日本語入力に特化、高機能なAndroid向けキーボードアプリ「Google 日本語入力」

日本語入力に特化、シンプルながら高機能なキーボードアプリ「Google日本語入力」

アプリ「Google 日本語入力」をダウンロード
Google 日本語入力
おすすめポイント
  • グーグル製の日本語入力に特化したシンプルなキーボードアプリ
  • 日本語で入力した外来語もアルファベットに変換してくれる
  • 両手持ちで高速で日本語入力ができるGodan配列

グーグル製の日本語入力に特化したシンプルなキーボードアプリ

「Google 日本語入力」は、「Gboard」も提供しているGoogle製のAndroid向けキーボードアプリです。その名の通り、日本語入力に特化。高機能ながら無料で使えるシンプルなキーボードアプリとなっています。

【Google日本語入力】アプリ概要 【Google日本語入力】アプリ概要

ケータイ配列、QWERTY配列、Godan配列からキーボードのレイアウトを選べる

キーボードのレイアウトは、12キーのケータイ配列とQWERTY配列、Godan配列の3つから選択することができます。Gboardでも使えるGodan配列は、両手持ちでローマ字入力がおこないやすい特徴的な配列の入力方法です。

【Google日本語入力】アプリ概要 【Google日本語入力】アプリ概要

ケータイ配列では入力スタイルも変更できる

スタンダードな12キーのケータイ配列は、シンプルなボタン配置でフリック入力とケータイ打ち(トグル入力)に対応します。入力スタイルも、「ケータイ打ちのみ」「フリック入力のみ」といったパターンから選択可能です。

【Google日本語入力】アプリ概要 【Google日本語入力】アプリ概要

キーボードの背景カラーを変更できる

設定メニューの「テーマ」では、キーボードの背景カラーを変更することができます。スマホに保存している画像を取り込むことも可能。お気に入りの画像を簡単な設定だけでキーボードの背景にできます。

日本語で入力した外来語もアルファベットに変換してくれる

【Google日本語入力】外来語のアルファベット変換 【Google日本語入力】外来語のアルファベット変換 【Google日本語入力】外来語のアルファベット変換

ケータイ配列での文字入力

ケータイ配列での文字入力も使いやすく、数字を入力する際のテンキーはワンタップで切り替えられ、テンキーから記号や顔文字、絵文字も入力できます。

【Google日本語入力】外来語のアルファベット変換 【Google日本語入力】外来語のアルファベット変換

外来語を入力するとアルファベットに変換してくれる

外来語によっては、日本語キーボードで入力してそのままアルファベットに変換可能。たとえば「あくてぃぶ」と入力すると、変換エリア内にアルファベットで「Active」と表示されます。英字キーボードに切り替える必要のない変換効率の良さも、Google日本語入力の特徴です。

他にも、「きょう(今日)」と入力すれば、数字キーに切り替えることなくその日の日付を入力できます。日付に関しては、元号が令和に対応していないことがちょっと残念なポイント。今後のアップデートに期待したいところです。

【Google日本語入力】片手キーボード 【Google日本語入力】片手キーボード

片手モードへの切り替えも簡単

キーボードの変換エリアにある[<]をタップすると、3つのメニューが表示。その場でキーボードを片手モードに切り替えられます。片手モードでは、スマホの画面サイズに合わせてキーボードの位置調整もおこなえます。

両手持ちで高速で日本語入力ができるGodan配列

【Google日本語入力】Godan配列 【Google日本語入力】Godan配列

Godan配列

Godan配列は、両手を使ってローマ字入力しやすいキー配列です。基本的に左手で「AIUEO(あいうえお)」の母音を、右手でK~Wまでの子音を入力。促音や濁点などの入力は、キーの配置を覚えたりと少し慣れが必要です。

フリック入力をする必要がほとんどなく、両手を使って文字を入力するので、慣れれば長文もスムーズに入力できるでしょう。

アプリ「Google 日本語入力」をダウンロード
Google 日本語入力

Android版アプリ(バージョン 2.24.3535.3.231113858-release-arm64-v8a)で検証し、レビューしています。

EDITED BY AO