スマホの画面をパソコンに映し出す4つの方法【iPhone/Android】

ケーブル接続/ワイヤレス接続/Mac/Windowsなどあらゆるニーズを網羅

近年、スマホの画面をリアルタイムでPC(パソコン)に共有・表示したいというニーズが高まっています。「アプリを大画面で楽しみたい」「プレゼンに利用したい」「スマホを遠隔操作したい」など、その目的や活用シーンはさまざまです。

本記事では、iPhoneやAndroidスマホの画面をパソコン(Windows/Mac)に映し出す、おすすめの方法を4つ紹介。それぞれの特徴や使い方をわかりやすく解説します。デバイスの種類や画質、ケーブルの有無など、さまざまな要素をまとめて比較しているので、自分に合った方法を利用してください。

方法1:QuickTime Playerで映し出す(iPhone)

iPhoneの画面をMacに表示させるなら、標準搭載されているメディアプレイヤーの「QuickTime Player」を使うのがおすすめ。USBケーブルで接続するだけなので、余計なスマホアプリやPCソフトウェアをインストールする必要がありません。

Quick Time Playerの仕様/機能
  Quick Time Player Vysor Miracast ツイキャス
iPhone→Mac × ×
iPhone→Windows × × ×
Android→Mac × ×
Android→Windows ×
パソコンでのスマホ操作 × ×
録画
音声共有 ○(※)
ケーブル 必要 必要 不要 不要
PCソフトのインストール 不要 不要 不要 不要
スマホアプリのインストール 不要 不要 不要 必要
画質 △(有料版は◎)
タイムラグ ほぼない ほぼない 少しある 1秒〜2秒

※音声共有はアプリ音か、マイク音いずれか一方のみ可能。

なんといっても、画質の良さが一番のメリット。iPhone画面をフル解像度で表示でき、そのまま録画することも可能です。ラグ(映像の遅延)はほとんどなく、激しいゲームをしても途中で途切れたり、カクついたりといったことはありませんでした。

音声共有も可能なので、利用シーンを選ばずに幅広く活用できるでしょう。

MacとiPhoneをケーブルで接続

まずは、MacにiPhoneを接続します。

ここでMacBookユーザーは、手持ちの充電ケーブルの端子タイプに注意が必要です。というのも、最近発売された「MacBook Air」と「MacBook Pro」にはUSB Type-Cの差込口しかありません。

充電ケーブルの接続端子がUSB Type-Aだった場合は、接続時に変換アダプターやクイックスイッチアダプター(上の画像)などが必要です。もし手元にないなら、購入するか別の方法を検討したほうがよいでしょう。

接続できたらiPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されるので、[信頼]をタップしてください。続いて、iPhoneロック解除のパスコードを入力しましょう。

QuickTime Playerを起動して「新規ムービー収録」を選択

続いて、Macの「アプリケーション」にある「QuickTime Player」を起動します。

ファイル新規ムービー収録の順にクリックします。

カメラをiPhoneに切り替える

録画ボタンの右にある[∨]ボタンをクリックし、カメラをiPhoneに切り替えます。

QuickTime上に、接続しているiPhoneの画面が表示されます。中央の録画ボタンをクリックするとiPhoneの画面録画が開始されます。

方法2:Vysorを使って映し出す(Androidスマホ)

「Vysor」は、Androidにおいて著名な開発者であるKoushik Dutta氏が提供している画面ミラーリングツールです。

PWA(Progressive Web Apps)といってブラウザ上で表示できるタイプなので、ソフトウェアやアプリをインストールする必要はありません。スマホとパソコンをケーブルで接続するだけでスマホ画面を映し出せます。

Vysorの仕様/機能
  QuickTime Player Vysor Miracast ツイキャス
iPhone→Mac × ×
iPhone→Windows × × ×
Android→Mac × ×
Android→Windows ×
パソコンでのスマホ操作 × ×
録画
音声共有
ケーブル 必要 必要 不要 不要
PCソフトのインストール 不要 不要 不要 不要
スマホアプリのインストール 不要 不要 不要 必要
画質 △(有料版は◎)
タイムラグ ほぼない ほぼない 少しある 1秒〜2秒

