Androidスマホのゴミ箱はどこ? データを復元・完全削除する方法を機種別に解説

AQUOS・Xperia・Pixel・Galaxy・OPPOシリーズでそれぞれ解説

Androidスマホで画像や動画、ドキュメントなどを削除する際、多くのケースで「ゴミ箱」マークをタップします。このゴミ箱マークを押して削除した後、データはどこにいくのか、また削除したデータは復元できるのか、気になる人も多いでしょう。

そこで本記事では、Androidスマホにおける「ゴミ箱」機能の使い方を機種別に解説。削除済みのデータを探して復元する方法や、ゴミ箱を空にする(完全削除する)方法も紹介します。

Androidスマホのゴミ箱はどこにある?

WindowsやMacには、OSの標準機能として「ゴミ箱」が搭載されており、削除したデータはすべてゴミ箱に一時保管されます。誤って削除してしまったファイルや、再度必要になったデータをゴミ箱から取り出して復元できる仕組みです。

一方、AndroidスマホにはOSの標準機能としてゴミ箱は搭載されていません。パソコンのように、削除した全データを一元管理できる場所は存在しないのです。

Androidスマホでデータを削除した際は、各アプリ内に備わったゴミ箱機能から管理します。たとえば画像を削除した場合、ギャラリー(アルバム)アプリやファイルアプリ内のゴミ箱に蓄積され、ここからデータの復元や完全削除をおこないます。

なお、アプリによって即座に削除されてしまうケースと、ゴミ箱機能が搭載されていて一定期間削除データを保管してくれるケースがあります。

ギャラリー(写真アルバム)のゴミ箱から写真や動画を復元・削除する

写真や動画などは、ギャラリー(アルバム)アプリからゴミ箱にアクセスして整理できます(後述するファイルアプリでも復元・完全削除は可能)。

ギャラリーアプリのゴミ箱を探す

ギャラリーアプリにおけるゴミ箱の探し方を解説します。機種により名称が異なり、AQUOS・Xperia・Pixelシリーズは「Googleフォト」、Galaxyシリーズは「ギャラリー」、OPPOシリーズは「写真」を利用します。

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合(Googleフォト)

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合、ギャラリーアプリとしてGoogleフォトを使用します。

Googleフォトアプリを起動したら、「ライブラリ」タブを開き、[ゴミ箱]を選択してください。削除した画像・動画ファイルが一覧表示されています。

Galaxyシリーズの場合(ギャラリー)

Galaxyシリーズであれば、その名の通り「ギャラリー」がギャラリーアプリとして使われます。

画面下のメニューボタン​→[ゴミ箱]と進むと、削除した画像・動画ファイルがあることがわかります。

OPPOシリーズの場合(写真)

OPPOシリーズなら、「写真」アプリを開いてください。

「アルバム」タブを選択し、[最近削除した項目]を選択すると削除したデータを確認できます。「ゴミ箱」という名称ではありませんが、「最近削除した項目」が実質的なゴミ箱となります。

ギャラリーアプリのゴミ箱からデータを復元する

削除した画像・動画ファイルは、一定期間内であればゴミ箱から復元可能です。一定期間が経過すると自動的に完全削除され、復元できなくなってしまうので注意してください。

完全削除されるまでの期間は設定内容や機種ごとによって異なります。

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合(Googleフォト)

Googleフォトのゴミ箱に溜まった画像・動画ファイルを復元するには、まず「ゴミ箱」内で復元したいデータのいずれかを長押し。復元したいデータを選択したら(複数選択可)、[復元]→[復元]と続けてタップするだけです。

バックアップを取っている画像・動画ファイルはゴミ箱に入れてから60日後、バックアップを取っていない画像・動画ファイルはゴミ箱に入れてから30日後に完全削除されます。

Galaxyシリーズの場合(ギャラリー)

