Androidスマホのゴミ箱はどこ? 確認して削除ファイルを復元する方法

アプリによってはゴミ箱機能が備わっている

Androidスマホで画像や動画、ドキュメントなどを削除する際、多くのケースで「ゴミ箱」マークをタップします。このゴミ箱マークを押して削除した後、データはどこにいくのか、また削除したデータは復元できるのか、気になる人も多いでしょう。

そこで本記事では、Androidスマホにおける「ゴミ箱」機能について解説。削除済みのデータを探して復元する方法も紹介します。

Androidスマホのゴミ箱はどこにある?

WindowsやMacには、OSの標準機能として「ゴミ箱」が搭載されており、削除したデータはすべてゴミ箱に一時保管されます。誤って削除してしまったファイルや、再度必要になったデータをゴミ箱から取り出して復元できる仕組みです。

一方、AndroidにはOSの標準機能としてゴミ箱は搭載されていません。パソコンのように、削除した全データを一元管理できる場所は存在しないのです。

Androidスマホにおける削除済みデータの取り扱いは、削除の操作をしたアプリによって異なります。アプリによって、即座に削除されてしまうケースと、ゴミ箱機能が搭載されていて一定期間削除データを保管してくれるケースがある、というわけです。

Androidスマホで削除済みのデータを探して復元する方法まとめ

Androidスマホから特定のデータを「消す」という行為をした場合、何かしらのアプリを経由しているはずです。

これら削除操作ができるアプリには、あわせて「ごみ箱」機能も搭載されている可能性があります。

また、運良くバックアップが保存されていたり、別のアプリに二重保管されていたりする可能性も。消してしまったデータの種類ごとに、復元の可能性がある方法を確認してみましょう。

削除した画像・動画ファイルを探す

消してしまった写真や動画の入っているゴミ箱には、どのようにアクセスすればよいでしょうか。

方法1:写真管理アプリにゴミ箱がないか確認する

まずは、普段使っている写真管理アプリを開き、ゴミ箱機能がないか確認してみましょう。

筆者が確認した限り、Galaxyシリーズにプリインストールされてる「ギャラリー」アプリと「Googleフォト」アプリにはゴミ箱機能が搭載されていました。

まずは、Galaxyシリーズにプリインストールされている「ギャラリー」アプリのゴミ箱確認方法を紹介します。

トップ画面にあるまたは​​をタップし、展開したメニューで[ごみ箱]を選択すると、削除済みの画像・動画ファイルにアクセスできます。

削除してから30日以内のデータなら、ここから復元可能です。

Googleフォトアプリにはゴミ箱機能が搭載されており、Googleフォト経由で削除した写真・動画はゴミ箱に60日間保管されます。

写真の管理にGoogleフォトを使っている人は、以下の手順でゴミ箱を確認してみてください。

Googleアカウントでログインしている場合「Googleフォト」アプリを開くと、下にタブが表示されます。

「ライブラリ」タブでゴミ箱タップすると、削除済みの写真・動画ファイルにアクセスできます。削除してから60日以内であれば、データの復元が可能です。

Googleアカウントでログインしていない場合、アプリを開くと端末の内部ストレージにある画像が一覧で表示されます。

左上のメニューボタン​をタップし、展開したメニューからゴミ箱を選択すると削除済みデータにアクセスできます。

方法2:「Googleフォト」アプリにバックアップデータがないか確認する

Googleフォトで自動バックアップ設定を有効にしている場合、端末の内部ストレージに保存されているデータはGoogleフォトにもアップロードされます。

Androidスマホの初期設定時に、自動バックアップをオンにしているケースも多いはずです。

Googleフォトアプリを開き、アカウントアイコンをタップします。

展開したメニューにバックアップが完了しましたの項目があるなら、内部ストレージやSDカードから削除したデータが「Googleフォト」アプリに残っている可能性があります。「フォト」タブで写真を探してみてください。

内部ストレージ/SDカードから削除したファイルを探す

内部ストレージやSDカード内に保存されているデータ(画像・動画・ドキュメント・オーディオなど)を削除する場合、多くのケースで「ファイル管理」アプリを利用します。また、ブラウザや電話帳アプリで各種データを扱っているケースもあります。

方法1:ファイル管理アプリにゴミ箱がないか確認する

まずは、普段使っているファイル管理アプリにゴミ箱機能がないか確認してみてください。なお、ファイル管理アプリは「ファイルマネージャー」「ファイルエクスプローラー」「ファイラー」など様々な名称で呼ばれます。

筆者が確認した限りでは、Galaxyにインストールされてる「マイファイル」アプリと「Files by Google」アプリにはゴミ箱機能が搭載されていました。

なお、多くのAndroidスマホに標準搭載されている「ファイル」アプリ(上アイコン)には、残念ながらゴミ箱機能はありません。

Galaxyシリーズにプリインストールされている「マイファイル」アプリ経由で削除したデータは、ゴミ箱に保管される仕組みです。

なお、保管期限は設定されていないようなので、過去に削除したファイルはすべてここで見られると考えてよいでしょう。

トップ画面で右上の​ボタン、もしくは画面下部のボタン​をタップしてください。

展開したメニューに[ごみ箱]があるはずなので、これを選択すると削除済みのファイルにアクセスできます。

「Files by Google」は、Googleが提供するファイルマネージャーアプリ。Pixelシリーズなど、一部のAndroidスマホには標準でインストールされています。

