料金は都内最安値、かんたん操作でスムーズに自転車をレンタルできる「PiPPA」

料金は都内最安値、かんたん操作でスムーズに自転車をレンタルできる「PiPPA」

「PiPPA」(ピッパ)は、IoT製品の開発・運営を行っているオーシャンブルースマート(東京・板橋)が運営しているシェアサイクルサービスです。東京の豊島区や板橋区を中心に展開していますが、北区や京都、宮崎、和歌山(有田)などの一部エリアでも利用可能です。

おすすめポイント
  • バッテリー残量の心配がない独自の自転車を採用
  • 料金は都内最安値で、モバイルSuicaやLINE payが使える
  • 感覚的に操作でき、QRコードを読み込んでパッと乗れる

バッテリー残量の心配がない独自の自転車を採用

【PiPPA】独自の自転車

電動アシストは付いていないが、快適に乗車できるように開発された自転車

PiPPAは電動アシストつき自転車ではなく、シェアサイクル用に軽量化された独自の自転車を採用しています。そのため、利用中にバッテリーが切れて自転車が重くなる心配がないのが利点です。現在、自転車の設置台数は100台を超えています。

料金は都内最安値で、モバイルSuicaやLINE payが使える

【PiPPA】料金体系

一時利用の料金体系。他のサービスと比べても料金はかなり抑えてある

【PiPPA】料金体系

月額利用の料金体系。30分以内なら何回使っても無料

【PiPPA】料金体系

デイパス利用はエリアによって料金が異なる

料金は30分で100円で、東京エリアに限り延長30分につき50円で利用できます。都内で利用できるシェアリングサービスでは最安値といえるでしょう。他にもデイパス(1日パス)は東京なら24時間で300円とかなりお得な料金体系となっています。

【PiPPA】支払い方法 【PiPPA】支払い方法

左:利用方法を選べる右:支払い方法は豊富に用意されている

他のサービスと違うのは、料金が前払い制であることです。事前チャージが必要で、クレジットカードやキャリア決済、モバイルSuica、LINE Pay、Apple payで支払いができます。

感覚的に操作でき、QRコードを読み込んでパッと乗れる

【PiPPA】会員登録

会員登録画面に表示された情報を登録していけばOK

基本的な使い方は他のシェアリングサービスと同じです。アプリをインストールして起動すると会員登録画面が表示されるので、電話番号やニックネーム、居住地域、利用目的など、画面の案内に沿って入力していき、支払い方法を指定すれば利用できるようになります。

【PiPPA】QRコードで開錠 【PiPPA】QRコードで開錠 【PiPPA】QRコードで開錠

左:アプリ画面の[QR開錠]をタップ中:QRコードの読み取り画面が起動する右:「利用中」に変化すれば乗車できる

【PiPPA】QRコードで開錠

自転車に貼り付けてあるQRコードを読み取る

アプリのトップ画面下部に[QR開錠]というボタンがあるのでタップし、QRコードの読み取り画面を立ち上げて自転車のサドルの下にあるQRコードを読み取れば乗車できます。

【PiPPA】自転車を返却

返却場所に到着したら自転車のカギをロックする

【PiPPA】自転車を返却 【PiPPA】自転車を返却

左:アプリ画面で[利用終了/一時駐車]をタップして[利用終了]を選択すれば完了右:利用終了画面

返却する際は、返却可能台数に空きがあるポートに自転車を戻し、アプリで利用を終了させるだけです。一時駐輪もできますが、一時駐輪中も料金は発生し続けるので注意してください。

PiPPA(ピッパ)という名前の通り、暗証番号を入力する必要もなく、スマホで「ピッ」とQRコードを読み込むだけで「パッ」と利用できたので、シェアリングサービスの中でも一番スムーズに乗車できました。ポート数が少ないのが難点ですが、簡単さや手軽さはピカイチです。

iOS版アプリ(バージョン 1.3.2)で検証し、レビューしています。

構成・文:吉成早紀
編集:アプリオ編集部

EDITED BY AO