Galaxyシリーズの場合、まずギャラリーアプリでメニューボタン​→[ゴミ箱]と進んでゴミ箱を開き、[編集]をタップ。復元する画像・動画ファイルを選択して[復元]をタップすると、ゴミ箱から消えて「画像」あるいは「アルバム」などに戻ります。

なお、ゴミ箱内の保存期間は削除してから30日間となっており、残り日数が画像下に表示されています。

OPPOシリーズの場合(写真)

OPPOシリーズの場合、まずは写真アプリより[最近削除した項目]を選択してゴミ箱の画面を開きます。[:]ボタン→[選択]の順にタップし、[すべて復元]→[○枚の写真を復元](写真の場合)を選択すれば一括で復元できます。

復元したいデータを選択して[復元]→[○個の項目を復元]をタップすれば個別に復元することも可能です。

ギャラリーアプリのゴミ箱を空にする(完全削除する)

ギャラリーアプリのゴミ箱に溜まったデータを空にすることで、データを完全に削除できます。基本的にはゴミ箱に移動したデータは一定の日数が経過すると自動的な完全削除されますが、端末のストレージ容量が不足していてる時に手動で完全削除するといいでしょう。

Androidスマホのストレージを減らす方法 特に空き容量を増やせた5つの施策とは

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合(Googleフォト)

まずはGoogleフォトアプリを開き、「ライブラリ」タブ→[ゴミ箱]と進みます。画面右上の​ボタンをタップし、[ゴミ箱を空にする]→[完全に削除]の順にタップすれば完了です。

任意のデータを選択して削除する場合は、[編集]をタップして削除するデータを選択し、[削除]→[完全削除]とタップすれば完了です。

Galaxyシリーズの場合(ギャラリー)

ギャラリーアプリからメニューボタン​→[ゴミ箱]と進んでゴミ箱画面を開きます。画面右上の[空にする]→[空にする]と続けてタップすれば、ゴミ箱内のデータをすべて完全削除できます。

個別に完全削除する際は、[選択]をタップして削除するデータを選択。[削除]→[削除]とタップしてください。

OPPOシリーズの場合(写真)

写真アプリの「アルバム」タブから[最近削除した項目]を選択してゴミ箱を開きます。[:]ボタン→[選択]とタップし、[全て削除]を選択。確認画面で[○個の項目を完全に削除]をタップすればゴミ箱が空になります。

[:]ボタン→[選択]のタップ後、任意のデータを選んで[完全に削除する]→[○個の項目を完全に削除]をタップすれば、個別に削除することもできます。

ファイルアプリのゴミ箱からデータを復元・削除する

写真や動画データに加え、削除したドキュメントや音声データを復元・完全削除するには、ファイルアプリを利用します。

前述したギャラリー(写真アルバム)のゴミ箱では写真と動画しか復元・完全削除できませんが、ファイルアプリであればドキュメントや音声データも復元・完全削除できます。

ファイルアプリのゴミ箱を探す

ファイルアプリにおけるゴミ箱の探し方を解説します。機種により名称が異なり、AQUOS・Xperia・Pixelシリーズは「Files」、Galaxyシリーズは「マイファイル」、OPPOシリーズは「ファイルマネージャー」を利用します。

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合(Files)

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合、Filesアプリを使用します。

「見る」タブからメニューボタン​→[ゴミ箱]の順に進むと削除したデータが一覧表示されているのがわかります。

Galaxyシリーズの場合(マイファイル)

Galaxyシリーズであれば、まず「マイファイル」アプリを起動します。

画面右上の​ボタン→[ゴミ箱]を選択すると、削除したデータを一覧で確認できます。

OPPOシリーズの場合(ファイルマネージャー)

OPPOシリーズであれば、ファイルマネージャーアプリを使います。

[最近削除した項目]を選択すると、削除した画像・動画ファイルを確認できます。「ゴミ箱」という名称ではない点に注意してください。

ファイルアプリのゴミ箱からデータを復元する

ファイルアプリの場合も、一定期間内であれば削除したデータを復元できます。一定期間が過ぎると自動的に完全削除され、復元できなくなる点には注意が必要です。

完全削除されるまでの期間は設定内容や機種ごとによって異なります。

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合(Files)