有料版は2.5ドル/月、10ドル/年、または40ドル買い切り。「△」は有料版のみ利用可能な機能。

特筆すべきは、スマホをパソコンで操作できること。マウスを使ってスマホアプリを操作したり、キーボードで文字を入力したりできます。「スマホアプリをパソコンの大きな画面で操作したい」という人にはおすすめの方法です。

ただ、無料版のままだとあまり画質がよくありません。プレゼンや配信など「人に見せる」といったシーンには向かないでしょう。また、iPhoneに対応していない点にも注意が必要です。

Androidスマホ側で「USBデバック」を有効化する

「Vysor」を使って画面をパソコンに映し出すには、AndroidスマホのUSBデバッグモードを有効にしなければなりません。有効にすることで、USB接続した機器からAndroidスマホに対してさまざまな操作がおこなえるようになります。

ただ、「USBデバッグモード」はあくまで開発者向きの裏設定です。有効になっている状態は、セキュリティ上あまり好ましくありません。「Vysor」を使う時のみオンにし、使い終わったら必ずオフにすることを心がけてください。

まずは、Androidスマホの「設定」を開きます。

設定メニューでデバイス情報を開いたら、画面の一番下にある「ビルド番号」を7回連続でタップしてください。Galaxyでは「端末情報」→「ソフトウェア情報」画面の中段に「ビルド番号」があります。

7回タップし終えると、自身のスマホのロック解除のために設定しているPINコードかパターン、パスワードの入力画面に遷移します。

「これでデベロッパーになりました!」というメッセージが表示されたら、開発者モードは有効化されています。

再び端末の「設定」に戻り、システムをタップ。[詳細設定]をタップすると、設定項目が増えて開発者向けオプションが出現します。

開発者向けオプションを下にスクロールすると、「USBデバッグ」という項目があります。これをオンにして、確認画面でOKをタップすれば事前準備は完了です。

ケーブルでAndroidスマホとパソコンを接続する

続いて、USBケーブルでスマホとパソコンを接続します。接続先のパソコンはWindowsでもMacでもどちらでも構いません。

ケーブルで接続すると「アクセスを許可しますか?」といったポップアップが表示されるので、これを許可してください。

ブラウザで「Vysor」にアクセスして投影する

続いて、Vysorにアクセスします(左リンクからそのまま遷移できます)。

ちなみに、Windows/Mac版のソフトウェアもあります。ブラウザでアクセスするのが一番手軽ですが、ソフトで使いたい人はhttps://www.vysor.io/からダウンロード・インストールしてみてください。

ブラウザでVysorにアクセスしたら、Connect USB Deviceをクリックします。

スマホとパソコンが正しく接続できていれば、ポップアップでスマホの名前(機種名)が表示されるので選択して接続を押しましょう。

Android Deviceの項目に赤い[▷]ボタンが出現するので、これをクリックします。パソコンに黒い画面が表示された状態になったら、スマホを確認してください。

スマホを確認すると「USBデバックを許可しますか?」の確認画面が表示されているはずです。一読して問題なければ許可をタップしてください。

USBデバックを許可してしばらくすると、スマホの画面が映し出されます。スワイプしたり、アプリを起動したりして、きちんと表示されるか確認してみましょう。

Vysorを使ってスマホをパソコンで操作する

前述したように、パソコンでスマホを操作することも可能です。

パソコンのマウスを使ってホーム画面上のアプリを左クリックすると、アプリが起動します。スワイプするには、タッチパッドをスライドさせるか、左クリックしたままマウスポインタをスライドさせください。

方法3:Miracastを利用して映し出す(Androidスマホ)

多くのAndroidスマホとWindows 8.1以降のパソコンには、Miracast(ミラキャスト)というワイヤレスでの画面共有機能が搭載されています。

Wi-Fi経由で接続できるので、ケーブルの長さを気にせず快適に使えるのがメリットでしょう。ただ、スマホを素早く操作すると、映像の乱れが生じることがあります。ゲームなど、動きの激しい操作の共有には向かないかもしれません。