Files by Googleアプリ経由で内部ストレージやSDカードから削除したファイルは、ゴミ箱に保管される仕組みです。

ただ、ゴミ箱機能を利用できるのは、Android 11を搭載したスマホのみ。Android 10以前のバージョンでは、ゴミ箱ボタンが存在しません。

Android 11を搭載したスマホで「Files by Google」アプリを開き、左上のメニューボタン​をタップすると、ゴミ箱が表示されるはずです。

Files by Google経由で削除したファイルは、ここに30日間保管されます。30日以内であれば復元可能です。

方法2:ダウンロードしたファイルならChromeアプリからも探せる

Webサイト上からダウンロードしたファイルなら、Chromeアプリから見つけられる可能性もあります。

「Chrome」アプリを開き、右上のメニューボタン​をタップします。

メニューからダウンロードを選択すると、過去にChromeアプリ、もしくはGoogleアプリを経由してダウンロードしたファイルが一覧表示されます。数カ月以内のものであれば、ここから再ダウンロードが可能です。

削除した連絡先・アドレス帳データを探す

消してしまったアドレス帳データは、連絡先アプリのゴミ箱やAndroidのバックアップデータから見つけ出せることがあります。

方法1:連絡先/アドレス帳アプリのゴミ箱を探す

連絡先、アドレス帳アプリのなかには、ゴミ箱機能を搭載しているものがあります。筆者が確認した限り、Google製の「連絡帳」アプリと、Galaxyスマホにプリインストールされている「連絡先」には、ゴミ箱機能が搭載されていました。

普段使っているアプリを開き、ゴミ箱機能の有無を確認してみてください。

Google製の「連絡先」アプリは、多くのAndroidスマホにプリインストールされています。このアプリで削除したデータは、30日間ゴミ箱に保管されます。

トップ画面左上にあるメニューボタン​をタップし、展開したメニューから[ごみ箱]選択すると、削除済みの連絡先データにアクセスできます。

Galaxyスマホにプリインストールされている「連絡先」アプリにも、ゴミ箱機能が搭載されています。

ただし連絡先アプリのゴミ箱は、保存期間が「15日」とかなり短い設定です。保管期間が過ぎると、自動で削除されてしまうので注意しましょう。

トップ画面左上のメニューボタン​をタップし、展開したメニューから[ごみ箱]選択すると、削除済みの連絡先データにアクセスできます。

方法2:バックアップデータがあれば復元することも可能

Androidスマホには、標準機能としてGoogleアカウントによるバックアップ機能が実装されています。バックアップしたデータは、前述したGoogle製の「連絡先」アプリでいつでも復元可能です。

バックアップが有効化されている場合は、削除してしまった連絡先データを取り戻せるかもしれません。

「連絡先」アプリを開き、左上の​→設定の順にタップします。設定メニューから復元を選択し、「現在のデバイス」項目を確認してください。

「暗号化されています」と記載されていればバックアップデータが存在するので、これをタップ。パスコードやパターンでロックを解除すると、バックアップ時点でのデータが復元されます。

削除したアプリを再インストールする

ホーム画面の整理中、うっかり必要なアプリまで消してしまった、というのもよくある話です。

インストールしたアプリは、Googleアカウントに紐づいてすべて「Google Playストア」アプリに記録されています。端末からアンインストールしたとしても、Google Playストアから同じものを再インストールできます。

「Google Play ストア」アプリを開き、右上のプロフィールアイコンをタップ。展開したメニューから[アプリとデバイスの管理]を選択してください。

「アプリとデバイスの管理」画面が開いたら、概要タブから管理タブに切り替えましょう。

続いて、インストール済みのプルダウン部分をタップして、未インストールを選択してください。

過去にインストールしたことのあるアプリが一覧で表示されるので、復活させたいものにチェックを入れてダウンロードボタン​をタップすればOKです。

ただ、この操作でアプリ自体は復活できますが、アプリ内データまでは復元できません。たとえば、メモ帳に記録していたテキストや、ゲームアプリのデータなどは戻らない可能性が高いでしょう。

削除データ復元ソフトの使用は慎重に

ゴミ箱機能がなかったり、ゴミ箱の保存期限が過ぎてしまったりして、削除したデータを復元できないケースも少なくありません。そのような場合、サードパーティ製のデータ復元ソフトの利用を考える人も多いのではないでしょうか。

ただ、これらのソフトを使うには、ほとんどのケースでAndroidスマホをroot化させなければなりません。root化はスマホ自体の動作が不安定になったり、メーカー保証が受けられなくなったりとリスクを伴う行為です。安易に使うと、正常なデータまで破損してしまうケースもあります。

結果的にデータを復元できないだけでなく、思わぬ障害が発生する可能性も考慮すれば、データ復元ソフトの利用は慎重に検討したほうがよいでしょう。

検証バージョン
Pixel 4a
Android
11
Galaxy A20
Android
10
Xperia 5
Android
10
AQUOS sense plus
Android
10
EDITED BY
MOEGI