Filesアプリでゴミ箱の画面を開いたら、「すべてのアイテム」を選択するか、復元したいデータを選択。[復元]→[○件のファイルを復元]の順にタップすれば復元完了です。

なお、ゴミ箱に移動したファイルは30日後に自動で完全削除されます。

Galaxyシリーズの場合(マイファイル)

Galaxyシリーズでゴミ箱のデータを復元するには、まずマイファイルアプリでゴミ箱を開きます。[編集]をタップして復元したいデータを選択し、[復元]をタップすれば復元完了です。

なお、ゴミ箱に移動したデータの保存期間は30日間です。30日を過ぎるとゴミ箱内のデータは自動的に完全削除されます。

OPPOシリーズの場合(ファイルマネージャー)

OPPOシリーズであれば、ファイルマネージャーアプリのゴミ箱から復元したい画像・動画ファイルを長押しします。復元する画像・動画ファイルを選んだら、[復元]→[○個の項目を復元する]の順にタップすれば完了です。

画像・動画ファイル削除後、30日以内であれば復元可能です。30日を経過すると自動的に完全削除され、復元できなくなってしまいます。

ファイルアプリのゴミ箱を空にする(完全削除する)

ファイルアプリのゴミ箱に溜まったデータは一定の日数(ほとんどのケースで30日間)が経過すると自動的に完全削除されます。しかし、端末のストレージ容量が逼迫している時などは手動でゴミ箱を空にすることで、空き容量を確保できるでしょう。

なお、ゴミ箱のデータが自動的に完全削除されるまでは復元が可能ですが、一度完全削除されてしまうと復元できなくなってしまう点には注意してください。

AQUOS・Xperia・Pixelシリーズの場合(Files)

まずFilesアプリでメニューボタン​→[ゴミ箱]と進んでゴミ箱を開きます。ゴミ箱の中を空にするには「すべてのアイテム」を選択、一部のデータのみを削除するには任意のデータを選択し、[削除]→[削除]と続けてタップします。これで削除完了です。

「削除」タブから「ジャンクファイル」の[削除]を選択すると、一時ファイル(キャッシュデータ)を削除できます。データがゴミ箱に移動するわけではありません。

Galaxyシリーズの場合(マイファイル)

マイファイルアプリを開いたらボタン→[ゴミ箱]と進んでゴミ箱を開きます。ゴミ箱画面でボタンをタップし、[空にする]​​→[ゴミ箱を空にする]とタップすれば、ゴミ箱が空になります。

任意のデータを選んで完全削除するには、[編集]をタップし、完全削除したいデータを選択。[削除]→[削除]と続けてタップすれば削除完了です。

OPPOシリーズの場合(ファイルマネージャー)

ファイルマネージャーアプリを開き、[最近削除した項目]を選択。[すべて削除]→[すべての項目を完全に削除]の順にタップすれば、ゴミ箱を空にできます。

個別に選んで完全削除するには、画面右上の[:]ボタンから[編集]を選択。削除したデータを選んで[削除]→[○個の項目を完全に削除]を選択すれば削除完了です。

アドレス帳のゴミ箱から連絡先を復元・削除する

写真やドキュメントと同様、連絡先も削除するとアドレス帳のゴミ箱に移動し、一定期間内であれば復元が可能です。

アドレス帳のゴミ箱を探す

連絡先アプリにおけるゴミ箱の探し方を解説します。AQUOS・Xperia・Pixel・OPPOシリーズは「連絡帳」、Galaxyシリーズは「連絡先」を利用します。

AQUOS・Xperia・Pixel・OPPOシリーズの場合(連絡帳)

