示するには、まずGoogleマップのナビを開始します。基本は、目的地を検索して画面左下の経路をタップするだけですが、ナビを開始する方法には以下3パターンがあります。

  1. 目的地検索からはじめる
  2. ルート検索からはじめる
  3. 運転モードを選択してはじめる(Android)

詳しい手順はこちらの記事を参考にしてください。

経路オプションを利用する

メニュー 経路オプション

ナビ画面を表示したら、右上のメニューボタン[]をタップしてメニューを開き、[経路オプション]を選択します。

高速道路を使わない 有料道路を使わない

「高速道路を使わない」と「有料道路を使わない」をオンにします。そのほか、「フェリーを使用しない」を選択することもできます。

同じ画面で「設定を保存」をオンにしておくと、次回も同じ条件で検索できます。

Googleマップナビ 開始高速道路と有料道路を使わないルート

経路オプションの変更前後で目的地までの所要時間が大きく異なっていることがわかる

経路オプションの設定前後で経路が変わり、高速道路と有料道路を使わないルートが表示されます。

ナビを利用中に高速道路を使わないルートに変更する方法

高速ルートと一般道ルートを同時に表示させることはできませんが、高速を走行中に途中から一般道に降りたい場合、あるいはその逆など、途中で経路を変更することも可能です。

ナビ画面下 引き上げるメニュー 設定

経路の設定を変更するには、ナビ画面下の項目を上に引き上げ、メニューから[設定]をタップします。

経路オプション 高速道路を使わない 有料道路を使わない高速道路と有料道路を迂回したルートが再検索

「経路オプション」が表示されるので、「高速道路を使わない」と「有料道路を使わない」をオンにします。

高速道路と有料道路を迂回したルートが再検索され、新しい経路のナビが開始されます。

EDITED BY SORA