コンビニのレシートに記載された「キャッシュレス還元額」とは? 消費増税前より安くなるかも

コンビニのレシートに記載された「キャッシュレス還元額」とは? 消費増税前より安くなるかも

2019年10月1日より、消費税率の引き上げとともに国がポイント還元を支援してくれる「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートしました。

コンビニでキャッシュレス手段を利用して決済すると、レシートに「キャッシュレス還元額」と表記されることがあります。本記事では、コンビニのレシートに記載された「キャッシュレス還元額」という項目は何なのかを詳しく解説します。

コンビニのレシートに記載された「キャッシュレス還元額」とは?

キャッシュレス還元額 コンビニ レシート

スマホ決済やクレジットカード、交通系ICカードなどのキャッシュレス手段を利用してコンビニで決済すると、レシート(領収書・クレジット売上票)に「キャッシュレス還元額」と記載されるため、何のことかわからないという人も多いでしょう。

「キャッシュレス還元額」は、国が実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」(以下、還元事業)の対象になった場合にレシートに記載されます。

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

消費税率の引き上げとともに2019年10月1日から実施されたポイント還元事業です。中小企業の店舗などでキャッシュレス手段による決済を利用すると、ポイント還元を国が支援してくれます。

中小企業が経営する直営店は5%、フランチャイズチェーンやコンビニ、ガソリンスタンドなどでは2%が還元されます。

通常、還元事業の対象となった場合は利用したキャッシュレスサービスの独自ポイントが還元されますが、コンビニでキャッシュレス手段を利用した場合は2%の「即時充当」(即時現金値引き)が適用されます。

この即時充当(即時現金値引き)が適用された金額が、レシートに記載された「キャッシュレス還元額」というわけです。

上の画像を例にすると、セブンイレブンで154円分の飲料商品をPayPayで決済したところ、即時充当(即時現金値引き)が適用されて151円で購入できました。飲料商品は消費増税後も税率は8%のまま変わらないので、結果的に消費増税前よりも安く購入できたことになります。

キャッシュレス還元額 コンビニ レシート

PayPayで決済したことにより2円分のPayPayボーナスも付与された

さらに、PayPayで決済したことによるPayPayボーナスも付与されるため、上手く活用すれば消費増税前よりも安く買い物することもできそうです。

即時現金値引きされるコンビニはどこ?

2%の即時充当(即時現金値引き)が適用されるコンビニは、現時点で以下の6つがあります。

即時充当が適用されるコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100を含む)
  • ミニストップ(一部のフランチャイズ加盟店舗のみ)
  • セイコーマート
  • ポプラ

上記コンビニでキャッシュレス決済を利用すると、レシートに「キャッシュレス還元額」と記載され、合計金額から2%が差し引かれます。

レシートに記載される即時充当の項目名は、コンビニによって異なる場合があります。

なお、利用するキャッシュレス手段によっては、サービス独自の基本還元率がそれぞれ異なります。コンビニでスマホ決済サービスを利用した場合にどれが一番お得かは、以下の記事でまとめています。

キャッシュレス還元対象のコンビニを探す方法

コンビニ キャッシュレス ポスター

還元事業はコンビニ全店舗で実施されているわけではなく、還元事業のポスターやステッカーが貼ってある店舗が対象となります。このようなポスターやステッカーが貼ってあるコンビニが還元事業の対象となるので、買い物する前にチェックするとよいでしょう。

そのほか、店舗に「キャッシュレス支払いで2%還元」といった内容の掲示があるかもしれません。

なお、経済産業省では還元事業の対象となる店舗を検索できるキャッシュレス還元マップアプリ「ポイント還元対象店舗検索アプリ」を提供しています。「ポイント還元対象店舗検索アプリ」の詳しい使い方については以下の記事で解説しているます。

アプリ「ポイント還元対象店舗検索アプリ」をダウンロード
ポイント還元対象店舗検索アプリ
EDITED BY AO