AQUOS・Xperia・Pixel・OPPOシリーズであれば、「連絡帳」アプリを使用します。

OPPOシリーズの場合、機種独自の「連絡先」アプリを利用することもできますが、「連絡先」アプリにはゴミ箱機能が備わっていません。クラウドで外部ストレージにバックアップを取っていれば削除した連絡先が復元できる場合もありますが、設定内容やバックアップのタイミング次第では復元できないケースもあります。

データのバックアップを取る方法(OPPO)

「修正と管理」タブから[ゴミ箱]を選択すると、削除した連絡先が一覧で表示されているはずです。

Galaxyシリーズの場合(連絡先)

Galaxyシリーズの場合、「連絡先」アプリを開きましょう。

メニューボタン​→[ゴミ箱]と進むと、削除した連絡先を確認できます。

アドレス帳のゴミ箱から連絡先を復元する

削除されてゴミ箱に移動した連絡先は、一定期間内であれば復元可能です。一定期間を過ぎると自動的に完全削除されてしまいます。

AQUOS・Xperia・Pixel・OPPOシリーズの場合(連絡帳)

「修正と管理」タブから[ゴミ箱]を選択し、ゴミ箱画面を開きます。ボタン→[選択]の順にタップしてください。

復元したい連絡先を選択し、​もう一度ボタンをタップ。[復元]​をタップすれば連絡先の復元は完了です。

ゴミ箱に入れられた連絡先は、30日後に自動的に完全削除されます。完全削除された連絡先は復元できません。

Galaxyシリーズの場合(連絡先)

メニューボタン​→[ゴミ箱]と進んでゴミ箱画面を開いたら、[編集]をタップし、復元したい連絡先を選択。[復元]をタップすれば、削除されていた連絡先が復元されます。

なお、ゴミ箱内の連絡先の保存期間は30日間です。ゴミ箱に移動してから30日が経過すると、連絡先は自動的に完全削除されて復元できなくなります。

アドレス帳のゴミ箱を空にする(完全削除する)

削除されてゴミ箱に移動したアドレス帳の連絡先は、一定期間が経過すると自動的に完全削除されます。端末のストレージ容量に空きがない場合、手動でゴミ箱内の連絡先を空にすることで、空き容量を確保できるかもしれません。

AQUOS・Xperia・Pixel・OPPOシリーズの場合(連絡帳)

「修正と管理」タブ→[ゴミ箱]でゴミ箱を開き、[ゴミ箱を今すぐ空にする]をタップ。確認画面で[完全に削除]をタップすれば、削除完了です。

個別に連絡先を完全削除するには、​ボタン→[選択]の順にタップし、削除したい連絡先を選択。再び​ボタンをタップして[完全に削除]→[完全に削除]をタップすればOKです。

Galaxyシリーズの場合(連絡先)

メニューボタン​→[ゴミ箱]でゴミ箱を開いたら、[空にする]をタップ。確認画面で[削除]をタップすればすべての連絡先が完全削除されます。

連絡先を個別に選んで完全削除するには、[編集]をタップして削除する連絡先を選択。[削除]→[削除]と続けてタップすれば完了です。

削除データ復元ソフトの使用は慎重に

ゴミ箱機能がなかったり、ゴミ箱の保存期限が過ぎてしまったりして、削除したデータを復元できないケースも少なくありません。そのような場合、サードパーティ製のデータ復元ソフトの利用を考える人も多いのではないでしょうか。

ただ、これらのソフトを使うには、ほとんどのケースでAndroidスマホをroot化させなければなりません。root化はスマホ自体の動作が不安定になったり、メーカー保証が受けられなくなったりとリスクを伴う行為です。安易に使うと、正常なデータまで破損してしまうケースもあります。

結果的にデータを復元できないだけでなく、思わぬ障害が発生する可能性も考慮すれば、データ復元ソフトの利用は慎重に検討したほうがよいでしょう。

検証バージョン
AQUOS sense6
Android
11
Xperia Ace III
Android
12
Pixel 3a
Android
12
Galaxy S21
Android
11
OPPO Reno3 A
Android
11
EDITED BY
AO