Miracastの仕様/機能
  Quick Time Player Vysor Miracast ツイキャス
iPhone→Mac × ×
iPhone→Windows × × ×
Android→Mac × ×
Android→Windows ×
パソコンでのスマホ操作 × △(※) ×
録画機能
音声共有
ケーブル 必要 必要 不要 不要
PCソフトのインストール 不要 不要 不要 不要
スマホアプリのインストール 不要 不要 不要 必要
画質
タイムラグ ほぼない ほぼない 少しある 1秒〜2秒

※スマホの機種による

さらに注意したいのが、キャスト機能を搭載したAndroidスマホであっても、確実にWindowsパソコンに接続できるわけではないということ。

実際に手持ちのキャスト機能付きスマホで試しましたが、5台中3台が接続できませんでした(Pixel 4a/AQUOS sense plus/Xperia 5)。Windowsパソコンへのキャストに成功したのは、Galaxy A20とOPPO Reno 3Aだけです。キャスト自体はAndroid 4.2から標準搭載されていますが、Windowsパソコンと接続できるかどうかは端末次第というわけです。

WindowsパソコンでMiracast(このPCへのプロジェクション)を有効化する

Windows​ボタンをクリックし、設定へ進みます。

設定メニューでシステムをクリックします。

このPCへのプロジェクションをクリックし、「常にオフ」項目を「どこでも使える」もしくは「セキュリティで保護されたネットワーク上のどこでも可能」に変更しましょう。

その上で[このPCへのプロジェクション用の接続アプリを起動します]を押してください。なお、各項目がグレーアウトして操作できなくなっている場合は、「ワイヤレスディスプレイ」などをインストールする必要があります(以下参照)。

ワイヤレスディスプレイをインストールする手順

Windows 10を搭載したノートパソコンでは、Miracastを使う際に「ワイヤレスディスプレイ」のインストールを求められるケースがあります。

グレーアウトしている項目上のオプション機能をクリックします。

+機能の追加をクリックします。

追加できるオプションが一覧で表示されるので「ワイヤレスディスプレイ」にチェックを入れてインストールをクリックしましょう。

インストールが完了すればグレーアウトが解除され、項目選択できるようになっているはずです。

上のような受信画面が表示されるので、そのままの状態にしておきましょう。

Androidスマホのキャスト機能を起動する

続いて、Androidスマホの画面を上から下にスワイプしてクイック設定パネルを呼び出し「画面のキャスト」や「Smart View」「スクリーンキャスト」といった項目をタップします。機能の名称は機種やバージョンによって異なるので注意してください。

なお、クイック設定パネル上に見当たらない場合は端末の「設定」を開き、機器接続接続の設定に進んで「キャスト」や「スクリーンミラーリング」などの項目を探してみましょう。

接続可能な機器が検出されます。Windowsパソコンが検出されていたら、これをタップしてください。

キャストを開始しますか?といった内容のポップアップが表示されたら、[OK]や[今すぐ開始]をタップ。すぐに画面共有が開始されます。

前述したように、キャスト機能を搭載していたとしても「Windowsパソコン」に接続できるAndroidスマホは多くありません。

たとえば、GoogleのPixelシリーズはChromecastには接続できますが、Miracastには接続できない仕様のようです。またXperiaの「スクリーンミラーリング」では、Windowsパソコンの検出自体はできるものの「スクリーンミラーリングを開始できませんでした。」とエラー表示され、結局キャストできませんでした。

Windows PCにAndroidスマホの画面が表示される

これで、Windowsパソコンにスマホの画面が表示できました。

機種によっては、パソコン上でスマホ操作をすることも可能です。マウスでアプリを操作したり、キーボードで文字入力をしたり試してみてください。

方法4:ライブ配信アプリのツイキャスを活用(iPhone/Androidスマホ)

