数値メーターを動かすだけで体重を手軽に記録できるアプリ「RecStyle」

メーターを動かすだけで体重を手軽に記録できるアプリ「RecStyle」

おすすめポイント
  • 数値メーターを左右にスライドするだけで入力できる
  • グラフ表示で体重・体脂肪率の変化を瞬時にチェック
  • デイリー通知で記録忘れを防げる

数値メーターを左右にスライドするだけで入力できる

「RecStyle(レックスタイル)」は体重や体脂肪率の記録に特化したアプリです。

テーマカラーが選べる

初期設定画面。テーマカラーも5色から選べる

数字と文字だけというシンプルなデザインが特徴で、テーマカラーは「黒」「グレー」「オレンジ」「黄緑」「ピンク」の5色から選べます。

メーターを回して数値を入力 手入力も可能

左:画面を左右にスライドしてメーターを動かす右:手入力も可能

画面を左右にスライドすると数値メーターが動き、体重や体脂肪率が入力できます。50グラム単位で細かく数値を入力できるのも特長で、数値の右端にあるボタンで手入力してもOKです。

体重の下には肥満度を表すBMI数値が自動表示されるうえに、そのBMI数値を基準に自分が「やせすぎ」「普通」「太りすぎ」のどれにあたるかがわかるようになっているため、ダイエットの参考にもなります。

スタンプとメモ機能

スタンプ機能も搭載しており、食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動・お通じなどの記録も簡単です。メモには運動した内容や食事のメニューといった、より詳細な記録ができます。

グラフ表示で体重・体脂肪率の変化を瞬時にチェック

グラフマークをタップ

画面右下のグラフマークをタップすると、体重や体脂肪率の推移が折れ線グラフで表示されます。

体重や体脂肪率の推移が折れ線グラフで表示される

日別の推移や週の平均値・月平均値を切り替えられ、グラフ上の点を押せばBMI数値も確認できます。ただし、グラフ画面は縦表示に対応していないため、強制的に横画面表示になってしまいます。

画面下には赤線で目標値が示されているので、ダイエットの指標にもなります。日々コツコツと記録をしていけば、後で見返したときに推移が視覚的にわかるので便利です。データは6年分まで保存できます。

デイリー通知で記録忘れを防げる

通知機能も搭載 指定時間に通知が届く

左:通知機能も搭載している右:指定時間に通知が届く

設定画面の[デイリー通知]をオンにしておけば、指定時間に通知が届きます。これならつい記録を忘れてしまいがちな人でも心配いりません。

筋肉量やウエストの太さも目標に追加可能

設定画面では体重・体脂肪率のほかに、筋肉量やウエストの太さも目標に追加可能です。

Appleヘルスケアとの連携 パスコードも設定できる データのエクスポート

左:Appleヘルスケアとの連携中:パスコードも設定できる右:データのエクスポート

Appleヘルスケアとの連携ができるほか、パスコードロック(指紋・顔認証)の設定、メールやDropboxを使ったデータのエクスポート・インポートにも対応しています。

基本的に無料で使えるので、手っ取り早くシンプルな記録機能のみでダイエットアプリを利用したい人にはおすすめです。

iOS版アプリ(バージョン 2.3.0)で検証し、レビューしています。

EDITED BY MIKAN