「スマホの画面を他のデバイスに共有する」という機能は、LINEのビデオ通話Zoom、Gmail(Google Meet)など身近なアプリにも搭載されています。このようなアプリを使うのもひとつの手でしょう。

ただ、これらのビデオ通話アプリで画面共有するにはアカウントが2つ必要で、意外と準備に手間がかかります。そこで筆者がおすすめしたいのが、ライブ配信サービス「ツイキャス」を活用する方法です。

ツイキャスの仕様/機能
  Quick Time Player Vysor Miracast ツイキャス
iPhone→Mac × ×
iPhone→Windows × × ×
Android→Mac × ×
Android→Windows ×
パソコンでのスマホ操作 × ×
録画機能
音声共有
ケーブル 必要 必要 不要 不要
PCソフトのインストール 不要 不要 不要 不要
スマホアプリのインストール 不要 不要 不要 必要
画質
タイムラグ ほぼない ほぼない 少しある 1秒〜2秒

必要な準備は、スマホアプリのインストールとアカウント作成のみ。URLを共有するだけで、Windows/Mac/タブレットなどさまざまなデバイスにスマホ画面を映し出せます。

ツイキャスは配信アプリですが、非公開設定が可能なので不特定多数の目に触れる心配もありません。さらに、手軽に音声共有ができるのも嬉しいポイント。アプリ内音声やスピーカー音声もパソコンから出力できます。

ただ、サービス側の仕様に左右されるため、他の方法と比べるとラグがかなり顕著に現れます(後述)。プレゼンなどで使用するのはあまりおすすめできません。

スマホにツイキャスアプリをインストールして会員登録/ログイン

アプリ「ツイキャス・ライブ」をダウンロード

まずはスマホに「ツイキャス・ライブ」アプリをインストールしましょう。ブラウザでも利用可能ですが、スマホからの配信はアプリ経由でしかおこなえないようです。

起動したら、アカウント登録とログインを済ませます。ツイッターをはじめ、インスタグラムやGoogleなど様々なアカウント情報を利用できます。

メールアドレスを登録する

ライブ配信をするには、メールアドレスの登録・認証が必須です。ログイン後、プロフィール設定画面に進み、利用中のメールアドレスを入力しましょう。

配信をプライベート設定にする

続いて、配信設定を変更します。

トップ画面下部のメニューから歯車マークの設定ボタンを押してください。ライブ配信を「スクリーン配信」に切り替え、[公開範囲]をタップします。

公開範囲を「プライベート配信」に指定して合言葉を入力してください。

共有する音声を指定してキャスト開始

左端にある音符ボタンをタップして、パソコンと共有する音を指定しましょう。配信する音は「マイク音」「アプリ音のみ」「マイク音とアプリ音の両方」から選択できます。

なお、音声をオフにした状態での配信はできません。というのも、ツイキャスは一定時間音声が検知されないと自動で配信が停止してしまう仕様になっているからです。

「マイク音」にチェックを入れた上でスマホのマイクをオフにすれば音無しにできないこともありませんが、3分ほど経過すると配信が終了してしまいます。

配信を開始してURLを共有する

中央の丸いボタンをタップし、各設定を確認したら配信開始ボタンを押します。

配信が開始されたら下部メニューから歯車マークをタップしましょう。

設定画面で共有ボタン(Androidスマホでは​)をタップし、パソコンにURLを送るツールを選択してください。

パソコンでURLを開くと、合言葉の入力画面が表示されます。ステップ3で設定した合言葉を入力しましょう。

下部のメニューからフルスクリーンを選択すればパソコンにスマホ画面のみを映し出せます。

ツイキャスで生じるタイムラグの目安

前述した通り、スマホを操作してからパソコンに表示されるまでのタイムラグはかなりあります。オンタイムで操作画面を見せたい場合は注意が必要です。

検証バージョン
MacBook Air
macOS Big Sur
11.4
Surface Laptop
Windows(11121)
10
Xperia 5
Android
10
Galaxy A20
Android
10
OPPO Reno3 A
Android
10
Pixel 4a
Android
10
EDITED BY
MOEGI